『希望の糸』 東野圭吾

カテゴリ:
東野圭吾の『希望の糸』は、評判通りの面白い作品でした。いつもながら明快でスピーディーな展開ですので、ほぼ1日で読んでしまいました。

この作品もネタバレはご法度ですので、本の帯をそのままコピーします。
「死んだ人のことなんか知らない。あたしは、誰かの代わりに生まれてきたんじゃない」ある殺人事件で絡み合う、容疑者そして若き刑事の苦悩。どうしたら、本当の家族になれるのだろうか。
閑静な住宅街で小さな喫茶店を営む女性が殺された。捜査線上に浮上した常連客だったひとりの男性。災害で二人の子供を失った彼は、深い悩みを抱えていた。容疑者たちの複雑な運命に、若き刑事が挑む。

加賀恭一郎シリーズですが、主人公は従弟で刑事の松宮脩平です。
一人の女性の殺人事件を中心に推理していく構成になっています。大きく分けて二つのストーリーが同時進行形で進んでいきますが、ひとつは松宮が担当する前述の事件。そして、もうひとつは松宮の出生に関わることです。
作品のテーマは「家族」なのだと思いますが、関連して生殖医療に纏わる問題点、そして近年大きくクローズアップされているLGBTに関する事柄も絡めて物語を作り上げています。

殺人事件にまで発展していますし、重大な結果を招いてしまった生殖医療での過失はありますが、基本的に登場人物のいずれの人も悪意をもっていなかったということが、読後感の良さに繋がっているのだと思います。
些細な誤解、ちょっとした嫉妬、人間誰しもが持っている欲望、そんなどこにでも転がっているようなことが、何らかの原因で絡み合って複雑化し、そして重大な事件や事案へと発展していくのですね。

東野圭吾ファンならずとも手にしたい一冊です。
P9150002

8月のピアノ

カテゴリ:
日本ピアノ調律師協会からいただいたカレンダーの8月のピアノは、バレルピアノというものです。

バレルピアノという名前は初めて知りましたが、木の筒に曲のデータとなるピンをいくつも植え込んだものをバレルというらしいです。オルゴールのピンのようなもので、自動演奏するためのソフトウェアになります。ゼンマイ仕掛けのバレルが回り、ピンがキーを持ち上げて連動したハンマーを動かして弦を叩くのだそうです。小型のバレルピアノは街に持ち出され演奏していた為にストリートピアノとも呼ばれていました。
50年ほど前のジュネーブでは夏の期間に街の広場などに移動遊園地がやってくるのですが、メリーゴーランドなどとともにこんなストリートピアノもあったように記憶しています。普通のピアノとは違い、なんとなくメルヘンチックな音を奏でていたように思います。

若い人は分からないでしょうが、似たようなものにジュークボックスがありましたね。硬貨を入れるとお好みのシングルレコードの演奏が始まるというものでした。CDの発売とともに姿を消したようですが、これも懐かしいです。
00001_0008

カテゴリ:
"The Danshaku Lounge"で、"「寄り道は秋だって面白い」september 8days"と題するイベントが開かれていますので行ってきました。
お目当ては、11:30から開催される烏野慶太さんと奥様の清水彩智さんによるヴァイオリンとチェロのコンサートです。数日前の私のブログで、何か斬新で面白い企画をと書いたのですが、偶然のことながら、このような素敵な企画が用意されていてとても嬉しいです。
「ROMANCE 男爵の恋」と書かれた小さなステージ。頭上には川田男爵がイギリス留学時代に結婚を約束した金髪のジェニーから送られたラブレターが揺れていい雰囲気です。アイルランド民謡の「庭の千草」など数曲を演奏してくださいましたが、素敵なメロディーが館内に静かに流れ最高でした。
9/21~23、9/28~29にもジャズやギターの弾き語りなどの演奏がありますので、ぜひお越しになってみてください。
P9160011
P9160013

『シーソーモンスター』 伊坂幸太郎

カテゴリ:
伊坂幸太郎の『シーソーモンスター』を読んでみました。
中央公論新社の「螺旋プロジェクト」シリーズの中の一冊です。昭和後期編の『シーソーモンスター』と、近未来編の『スピンモンスター』の二本立てになっています。

このシリーズは、少しでもネタバレをしてしまいますと読む興味が薄れてしまいますので、本の帯のキャッチコピーをそのまま掲載するだけにします。

我が家の嫁姑の争いは、米ソ冷戦よりも恐ろしい。バブルに浮かれる昭和の日本。一見、どこにでもある平凡な家庭の北山家だったが、ある日、嫁は姑の過去に大きな疑念を抱くようになり・・・。
シーソーモンスター

ある日、僕は巻き込まれた。時空を超えた争いに。舞台は2050年の日本。ある天才科学者が遺した手紙を握りしめ、彼の旧友と配達人が、見えない敵の暴走を阻止すべく奮闘する。
スピンモンスター

少し前に読んだ同じ「螺旋プロジェクト」シリーズの薬丸岳の『蒼色の大地』と通じるものがあります。「人と人との対立」というセンテンスがキーワードになっており、「海族と山族の血筋をひく者同士は、お互いに理解することはなく、ぶつかり合う運命にある」という設定で物語は綴られています。
P8280007

『平場の月』 朝倉かすみ

カテゴリ:
朝倉かすみ『平場の月』を読み終えました。
太陽や星ではなく、「月」というのが何ともいいですね。日本中どこにでもありそうな街の片隅で、淡い「月」のように生きる大人の恋愛を描いた作品です。

主人公は地元の埼玉県で一人暮らしをする青砥健将という50歳になる男です。転職、親の介護、離婚を経て今は印刷会社で働いています。身体に不調を感じて検査に訪れた病院の売店で中学時代の同級生の須藤葉子に再会します。青砥にとって須藤は中学時代に告白して、ふられた相手でした。須藤にも離婚歴があり、今は一人暮らしです。
この再会を切っ掛けに、二人は「互助会」と称して近所で酒を飲む仲となり、若い頃のようなトキメキやキラキラ感とは無縁ながら、お互いを大切な人と思うようになります。それは恋愛感情というよりも、修羅場をくぐり抜けてきた人間同士が抱く絆なのかも知れません。
ほどなく須藤は大腸がんを患い、人工肛門ストーマ―造設という試練に見舞われます。しかし、須藤を思う青砥の気持ちにはまったくの揺らぎはありません。

量販店の衣服を纏い、発泡酒と廃棄処分の弁当を食べ、孤独死も想定済みの簡素なアパートに暮らす二人。人生の後半に差し掛かり、一人で生きていくことを覚悟した二人が、思いがけずに巡ってきた他人と関わることの逡巡、そして喜びが丁寧なタッチで描かれています。平場で月のように淡く静かに生きる男と女のせつない恋物語です。
P9150001

コスモスが秋風に揺れて・・・

カテゴリ:
朝晩はめっきり涼しくなりました。
夏の花は盛りを過ぎて、代わってコスモスが秋風に揺られています。
ナナカマドの実も日毎に赤みを増してきました。
高い山では紅葉が始まっていることでしょうね。
DSCN0293
IMG_1022
IMG_1029
IMG_1034

弁天町、入船町が面白い (ボルダリング・ジム)

カテゴリ:
前2回で弁天町、入船町の蔵や倉庫を紹介しましたが、北洋漁業や函館ドックが盛んだった頃の面影を留めていますので、本当の函館の魅力を知る貴重な地区と言ってもいいのかも知れません。

そんな静かな地区にも若い人が入ってきて、古い蔵や倉庫を活用する動きが少しずつ広がってきているようです。先日紹介した家具製作工房の「くらcra」もそうですが、そのすぐ近くに「HOMIE」というボルダリングのジムもあります。赤レンガの建物は築90年を経たもので、もとは漁具倉庫だったそうです。風雪に耐えた建物は、凛として風格を感じさせるものです。

まだ営業時間前でしたので、中を見学させていただきました。コンクリートで隔てられた2つの大きな空間を利用してオーバーハングの壁が天井までのびており、ホールドというカラフルな突起物が沢山つけられていて見るからに楽しそうです。

古い建物と新しいスポーツの融合、この若い感性というか感覚は素晴らしいです。弁天町、入船町はますます目が離せない地区になりつつありますね。(^^♪
P9080087
P9080089
P9080093
P90800851

弁天町、入船町が面白い (小型の倉庫、店舗、蔵など編)

カテゴリ:
前回は石造りやレンガの倉庫、事業所などの大型の建造物でしたが、今回はそれよりも小型の倉庫、店舗、蔵などを集めてみました。現在は蔦が生い茂ったり、ペンキが薄くなったりしていますが、正面の壁には屋号や事業所の名前などがうっすらと読み取れる建物もあります。いずれも海産物などの商売をしていたのでしょうが、どのような商いをしていたのかちょっぴり興味があります。図書館へ行くと古地図などから分かるものと思いますので、時間があれば調べてみたいと思っています。
P9080017
P9080021
P9080023
P9080033
P9080034
P9080036
P9080043
P9080045
P9080051
P9080054
お昼になりましたので、ドック前電停近くにある「寿し居酒屋 北海」でお寿司のランチです。お墓参りなどで前を通りますので、よく知っているお店なのですが、入るのは初めてです。近くの常連さんが数名お酒を飲みながら賑やかに談笑しており、下町にありそうな庶民的な雰囲気のお鮨屋さんです。大将はお話し好きの気さくな方で、私たちも昔からお店に通っているような気がしてきます。
まず新鮮なサラダが出され、そして活きのよいネタが乗った10貫のお寿司です。さらに大きなエビの頭が入った味噌汁、これも出汁がよくでていて美味しかったです。これ全部でなんと900円(税込)といいますので、驚いてしまいます。
大将の人柄にも惚れ込んでしまいましたので、近いうちに「生ちらし(1300円)」を食べに再訪しようと思っています。ちなみに、十字街のベイエリア近くにありミシュランの星を獲得した「鮨処美な味」の大将は、「北海」の大将の息子さんなのだそうです。ミシュランの星も頷けるような気がしています。(^^♪
P9080101

弁天町、入船町が面白い (大きな倉庫 編)

カテゴリ:
バルで街歩きをしている時に、ドックの近くの弁天町と入船町の街並みがとても面白いことに気付き再訪してみました。ベイエリアの赤レンガ倉庫群は観光地として賑わっていますが、この地区は訪れる人は少なくひっそりとしています。しかし、石造りやレンガの古い倉庫や蔵があちらこちらに点在しており、興味深い街並みを形成しています。一部はリノベーションされて、家具製作工房やボルダリングジム、カフェなどに衣替えして活用されています。
ドックや北洋漁業が盛んな頃はとても賑やかだった地区で、これらの建造物は製氷所として、また水産、船舶関係の事業所や倉庫として使われていたようです。

車を「緑の島」に停め、散策スタートです。9月とはいえ30℃を超えるような残暑ですが、海からの微風が心地いいです。「緑の島」のハマナスの実は真っ赤に色づいて美味しそうです。ローズヒップなどとお洒落な名前がついていますが、子供の頃は中の種を捨てて、表面の赤い部分をよく食べたものです。
P9080004
P9080006
P9080063
P9080067
P9080070
P9080078
P9080079
P9080113
P9080112
P9080115
P9080117
P9080059

2019年9月の「おやつ屋さん」

カテゴリ:
早いもので、9月も6日になりました。六花亭の「おやつ屋さん」の日がやって来ました。
昨日は夕方までいろいろと忙しくて、六花亭へ行くことをすっかり忘れていました。6時少し前に六花亭から電話があり、急いで取りに行ってきました。2箱も頼んでいましたが、あわや廃棄処分になるところでした。先月は暑い車内に放置して失敗しましたが、今月もドジを踏んでしまいました。

無事ゲットした「おやつ屋さん」。今月はどっしりと重いです。それもそのはずで、秋の定番「おはぎ」の詰め合わせです。
P9060001
ジャーン。箱を開けましたら、色とりどりの「おはぎ」5個が綺麗に並んでいました。

皮むき小豆餡であっさりとした風味に仕上げた「こし餡」。さつまいもを使った餡で餅米を包んだ「さつまいも」。青えんどうのつぶ餡と餅米の組み合わせによる「青えんどう」。スタンダードな小倉餡のおはぎ「小倉」。香ばしい韃靼そばの実を混ぜ込んだ餅米でこし餡を包んだ「そばの実」の5種類です。

彩りも綺麗ですし、ちょっぴり甘みを抑えた餡と餅米のバランスが絶妙で美味しかったです。いろいろな美味しい「おはぎ」が味わえて600円とは信じられません。六花亭大好きです。
P9060006

「あとバル」は

カテゴリ:
函館バル街のチケットが残っていましたので、「あとバル」として"The Danshaku Lounge"のレストランへ行ってきました。いつもの散歩コースにありますので、お店の前までは頻回に行ってますが、入るのはオープンに続いて2回目になります。駐車場の車のナンバーから察して主に観光客をターゲットにしている感じがぬぐい切れず足が遠のいてしまっています。また、川田男爵の農機具などの展示も一度見るといいかなという気がして、わざわざお店に入るのが面倒になっています。
「あとバル」の期限が今日までと言うこともあり出かけましたが、個人的に3度目をリピートするかどうかやはり微妙です。地元のリピーターを惹きつけるような斬新な企画や催し物があればいいのにと思いますし、レストランも口コミなどで超美味しくて接客サービスも最高と絶賛されるようなお店になって欲しいと思っています。
隣の道の駅「なないろななえ」には七飯町民の巨額の税金がつぎ込まれていますので、「なないろななえ」の成否が町民の多くが切望している図書館と体育館・温水プール建設の鍵を握っているといっても過言ではありません。両者の相乗効果によって地域の活性化に大いに寄与して欲しいと願っています。
P9070022
P9070018
P9070020

家具製作工房『くらcra』

カテゴリ:
9/1の函館バル街の日に、入船町にある家具製作工房『くらcra』を見学させていただくことが出来ました。
建物は函館ドックのすぐそばにあり、もとは大きな蔵というか倉庫だったようです。石積みの立派な建造物で、立地の場所からしてドックと関連したものかなと想像していました。
1階は見たこともない大きな木工製作機械が並んでおり、2階は展示場と工房主の居住スペースになっています。
工房主は鳥倉真史(とりくらまさし)さんという方で、東神楽町で家具製造に携わっていましたが、2019年1月にこの建造物を改築して家具製作工房『くらcra』を開業しました。昨年「みんなですすめる木づかいプロジェクト」で実施された「新箱館家具デザインコンペ2018」で、「φ40」(フォーティファイ)という作品で最優秀賞を受賞しています。
北限とされている道南スギにこだわり、その柔らかい風合いを生かした独特の優しいフォルムが印象的な家具です。椅子に腰かけさせていただきましたが、優しく包み込まれるような感じで素敵でした。
P9010036
P9010038
P9010040
P9010042
こちらはバル街が開催された隣の倉庫ですが、2階に鳥倉さんの作品が置いてあります。夕暮れ時で少し暗くなって見通しが悪くなっていたのですが、逆に倉庫内がいい雰囲気に包まれていました。何の価値も見出されなかった古い倉庫や蔵ですが、鳥倉さんのような若い感覚で見直されて活用されるのはいいことですね。
P9010055
P9010057
P9010058
P9010061

ゲストハウス「えびすまち高田屋」

カテゴリ:
9/1の函館バル街と同時にオープンしたゲストハウス「えびすまち高田屋」の内覧会にちょこっと寄ってみました。
昔賑わった銀座通り界隈にあるこの建物は、昨年ひっそりと118年の歴史に幕を閉じた京呉服・和装小物の「赤のれん」というお店でした。隣はこちらも歴史のあるレンカ堂です。結納などご祝儀に関する物品を扱うお店です。どちらも店先にアーケードが残っていて、銀座通り界隈の佳き時代と風情を感じさせます。
ちなみに「えびすまち」というのは、元の地名の恵比須町に由来しています。

「赤のれん」という看板は外されて、シックな「えびすまち高田屋」という新しい看板がゲストを迎えることになります。京都の町家のような細い通りを抜けますとゲストハウスがあり、1階と2階に独立した宿泊スペースがあります。1階は従業員の方が休憩に使っていた部屋で、2階は住居部分だったそうです。
表からは想像できないほどの広さがあり、リビング、ベッドルーム、キッチン、シャワールーム、トイレなどが機能的に配置されて居住環境は快適そうです。1スペースに4~5人はゆったりと宿泊できるように思っていました。

旧市街の観光にとても便利なところにあり、家族連れや女子会などで函館を訪れる際にご利用いただければと思います。
所在地は函館市末広町7-8。
宿泊に関しましては、『函館観光・民泊推進協会』高田さん 090-2057-8572 へお問い合わせください。
P9010015_1
P9010013_1
P9010011_1
P9010010_1
P9010014_1
P9010017

今年一番の夕焼け

カテゴリ:
夕方の6時を少し過ぎた頃に西の空が真っ赤になりました。
いそいそと3階の屋根裏部屋へ上がり、数分間の天体のマジック・ショーを眺めていました。
今年一番の夕焼けかもしれません。
P9030003

函館バル街 2019秋 ③

カテゴリ:
金森赤レンガ倉庫の並ぶベイエリアに戻ってきました。赤レンガを仄かに夕日が照らし、街灯も少しずつ明るさを増してきました。歩いていてとても気持ちがいいです。
P90100471
4軒目のお店は、ここもバルでは外せない「cafe & deli MARUSEN」です。
10種類のピンチョスから好きなものをチョイスしていただくことが出来ます。うっかり取り過ぎるとお腹がいっぱいになって後悔することがありますので、要注意なのですが・・・(^^♪。
おすすめの樽詰ハードシードルもお料理によく合ってご機嫌な飲み物でした。
飲んで食べて、踊ってと・・・「cafe & deli MARUSEN」、最高です。
P9010089
P9010098
P9010092
5軒目はベイエリアにあって8月にオープンしたイタリアンのお店「リストランテ ボンナターレ」です。館内には結婚式場となる教会も併設されており、大人の隠れ家的な雰囲気があっていい感じです。ピンチョスは「カニとホタテの冷製パスタ」、飲み物はシチリアレモンのサングリアでした。「原田&田柳グループ」のお洒落なジャズライブもワンダフルでした。
P9010107
P9010110
P9010120
P9010119
P9010117
P9010123
さすがに千鳥足になってきました。ベイエリアのベンチに腰掛けてひと休みです。さざ波の反射が赤レンガにゆらゆらと投影されて、夜の運河からの眺めは本当にきれいです。
P9010126
もう10時近くになりました。6軒目の〆として、一度行って見たかった「BAR hanabi」を訪問しました。こんな時間ですが、さすがに人気があって、まだ大勢の人が並んでいます。30分ほど待って、やっと入店しました。築100年を超えている蔵を改装したお店で、なかなか雰囲気があります。お店の中も相当にマニアックで拘った店づくりをされている感じです。
酔ってメロメロになっているのとお店の雰囲気に圧倒されて、ピンチョスを撮るのを忘れてしまいました。
P9010131
P9010132
P9010133
P9010135
そんなことで、2019年秋のバル街は楽しくフィナーレを迎えました。目標の7軒は無理でしたが、今年も新しいお店の魅力を発見出来たりして、楽しいひと時を過ごすことが出来ました。残りのチケットは「あとバル」で楽しもうと思っています。
また、来年のバルで皆さんと楽しい時間を共有できたらと思っています。

函館バル街 2019秋 ②

カテゴリ:
30分以上も並んで振る舞いのチーズとワインをいただき、ちょっぴりホロ酔い加減で路面電車に乗り込みます。バルの地図を片手に大勢の方が乗っていて賑やかです。終点の函館どっく前で降りて、2番目の訪問店に向かいます。
造船所の近くにはこんな大きなレンガ倉庫があります。今は使われずに廃墟になっていますが、いずれリノベーションされて、ここも観光地になるのかも知れませんね。
P9010035
この倉庫のすぐ近くにお目当ての「くらcra@Tbase」がありました。
家具工房「くらcra」は今回の会場になった倉庫の隣に工房を構えています。工房の建物も北洋漁業で栄えた当時のもので、今年の1月に旭川から移住してきた鳥倉真史さんという方がこの倉庫の二階に住んで道南スギを使った家具の製作をされています。鳥倉さんのことは日をあらためましてご紹介します。

今回のバル参加は一日限りで、柏木町にあるお蕎麦屋さんの三貞さんの協力での出店と言うことです。一日バルの「くらcra@Tbase」も異次元の楽しさがありましたし、鳥倉さんにお会いできたことと工房「くらcra」を見学できたことも収穫でした。
P9010043
P9010045
P9010046
「くらcra@Tbase」を出て十字街の方へ向かいます。
秋の日が少しずつ傾いていい雰囲気になってきました。海からの少し塩気を帯びた風も心地よく、こんな光景を見ると海のそばで生まれ育って良かったなあと思います。北洋漁業が盛んな頃はもっと活気がありましたが、赤レンガや背後の山並みは昔のままで懐かしくなります。

昨年のバルでは大人気だったTACHIKAWA CAFEは営業をやめていますから、今年のバルは不参加です。こんな秋の日の黄昏時はTACHIKAWA CAFEのオープンテラスで海を眺めながらビールを飲むのがいいのですが、ご覧のように前を通っても寂しいです。
P9010067
P9010070
3軒目はここも絶対に外せない「海の庵 ソシエダ」です。
今年は札幌・東京・名古屋から男の快食倶楽部の面々が函館に集結して、函館の会員とともに腕をふるっています。2種類のピンチョスがありましたが、さすがに男の手料理、とても美味しかったです。
弘前スイングハットジャズオーケストラの粋な演奏も素敵でした。
P9010071
P9010076
P9010077
P9010079

函館バル街 2019秋 ①

カテゴリ:
昨日(9/1)、西部地区の旧市街で開催された『バル街』へ行ってきました。
天気にも恵まれて絶好のバル日和になりましたし、今年は第 41 回サントリー地域文化賞を受賞したことで盛り上がりそうな感じです。

そんなことで、私たちは5枚つづりのチケットを3セットも購入しました。また、いつもは8時頃に帰るのですが、今回は夜遅くまで飲み明かそうということで、すぐ近くのホテルに泊まりこむというアグレッシブな姿勢で参加することにしました。

アーリーチェックインOKと言うことで、お昼過ぎにホテルに到着です。妻といろいろと作戦会議を開き、行くお店と順路を決めます。結構歩きますし、酔っていますのでハードな気もしますが、まあ大丈夫でしょう。
ホテルの窓を何気なしに眺めていましたら、チンチン電車「ハイカラ號」が通っていくところでした。何となく景気づけをしてくれているようで嬉しくなります。交差点角の茶色の建物は、すき焼きとコロッケで有名な「阿佐利精肉店」です。ミシュランガイドに掲載され、予約なしではなかなか食べられない人気店です。
P9010002_1
まずはホテルを出てすぐのところにあって「ひるバル」をやっている祐鮨で、寿司ピンチョスとビールでスタートです。2時開店というのに、1時頃から長蛇の列です。さすが人気店です。
P9010029
P9010024
生マグロ、トロサーモン、エビ3貫となかなかのネタです。大将の「ごゆっくりどうぞ」というお言葉とともにお寿司とビールが出されるのですが、後ろには長蛇の列が控えていると思うと何となく気が急いてしまいます。お寿司は美味しいですし、昼からのビールも最高です。
P9010026
一度ホテルに戻ってひと休みです。ベットに横になったり、窓からボーっと景色を眺めたりと、昼間のホテルステイもいいです。大森浜から汐首岬まで綺麗に見渡せ気持ちがいいです。
P9010031
4時になりましたので、いよいよ本番です。
4時半からチーズとワインの振る舞い酒がありますので、これをゲットしてから作戦会議で決定したお店へ向かうことにします。それにしましても、いつもは静かな西部地区にどこからこんなに人が集まってきたのでしょうね。観光バスの乗客もみな驚きの眼差しを向けていきます。
そして、「皆でバルを楽しむぞぉ~」という掛け声とともに拳を振り上げていよいよ本番スタートです。
P9010034

一層迫力を増してきたツチアケビ

カテゴリ:
今日の午前中は伸び放題になっていた庭と雑木林の草刈りサンデーです。

そんな雑木林の中にある例のツチアケビですが、一段と果実が大きくなって迫力を増してきました。赤色も濃くなってきたようで、雑木林の中での目立ち方も半端なものではなくなってきました。
中はどうなっているのか興味がありましたので、一部をもぎ取ってきて真ん中から切ってみました。ケシ粒のようなとても小さい種がびっしりと入っていて、果肉は糖分をたっぷりと含んでいるようでベトベトしています。ちょっと美味しそうな感じがしますが、舐めてみるのはやめにしておきました。
この先はどうなるのか観察し、また紹介したいと思います。

午後からは函館山山麓の西部地区で開催される『バル街』に繰り出してきます。
柔らかい日差しで最高のバル日和ですし、誰かに出会いそうで楽しみです。(^^♪
P9010015
P9010004

『加羽沢美濃 奥村愛 山田姉妹リサイタル』

カテゴリ:
今日で8月も終わり、明日からは9月ですね。
今年の夏は、ブログにはなるべく書かないようにしている私的な事が沢山あって慌ただしく過ぎてしまった感じがしています。音楽で例えると、時に拍子が変わったり転調したりと本当に楽譜のような夏だったと思っています。まあ、振幅の度合いの違いだけで皆さん同じような日々をお過ごしなのですよね。
自らが演奏者ばかりでは疲れてしまいますので、同時に聴衆として俯瞰するような感じで平衡を保つことも大切かなと思っています。9月も仕事を含め忙しい日々になりそうですが、忙しさをモチベーションと思い、楽しい予定も加えつつ充実した秋にしたいなと思っています。

そんな8月も終わりの昨夜、芸術ホールで『加羽沢美濃 奥村愛 山田姉妹リサイタル』を聴いてきました。
NHK「ららら♪クラシック」などの司会でも活躍されている作曲家&ピアニストの加羽沢美濃さん、美人で人気のあるヴァイオリニストの奥村愛さん、美しいハーモニーで定評のある双子ソプラノデュオの山田姉妹という豪華競演のリサイタルです。
エルガーやモーツァルトなどクラシックの名曲、イージーリスニングから小学唱歌までの素敵な小品を沢山聴かせていただきました。
特に、聴衆からリクエストを受けた6曲を即興でアレンジして演奏する加羽沢美濃さんのリクエストコーナーは「わぁ~凄い」という溜息をつきつつ聴き入っていました。そして、ほぼ300年前の1738年にイタリアで製作されたヴァイオリン「カミリア・カミリー」で、青森県民謡の「津軽じょんから節」を演奏した奥村愛さんの渾身の一曲も鳥肌ものでした。津軽とイタリア、しかも時空を超えてのコラボですから、言葉では表せないほどに感動しました。
そしてそして、二卵性双生児の山田姉妹。初めて聴かせていただきましたが、お二人の透明感のある歌声と確かな音楽性、そして双生児であるがうえの声質の馴染み具合もとても魅力的でした。しかも、唱歌からオペラまでとジャンルが広いのも人気を得ている秘密なのかもしれません。
本当に音楽っていいなぁと思えるリサイタル、楽しいひと時でした。

明日は午後2時から中標津町総合文化会館で、リサイタルが予定されていますので、沢山の方にお聴きいただきたいと思います。
Kabasawa

『つみびと』 山田詠美

カテゴリ:
山田詠美の『つみびと』は、 読むほどに胸がえぐられ苦しくなるのですが、何とか読み終えることが出来ました。

母親が育児放棄で幼い子ども2人を餓死に至らせたという大阪で実際に起こった痛ましい事件をモチーフにした長編小説です。
4歳と3歳という幼い子どもを狭い真夏のマンションに置き去りにして死なせた母親はマスコミによって徹底的に叩かれ世間からは"鬼母"と呼ばれます。物語は、"鬼母"と呼ばれた当事者の「蓮音」、蓮音の母親の「琴音」、そして被害者となった二人の幼い子供のひとり「桃太」の3つの視点から、過去を振り返りつつ進んでいきます。
家庭内暴力、性的虐待、ネグレクト(育児放棄)、性的搾取、無知、無関心、無理解、無慈悲、不寛容などなど世のあらゆるネガティブなものが渦巻き、しかも母から子、子から孫と負の連鎖が続いていることに戦慄を憶えます。
事件の萌芽が複雑に絡み合ってこのような重大な事案にまで発展したのでしょうが、どのようにすれば悲惨な結末を防げたのか私には皆目分かりません。
ただ、筆者は「誰のせいでもないけれど誰のせいでもある」と仰っています。この物語の登場人物のような人たちと自分はまったく無関係と思っている私を含めた大多数の「ふつう」の人たちも『つみびと』なのかなと思っています。

感情移入をすると相当に読み辛い作品ですが、読む価値のある一冊です。
P8280004

『化物蝋燭』 木内昇

カテゴリ:
木内昇の『化物蝋燭』を読了です。

江戸の町に生きた市井の人たちや下級武士などを主人公にした7話の短編から成る奇譚集です。
冥界にあるものやあの世とこの世の狭間にいるものといった現実の人間の世界を超えるものが、現世に生きる人たちの生活と絡み合って物語を作っていきます。
漆黒の闇の中で仄かに揺らめく蝋燭に炙られて浮かび上がる切り絵を見るようで、いずれの短編も哀切の情が深く心に沁みてきます。
江戸の情緒が木内さんの美しい文章で綴られていて、いい作品です。
本屋大賞にノミネート間違いなしの一冊と思っています。
P8280001

ここのクロックムッシュは最高~

カテゴリ:
昨日の函館山ハイキングの帰り、一年ぶりに谷地頭の電停近くにある「cafe Classic」に寄ってみました。昨年食べた際、ここのクロックムッシュは美味しいと思っていましたが、今回も副菜が変わっているだけで、ムッシュは進化してより美味しくなっていました。

パンは数軒先にあって美味しいことで定評のある「窯蔵」というお店のパンを使っていますし、間に挟んである生ハムはほどよい塩気が絶妙で、ひょっとしてベイエリアにある「ラ・コンチャ」のものを使っているのかなと思ったりしていました。とろけるようにたっぷりとかけられているチーズはグリュイエールなのでしょうが、本場グリュイエール村のいいものを使っているのかもです。

このグリュイエール村ですが、ずっと昔に一度行ったことがあります。ジュネーブからはレマン湖沿いに東に向かいローザンヌを経て進みますと、1時間ほどであのネスレの本社があるヴヴェイという町に着きます。グリュイエールは隣村と言うか山の方へ入ってすぐのところにあります。牧歌的な綺麗な村というイメージしか残っていませんが、日本でもグリュイエールやエメンタールを知らない人はいないくらいになりましたね。

そうそう、店主さんが厳選したパンと生ハムにチーズ、そして黒胡椒。それに加えて最高の味を引き出す焼き加減ですから、これはたまりません。本場フランスで食べるよりも美味しいかも知れません。

函館は地方都市の中でも美味しいものが揃っていることで知られていますが、ここのクロックムッシュやクロックマダムは5本の指に入れてもいいのではと思っています。とにかく美味しいです。

静かに本を読んだり、一人か二人の少人数でランチやコーヒーを楽しむにはいいお店です。
P8250138
P8250144
P8250135
P8250133
P8250132

初秋の函館山へ

カテゴリ:
今日のサンデーハイキングは妻を誘って初秋の函館山へ行ってきました。
最高気温は24℃ほどでしたが、風がなくムシムシして、上へ着いたら汗びっしょりでした。
数日前までどんよりと雲のかかっていた函館山でしたが、雨上がりのせいか遠く下北や津軽半島までくっきりと見えて、とても気持ちの良いハイキングになりました。

そうそう、山の植物に詳しい方はお分かりでしょうが、3枚目の写真の真っ赤で毒々しいものはヤマシャクヤクの果実です。この写真のものは4つの果実を有していますが、果実の数はバリエーションがあります。赤いところは鳥が好みそうな果肉に見えますが、これは結実しなかったもので、黒く丸いのが種子です。あの美しいヤマシャクヤクの花から連想できない果実ですね。
1
2
3
4
5
6
8
7
9
10
11
12
14
13
16
17
18
20
21
22

『宝くじ おしゃべり音楽館』

カテゴリ:
6年ぶりになる『宝くじ おしゃべり音楽館』を聴いてきました。
会場の七飯町文化センターパイオニアホールまではゆっくり歩いて20分ほど、天気もまあまあですので散歩を兼ねて歩いて行ってきました。コンサートホールまで歩いて行けるというのも小さな町のいいところです。

前回からメンバーが変わったのは春風亭小朝さんのみで、島田歌穂さん、小原孝さん、指揮の藤野浩一さんは今回も登場です。6年前のコンサートで、トークとナビケーションを務められたのは清水ミチコさんでした。管弦楽団は今回の為に特別に編成された「おしゃべり音楽館ポップスオーケストラ」です。

軽妙な語り口で定評のある春風亭小朝さんのトークと司会進行、今年でデビュー45周年を迎えるという素敵な歌声の島田歌穂さん、そしてあの大好きなNHK-FM「弾き語りフォー・ユー」でお馴染みのピアニスト小原孝のお洒落な演奏の数々と、楽しいひと時を過ごしてきました。

「想い出のスクリーンミュージック」と題して素敵なメロディーを全国のあちらこちらへ届けていますので、お近くで『おしゃべり音楽館』が開かれる際にはぜひお出かけになってください。
124

沙絵ちゃんのテレビ番組が放映されます

カテゴリ:
重本(辻)沙絵ちゃんが今日放映されるNHK「スポーツドキュメンタリー」に登場しますので、ぜひ多くの方にご覧いただきたいと思っています。

番組案内によりますと、沙絵さんの目線だけでなく健常者である監督の水野洋子さんの視点もクロスさせて製作されているそうです。水野さんは沙絵さんと二人三脚で歩む過程で、ご自身の価値観が大きく変わったといいます。沙絵さんも当初はパラスポーツに抵抗があったといいますから、水野さんとの出会いは大きな転機になったのでしょう。
沙絵さんと水野さんがパラリンピックの世界から得たものは何だったのか、番組が楽しみです。

そうそう、昨日のパラリンピック・チケットが発売開始になったニュースで沙絵ちゃんが出ていました。会見で「母から"銅の女"と言われているので、今度は"金の女"と言われたい」と話して会場の笑いを誘っていましたね。お母さんがそんな厳しいことを言うとは思われないのですが、真意のほどを直接お母さんに確かめてみますね。(笑)

まずは11月にドバイで開催されるパラ陸上で怪我のないように活躍されて、明年の東京2020本番を迎えていただきたいと思っています。

放送は、本日(8/23)の午後10時50分~、再放送は明日(8/24)の午前10時55分~です。
P8230002_1

涼しくなって焙煎作業はラクチンに

カテゴリ:
ほぼ1ヶ月ごとに作業をしている焙煎ですが、一昨日あたりから一気に涼しくなって作業がしやすくなりました。温室の中に作業机をセットして焙煎をしますので、先月は地獄のような暑さにダウン寸前でした。今月もパストーレス・ピーベリーなど5種類を焙煎してみました。

いろいろと美味しいコーヒーのお店の情報が流れてきますが、焙煎具合を自在に調節できる自家焙煎から浮気をする気はありません。取り立ててマニアックではありませんが、ハゼ具合に神経を集中してガラガラと回している時間が楽しいですし、何より焙煎仕立てのフレッシュなコーヒーが楽しめるのも魅力です。それと、とても手を出せないような高い銘柄でも生豆は安価で手に入りやすいということもあります。

昨日、今日は芳醇な香りが充満して家中が「喫茶店」状態になっています。(^^♪
P82100041

ナツズイセンが咲くともう秋・・・

カテゴリ:
1週間ほど前までは、まったく何もなかったところからニョキっと芽を出して、数日で60cmほどまで伸び、今朝には花が咲いていたナツズイセン。その成長というか花茎の伸びるスピードには驚いてしまいます。
春には水仙のような立派な葉っぱをつけているのですが、それが枯れた後は数ヶ月休んでエネルギーを蓄えているのでしょう。
名前や葉っぱの感じから水仙のように思いますが、ヒガンバナ科ヒガンバナ属という彼岸花の仲間なのです。分布域は北海道を除く本州・四国・九州となっていますが、北海道でもこのように立派に生育しています。これも温暖化の影響なのでしょうか。

この花やコルチカムが咲き出すと秋を感じるようになります。トンボも飛び始めましたね。
そうそう、昨日からは20℃前半の気温でめっきり涼しくなりました。
IMG_1005
IMG_0990

夏休みの〆は恵山へ

カテゴリ:
早いものでお盆は終わってしまいましたし、北海道では夏休みも今日でおしまいで、明日が始業式のところが多いようです。気分的に何となく夏が終わった感じがしますね。
その〆ではないのですが恵山へ行ってきました。

夏の終わりといっても、朝から殆ど風がなく隣の函館市や北斗市では30℃を超えたようです。登山口のある函館市恵山岬町の気温はそれよりも少し低いものの、結構湿度が高く蒸し暑かったです。
いつものようにホテル恵風の駐車場に車を置かせていただいて、「十三曲がりコース」「権現堂コース」を通って恵山山頂まで往復してきました。暑いので「海向山コース」はパスです。
夏休み最後の日曜日ですし、お盆からの休暇も今日までですから、沢山の人で賑わっていると思ったら、「権現堂コース」は数人のみ、「十三曲がりコース」では誰とも会いませんでした。
やはり暑さのせいでしょうね。
P8180111
P8180114
P8180115
P8180118
P8180121
P8180128
P8180132
P8180125
P8180126
P8180138
P8180135
P8180142
下山してホテル駐車場へ着いたのが、ちょうどお昼でした。登山前にトイレをお借りし、車を置かせていただいたこともありますので、温泉へ入ってお腹を満たして帰ることにしました。
このホテル恵風の温泉は、”炭酸水素塩泉”と”ナトリウム塩化物泉”という2種類のお湯を楽しむことが出来るということで知られています。しかも露天風呂2つを含めて7つもの浴槽があるという評判の温泉です。そして、温泉とランチの両方を楽しめるという「ランチ入浴パック」なるものも用意されています。
私が食べたお弁当ですと1100円という驚きの価格で両方を楽しむことが出来ます。温泉にゆったりと浸かって、そして美味しいものを食べて、楽しいホリデーになりました。(^^♪
P8180158

『機捜235』 今野敏

カテゴリ:
今野敏の『機捜235』はとても読みやすくて一気読みです。

平時は不審者に目を光らせ、殺人や強盗などの重要犯罪が発生した際には現場に急行して初動捜査に当たる機動捜査隊(機捜)を舞台にした9編の連作小説集です。

34歳の高丸と、新たに機動捜査隊に配属され高丸とコンビを組むことになった白髪頭の縞長という男が物語の主人公です。通常は所轄の若い刑事が配属されることが多い機動捜査隊だけに、56歳で定年間際の縞長という相棒と組むことになった高丸は心の中で溜息をついてしまいます。
しかし、この縞長という男は、指名手配犯を人混みから見つけ出す「見当たり」捜査員としての経験が豊富で、しかも柔道三段、合気道五段という思いがけない実力を秘めた刑事だったのです。

殺人や人質立てこもりなどの事件の捜査を積み重ね、コンビとして意気投合してゆく過程がスカッととても読みやすく描かれています。
ちなみに「235」というのは、第二機動捜査隊・第三方面、班の中の五番目の車両という意味です。もちろん車両は覆面パトカーです。
P8150002

台風一過で蒸し暑く・・・

カテゴリ:
台風10号の影響を心配しましたが、菜園の支柱などが倒れるような被害もなく良かったと思っています。ただ、函館と札幌を結ぶ特急が昨日は終日、そして今日も午前中まで運休していましたので、乗客の方々は大変だったことでしょう。おまけに昼前からは晴天で蒸し暑くなりました。
エアコンなんて年に数日しか使わなかったのですが、今年は暑くて寝れないものですから7月下旬から連日のように使っています。北海道も年々確実に暑くなっていることを実感しています。
EOS-2019-08-17-1128

散歩道に咲く花々

カテゴリ:
大型の台風10号が接近しているようで雨と風が強くなってきましたが、午前中は良い天気でしたので、いつものように函館新道の側道を散歩です。
道端にはいろいろな花々が咲いています。
殆どが雑草として一括りにされるもので、取り立てて注目することはないのですが、立ち止まって眺めてみますとそれなりに綺麗なことに驚かされます。
外来種が多く、草刈りの邪魔になったりして毛嫌いしている種類が多いのですが、こうして見ますとちょっぴり愛おしくなったりします。
P8160098
P8160049
P8160046
P8160017
P8160011
P8160054
P8160063
P8160057
P8160076
P8160062
P8160085

お盆は車でいっぱい

カテゴリ:
道の駅「なないろななえ」と併設している男爵ラウンジまでは家から往復で7kmほどですから絶好の散歩コースになっています。アップダウンのある函館新道の側道を歩いていますと大野平野や木地挽高原が眺められてとても気持ちがいいです。途中にはトウモロコシやトマトを並べる農家のショップや人気のラッキーピエロ本店がありますので、立ち寄ってみるのも楽しいです。

さすがにお盆の時期ですね。駐車している車の殆どが函館ナンバー以外の車でした。夕方や朝に来ますと車中泊と思われるキャンピングカーの展示場のようになっています。大型の超豪華なキャンピングカーがあったりして、ちょっと中を覗いて見たい気もします。まあ、私ならこんなにも車にお金をかけるならホテルに泊まることを選択しますが、人それぞれ好き好きですもね。(^^♪

いずれにしましても七飯町民の一人として、道の駅「なないろななえ」そして男爵ラウンジへ多くの人が訪れて、たくさんお土産を買ったり美味しいものを食べていただくように願っています。
IMG_20190815_101118

無農薬というよりもほったらかしですが・・・

カテゴリ:
今週の土曜日には台風10号が再上陸しそうな北海道です。リンゴなどの果実も大きくなってきていますので、強い風で落ちなければいいなと思っています。
新潟などではフェーン現象で40℃を超えているようですが、北海道は立秋を過ぎた頃からめっきり涼しくなってきました。

我が家ではブルーベリーやブラックベリーを収穫するのが毎日の日課になっており、ブドウもそれなりに大きくなってきました。袋は被せませんし農薬は一切使用しませんので、このまま病害虫に耐えて収穫できるか疑問ですが、少しは食べることが出来るのではと期待しています。

ススキは穂を出しましたし、セイタカアワダチソウも咲き出して、何となく秋めいてきましたね。
P8130016

不思議な植物のその後

カテゴリ:
7月8日に「不思議な植物が出現」として、ブログ内で紹介したツチアケビですが、1ヶ月経過して真っ赤な果実になりましたので、ご覧いただきたいと思います。ウィンナーというよりも小さなバナナといった方が当たっているような気がしますが、びっしりとたわわに実っています。
花も不思議な形をしていましたが、果実も相当に奇妙ですね。
この実を干したものが土通草(どつうそう)と呼ばれ、強壮・強精薬として知られています。

果実は糖分が豊富ですので、ヒヨドリなど鳥類が好んで食べるらしく、種子はこれらの鳥類によって広く撒布されるようです。ラン科とはいえ光合成をしなくても生育できる植物ですので、あまり陽射しの差し込まない深い雑木林などを適地として生育するようです。
P8130007
P8130005

フルート 『五木の子守歌』

カテゴリ:
フルートで熊本民謡の『五木の子守歌』を吹いてみました。楽譜と伴奏ピアノ音源はガクフルさんに依頼して私でも吹けるように作っていただきました。とても素敵にアレンジしていただき嬉しく思っています。

ちょうどお盆の時期ですが、「おどま盆ぎり 盆ぎり 盆から先ゃ おらんど」の歌い出しで始まるこの唄は、熊本県球磨郡五木村が発祥とされる熊本県民謡であることはあまりにも有名ですね。
『竹田の子守歌』と同様に「子守り娘の唄」といわれています。貧しい農家の子供たちは7、8歳になると、食い扶ち減らしのために奉公に出されたそうです。
資料によりますと、五木村では戦後の農地改革まで、僅か33戸の「だんな衆」と呼ばれる地主以外は、ほとんどが地主から山や土地を借り受けて細々と焼畑や林業を営んで暮らす「名子(なご)」と呼ばれる小作人だったそうです。わずか70年ほど前までは日本の各地でこんな生活が普通にあったのですね。

つらい、切ない思いをこめて口ずさんだ歌が『五木の子守歌』だったようですが、少しでも彼女たちの哀しい心情が伝わればと思っています。

 

『ライフ』 小野寺史宣

カテゴリ:
小野寺史宣の『ライフ』は一気読みです。
前作の『ひと』は本屋大賞にノミネートされましたが、本作品も同じようにホンワカとした内容です。

27歳になる主人公の井川幹太は、荒川と旧中川に挟まれた江戸川区平井にある小さなワンルームのアパートに住んでいます。新卒で入社した大手製パン会社は2年半で辞め、次の会社も半年で辞めて、今はコンビニと結婚式の代理出席バイトを掛け持ちしながら食い繋いでいます。
学生時代から住んでいる気楽なアパート暮らしでしたが、コワモテの戸田が真上の2階に引っ越してきて、望まないながらも付き合いが始まったことで、彼の人生が動いていきます。

ガサツな戸田とその家族が発する足音などの騒音に悩まされ続けている幹太ですが、ちょっとしたアクシデントで戸田の家族のドタバタに巻き込まれていくことになります。夫婦喧嘩から育児まで開けっぴろげな戸田や他のアパート住民との関わりの中から、心の底に眠っていた家族への思いや人と関わることへの願望に次第に気づいていきます。

暖かい思いやりに溢れる青春小説です。若い人にぜひ読んで欲しい一冊です。
P8090002

『百花』 川村元気

カテゴリ:
川村元気の『百花』、読了です。
アルツハイマー型認知症の祖母のもとに通った著者自身の体験をベースに、約2年半の歳月をかけて執筆した作品だそうです。

主人公は音楽関連会社に勤務する30代の泉です。妻が妊娠しもうすぐ父親になります。そんな折、母一人子一人で自分を育ててくれたピアノ教師の母、百合子が68歳で認知症を患っていることに気付きます。
認知症によって徐々に記憶が消失していく百合子。そして彼女を介護をする泉には、母子の間で封印されていた過去の出来事の記憶が蘇ってきます。過去を失っていく百合子、対照的に介護の過程で母の過去を目の当たりにする泉。老いというものを介在にして情報が減る者と、思いもしない情報を得て困惑する二人の対比が読みどころです。

人はいろいろなものを喪失して大人になると言いますが、認知症を患っている人の記憶は亡くなるときで百くらいしか持ち合わせがないようですね。もちろん個人差があるのでしょうが。
本作の『百花』というタイトルも、それに基づいてネーミングしたようです。
P8080083

はこだて国際民俗芸術祭

カテゴリ:
一昨日(8/7)の夕刻から夜にかけ、今年で12回目になる『はこだて国際民俗芸術祭』を観てきました。
日中の気温は30℃ほどでしたが、夕刻ともなると海からの涼しげな風が静かに流れて、最高のフェスティバル日和になりました。函館の市街を見下ろす高台にステージが設けられ、藍色から漆黒へと刻々と変化する海を眺めながらの鑑賞です。
まだ明るい夕刻時にはまばらだった観衆は、徐々に増えて街の明かりが輝き始めた頃には歩くのもままならないような賑やかさになりました。

第1回の2008年からのアーティストは52か国・地域の2200人余りを数え、観衆は36万人を超えているといいますから凄いです。夏の一週間に3万人もの観衆が訪れるのですから、函館の夏の一大フェスティバルになりましたね。
今年もフィリピン、スロバキア、リトアニア、アルゼンチン、ロシア、アルジェリア、アメリカ、イギリス、セネガル、エクアドルそして日本各地から多彩なアーチストが集まり、熱いパフォーマンスを繰り広げています。
P8070011
P8070008
P8070021
P8070028
P8070032
P8070042
P8070061
P8070072
P8070081
同時に世界の料理や雑貨が楽しめる『もぐフェス』というのも開かれており、フードブースにはいろいろなお店が軒を連ねています。南米や南欧、そしてアフリカ料理などもありましたが、私たちはお馴染みの札幌「タイガー・カレー」のスープカレーにしました。
P8070014
P8070015

2019年8月の「おやつ屋さん」

カテゴリ:
六花亭の8月の「おやつ屋さん」は、野菜と果物を使った夏の味覚カップ・デザートでした。
枝豆、ブルーベリー、パッションフルーツ、トマトなどのソースとヨーグルトクリームが組み合わさった冷たいデザートです。

お昼過ぎに五稜郭店に受け取りに行ったのですが、とても混んでいて「おやつ屋さん」の用紙を持っているオバサマも前に数人並んでいました。いよいよ「おやつ屋さん」もブレイクしてきたかなと思って眺めていました。
お店のお姉さんが「保冷剤をお入れしますか」と訊いてくれたのですが、混んでいることもあり、袋にも保冷材も入れてもらわずに持ってきたのが間違いの元でした。
真っ直ぐに帰る予定でしたが、ちょっと寄り道をしたのが二つ目の間違いでした。寄り道から帰ってきたら、車の中の温度はゆうに50℃を超えているような感じになっていました。何も知らない「おやつ屋さん」は暑い車の中で鎮座していたのですから堪りませんよね。

箱の中の様子は分からずにルンルン気分で帰宅し、いつものように「ジャーン」という気持ちで開けなのですが・・・。お後はご想像の通りです。溶けて、車に揺られて、見るのも怖ろしいことになっていました。妻には叱られるし散々でした。
そんなことで中の写真は撮れませんでした。(六花亭のパンフを使わせていただきました)

惨めな姿になっていましたが、その後は冷やして美味しくいただきましたので、ご安心くださいね。(^^♪
P8060003
2019_08

風に吹かれて積丹(しゃこたん)ブルー

カテゴリ:
札幌からは小樽、余市を通って積丹半島を一周して帰宅することにしました。
以前に積丹岬は行ってますので、今回は神威岬を散策してみます。
大きな駐車場から岬先端の白い灯台まで遊歩道が整備されていますので、ゆっくり1時間もあれば往復することが出来ます。
天気が良くて暑い日でしたが、岬は心地よい風が吹いてとても気持ちが良かったです。
陽射しに恵まれたこともあって、積丹ブルーが一段と鮮明でとても綺麗でした。
ダイビング・スポットとしても有名ですので、いつかこの綺麗な海に潜ってみたいと思っています。
P8050107
P8050101
P8050118
P8050133
P8050140
P8050124
P8050136
P8050138
P8050141
P8050146
P8050139
P8050149
P8050152

あの大倉山ジャンプ競技場へ

カテゴリ:
翌日は妻の実家のお墓参りをしてから宮の森にある大倉山ジャンプ競技場へ行ってみました。

私たち世代では1972年2月の札幌オリンピック90m級ジャンプが行われたことで鮮明に記憶に残っている競技場です。1本目に2位につけた笠谷選手ですが、2本目は横風を受けて7位に終わり悔しいため息をついた思い出があります。1位になったポーランドのフォルトナという選手は当時の用具と技術で111mも飛んだようですから凄いですね。

現在、K点(極限点)は120mということですが、バッケンレコード(最長不倒距離)は、2012(平成24)年1月に行われた第39回HTBカップ国際スキージャンプ競技大会で伊東大貴選手(雪印メグミルク)が飛んだ146mだそうです。146mというと傾斜の殆どないところですから怖かったことでしょう。
P8050035
P8050038
P8050063
標高差133mも上がって、真下を見ると「えぇ~」って感じがします。最大斜度はアプローチで35度、ランディングバーンで37度といいますから、こんなところを飛び降りるのは人間技とは思えません。まあ、選手は札幌の街の中に飛び込んでいくような感じですから気持ちはいいのでしょう。

前日には大倉山サマージャンプ大会が開かれ、男子は昨季のワールドカップで個人総合優勝を果たした小林陵侑選手(土屋ホーム)が1回目に最長不倒の129.5mを飛び優勝したようです。小林陵侑選手は今夏の国内大会で4戦4勝といいますから、依然として絶好調ですね。
冬の大会をぜひ見に来たいと思っています。
P8050046
P8050055

オペラ『トゥーランドット』を観てきました

カテゴリ:
2018年10月にオープンした札幌文化芸術劇場hitaruでオペラ『トゥーランドット』を観てきました。
オペラの祭典2019-20 Japan↔Tokyo↔World『トゥーランドット』と題する公演で、東京文化会館、新国立劇場、滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール、そして札幌文化芸術劇場hitaruの提携によって実現しました。
パンフレットによりますと、世界的指揮者である大野和士氏の総合プロデュースのもと、バルセロナ・オリンピック開会式の演出を手掛けたアレックス・オリエ氏による斬新な演出プランと、国内外の第一線で活躍する選りすぐりの出演者による最高峰の舞台芸術が繰り広げられるとあります。
オーケストラ・ピットにはスペインの情熱とガウディ建築を彷彿させる堅固な構築性をあわせもつバルセロナ交響楽団が入ります。
重要な役割を担う合唱には、新国立劇場合唱団、藤原歌劇場合唱部、びわ湖ホール声楽アンサンブルと我が国最高峰の合唱団が総勢100名を超える迫力で豊饒なハーモニーを響かせます。
そして、タイトルロール (作品名と同じ名前の役) にはイレーネ・テオリンとジェニーファー・ウィルソンという世界的ソプラノ歌手が、リュー役には日本が誇るソプラノ歌手の中村恵理と砂川涼子のお二人が、そしてカラフ役にはパリ・オペラ座などで活躍するテノールのテオドール・イリンカイとデヴィット・ポメロイという超豪華な顔ぶれが揃いました。ダブルキャストですから、熱狂的なオペラファンのなかには二日通して観られた方もおられるようです。
P8040012
プッチーニのオペラ『トゥーランドット』のアリアは、フィギュア・スケートで使われることが多いですね。2006年のトリノ五輪で荒川静香がアリア「誰も寝てはならぬ」を使って見事金メダルを獲得したことは記憶に新しいところです。

この『トゥーランドット』。音楽の一部は知っているものの物語の内容と言うとよく知らない方が多いのではないかと思います。私もその一人で、オペラ鑑賞前に一通りおさらいをしました。

それによりますと、このオペラはプッチーニ最後の未完のオペラで、彼のオペラのなかでは規模が大きく、音楽も壮大で集大成ともいえる作品なのだそうです。第3幕第1場の「リューの死」まで作曲したところで旅先のブリュッセルで没したため、残りは友人であり弟子であったフランコ・アルファーノの手でまとめられたとあります。
初演は1926年にミラノ・スカラ座で名指揮者アルトゥーロ・トスカニーニの指揮によって行われ、そのさい、トスカニーニは「リューの死」まできたところで「マエストロはここで筆を断たれました」と告げて演奏を終えたそうです。

舞台は伝説時代の中国。場所は首都北京。幻のように美しく冷酷非情なトゥーランドット姫は、求愛する若者に3つの謎を与え、それが解けないときはその首を容赦なく刎(は)ねていました。その謎に挑戦したのが素性を隠したひとりの若者です。彼はタタール王子カラフといいます。
さまざまな人がカラフの無謀な求愛をやめさせようと試みますが、姫の美しさに魅せられた彼は聞き入れようとはしません。そして見事にカラフの謎を解いてみせるのです。
しかし、わがままな姫は結婚を拒むため、カラフは「夜明けまでに自分の名を言い当てたら喜んで死のう」と申し出ます。そして北京の街には若者の名がわかるまで誰も寝てはならないという布令が出されるのです。ここで有名な「誰も寝てはならぬ」がカラフによって朗々と歌われます。
後述のリューの無残な死を目(ま)の当たりにし、突然のカラフからのあつい抱擁を受けて姫は真実の愛に目覚めるのです。そして人々の前で「彼の名は"愛"」と告げて幕となります。

当オペラでは、この後にひとつの大きな見せ場があって幕が下ります。ヒントはハッピーエンドでは終わらないということですが、皆さんならどんな結末を予想するでしょうね。そしてプッチーニはどんな結末を用意していたのか思いを馳せてみてください。

忘れてはならないのが、第3幕でアリア「心に秘めた大きな愛」を歌う前述のダブルヒロインのリューの存在です。タタール王に使える女奴隷なのですが、密かにカラフに恋心を抱いています。当然、彼女と父であるタタール王はカラフの名前を知っていますから、拷問にかけられて名前を白状するように迫られるのですが、二人は口を割らずに自害します。この作品の中ではトゥーランドット以上に重要な人物ですし、かなり難しい役と思って観ていました。
第一幕の「お聞き下さい、王子様」、第3幕の「氷のような姫君の心も」などのアリアも心に沁みわたる美しいメロディーですし、悲しい運命を切々と歌い上げる砂川涼子さんの透き通った歌声にもうっとりでした。
P8060001
開演の1時間ほど前に会場入りしました。
場所は中央区北1条西1丁目のテレビ塔のすぐそばで、札幌市民交流プラザの建物の中にあります。4F~9Fまでが吹き抜けになっていて、客席数2300席を超える本格的なオペラ劇場になっています。
舞台はプロセニアム型で、間口は20m、奥行は36.8m、高さは29.6m。オーケストラピットは142.7㎡と立派な舞台構造を有しています。(いずれもパンフレット資料から)
P8040006
P8040016
P8040019
P8040026
私は前から9列目の席を、妻は右袖の1RBという絶好の席のチケットを手に入れることが出来ました。いずれもS席なのですが、行けなくなったという方から格安で譲っていただきました。このような素晴らしい機会を与えていただき本当に感謝です。

公演は2回の休憩を挟んで約3時間上演されました。幕間にはホワイエでシャンパンやワインなどのアルコールが売っていますし、小腹を満たすためにケーキ類なども並んでいます。私たちは眠ってはいけないので、アイスコーヒーとオレンジジュースで我慢です。「誰も寝てはならぬ」のおふれが出ていますからね。(^^♪
P8040009
P8040011
P8040030
オペラ『トゥーランドット』。本当に超感動の舞台でした。道内でこのような素晴らしい舞台に出会えたことをとても嬉しく思っています。
明年の「オペラ夏の祭典2019-20 Japan↔Tokyo↔World」はオペラ『ニュルンベルクのマイスタージンガー』とのことですから、これも見逃せないですね。

youtubeに新国立劇場提供によるプロモーション映像がありましたので、コピーして再掲載させていただきます。

また、9月9日にNHK-BSプレミアムで、当公演の舞台放映がありますので、ぜひご覧になってください。


こちらはリハーサルの様子とのことです。オペラは、このようにして舞台を作り上げていくのですね。こちらも新国立劇場提供のyoutube動画をコピーさせていただきました。

7月のピアノ

カテゴリ:
日本ピアノ調律師協会からいただいたカレンダーの7月のピアノは、小野ピアノのグランドピアノです。

先月のピアノ紹介で日本には100社を超えるピアノ・メーカーがあったとお伝えしましたが、小野ピアノもそのうちの1社です。仙台の富豪で蓄音機の販売で成功した小野好氏(明治29年~昭和60年)が、昭和8年に東京都大田区六郷で「小野ピアノ製造」を創業したことに始まります。工場は蒲田にあり、4年後の昭和12年には当時ヤマハの専任技師だった大橋幡岩氏を工場長に招いてピアノ造りを本格化させています。大橋幡岩氏はカワイの創業者である河合小市氏と共にベヒシュタインに技術留学したことでも知られています。
戦後は湯河原に工場を移し、銀座で販売して再び評判が広まりましたが、手作りで少数生産だったため、ヤマハやカワイなど近代的で合理的なメーカーに押され、徐々に生産台数は減って現在は生産されていません。
写真のピアノは昭和11年に「ホルーゲル」のブランド名で発売された日本初のフルコンサート・グランドピアノです。
00001_0007

辰野勇さん、マッターホルンの頂上へ

カテゴリ:
sea to summitでは、一緒に山登りをしたり自転車を漕いでいるモンベル会長の辰野勇さんが先月見事にマッターホルン(4,478m)の登頂に成功しました。高度障害に苦しめられたようですが、72歳とは思えない凄い快挙です。
私もボリビアのエル・アルトでいきなり4,000m超えを経験したことがありますが、一気に脳みそが膨張する感じで凄いものがありました。ちょっと動くだけで心臓はバクバクでしたから、あまり高度順応期間をおかないでのマッターホルン登頂は凄いです。

6月のオホーツク大会の自転車では私の横をスイと抜いて「この自転車ラクチンだよ~」とe-bikeでルンルン気分で走っていました。そしてザックにはいつも篠笛をしのばせていますから、一昨年の大雪旭岳大会では山頂直下を下山途中に声をかけられ「これからコンサートだからバック」と言って頂上へ引き戻されたこともありました。今回のマッターホルン頂上でも「アメージング・グレイス」を吹いていましたが、天国からの響きのようでしたね。

そうそう季刊誌coyoteの今季号に辰野さんの記事が掲載されていましたので、購入して読んでいます。

写真は1969年に21歳の若さでアイガー北壁、マッターホルン北壁の連続登攀に成功した時のものです。今回はちょうど50年経って再びマッターホルンの頂上に立ったということになります。
P8020001
P8020024
私もその数年後にジュネーブで過ごしていましたので、coyoteの「アイガー、マッターホルン 二つの山を旅する」の頁を懐かしく捲っています。アイガーもマッターホルンも下から眺めるだけでしたが、特にツェルマットは近かったこともあり、何度か訪れていました。私の思い出も同様に50年も前のことになりました。
P8020018
P8020015
辰野さんのFacebookから写真をお借りしました。
登頂後に50年前のクライミングパートナーの中谷三次さんとマッターホルンを背景にしてのツーショットです。お二人でお祝いをしたそうです。
67661924_645790585920452_2224630082498985984_n

グースベリーを収穫、ジャムに

カテゴリ:
グースベリーが真っ赤に色づきましたので収穫しました。
子供の頃は「グスベリ」と呼んで、色づく前の青いうちからよく食べた懐かしい果実です。
グースとはガチョウのことですが、ガチョウが好んで食べるからではなくて、ヨーロッパでガチョウ料理によく使われたので、こう呼ぶようになったようです。
とても棘の多い植物で、採取は厚手の皮手袋をはめて、枝ごと一気にこそぎ落します。多少青いのが混じっていても気にすることはありません。4.3kgも収穫があり、すべてジャムになりました。
色が綺麗で適度の酸味があって、とても美味しいジャムになります。
P7220008
P7220006

八甲田縦走で出会った花々

カテゴリ:
今回の八甲田山系縦走で出会った花々です。高山植物に詳しい方ですともっと沢山見つけるのでしょうが、私はこの程度がいいところです。

上から順に、ミヤマアキノキリンソウ、チングルマの綿毛、ホソバノキソチドリ、ミヤマリンドウ、ミヤマキンポウゲ、ヨツバシオガマ、ワタスゲ、キンコウカ、ゴゼンタチバナ、イワオトギリです。
ミヤマアキノキリンソウ

チングルマ
ホソバノキソチドリ
ミヤマリンドウ
ミヤマキンポウゲ
ヨツバシオガマ
ワタスゲ
キンコウカ
ゴゼンタチバナ
イワオトギリ
下の写真の花は、箒場岱湿原に咲いていたものです。花と思うのですが、子房の中の種子が飛び出した後の名残りと黄色いがく片なのかも知れません。いずれにしましても名前がよく分かりません。お分かりの方がおられましたら教えていただければ嬉しいです。(^^♪
P7280051
(2019.07.30 追記)
上の写真の植物の正体が分かりました。ショウジョウバカマの種子を飛ばした後の姿です。下の写真は先日登った大雪山系・裾合平で撮影したショウジョウバカマの紫色の花です。初夏になると花茎を伸ばして種子を飛ばすようです。色も姿も違いますので、とても同じ花とは思えませんね。
ショウジョウバカマは種子以外にも古い葉の先から「不定芽」という根や芽を出して繁殖するようです。落花生のような感じですね。
ショウジョウバカマ

酸ヶ湯から谷地温泉へ縦走登山

カテゴリ:
昨日のサンデー登山は、八甲田山系の酸ヶ湯から谷地温泉までを縦走してきました。
酸ヶ湯温泉から入山し、仙人岱から小岳、箒場岱分岐、高田大岳を経て谷地温泉へ下るというルートです。
期間限定で20日前までに購入すると50%割引になるという「トク50」で新幹線の切符をキープし、青森からは接続のJRバスで現地まで行くという想定です。「トク50」は変更不可ですし個人的な日程の都合もありますので、絶対に行くかキャンセル料を払って諦めるかの二つの選択しかありません。祈るような気持で週間天気予報を見ていたのですが、何とか天気が持ちそうなので出発しました。
朝、6:39に新函館北斗を発つ新幹線に乗ると、酸ヶ湯には9:20に着くことになっています。夏休みの日曜日というのに新幹線はガラガラで、なんとも勿体ない気持ちになります。もう少し安い料金設定にして、乗りやすくすると、青森と函館の間の利用者が増えるのではと思っています。一人当たりの単価収入は減るかもしれませんが、大量の「空気」を運ぶよりはいいと思います。

そんなことを思いながら、酸ヶ湯温泉に到着です。気温は青森で33℃、酸ヶ湯は少し涼しいものの、それでも蒸し風呂に入っているような感じです。気を取り直して、登山靴に履き替え、9:30登山開始です。

1時間ほど樹林帯を登ると硫黄臭のするガレ場、地獄湯ノ沢に到着します。ここを登りきると仙人岱湿原です。
P7280006
案の定、湿原はご覧のようなガスの中で周辺の視界はまったくききません。木道脇に八甲田清水が湧き出しているのですが、やや涸れかかっているのと、水は1500ml背負っていますので、使いませんでした。分岐を直進すると仙人岱避難小屋もあるのですが、これもパスです。

P7280019
小岳分岐を右に折れ、30分ほど登ると標高1478mの小岳に到着します。
天気の良い日には八甲田大岳や井戸岳、これから登る高田大岳などの眺望が得られるのでしょうが、依然としてガスで視界はききません。
P7280027

小岳から少し進んだところからコル(鞍部)になっている箒場岱分岐、そして高田大岳を望んだところです。
お昼近くになって、頂上部分を除いた高田大岳の山容が姿を現してきました。箒場岱分岐地帯は高層湿原になっていることがお分かりいただけると思います。
P7280035
丁度お昼の時間になりました。酸ヶ湯温泉で購入したおにぎり2個を頬張ります。
台風崩れの熱帯低気圧のせいなのかも知れませんが、風が強いものの温度はあまり下がらず、蒸し風呂状態です。水は30分毎に補給するようにしていましたが、1500mlはみるみる減っていきます。30分ほど休憩して出発です。
P7280042
P7280054
高田大岳にとりついて暫くしますと雲間から小岳、八甲田山大岳、赤倉岳方面が少し見えてきました。しかし一瞬で、ちょっと楽しませてくれた程度でした。天気のいい日はきれいでしょうね。
P7280057
急な登りを1時間ほど続けますと、高田大岳の頂上が見えてきました。数人の先着者がいるようです。下から見るともう少し頂上部は狭いのかなと思っていましたが、山の形からは想像できないくらいなだらかなところでした。
P7280058
蒸し風呂状態の中を喘ぎながらやっと頂上(1552m)まで来ました。風は強いものの、Tシャツ1枚でもまったく体温が低下することがありません。依然として展望はききませんが、写真を撮っていただいたり、山の話をしたりと30分ほど滞在して下山です。
谷地温泉までは3.2kmとあります。特に標高1000mほどのところまでの高低差500mは真っ直ぐの急斜面ですから、登るのも下るのも結構大変そうです。
P7280063
P7280065
急斜面を下山途中の谷地温泉方面です。お昼過ぎから天気が少し回復するような予報でしたが、ちょっと明るくなってきたかなという感じです。雨が降ったら滑ってとんでもないような急斜面ですから、雨が降らないだけでもラッキーです。
このルートは笹に覆われ、泥んこ道で殆ど廃道状態でしたが、3年前の2016年に県やボランティアの方々の努力によって整備されたようです。現在はとても歩きやすい登山道になっています。もちろん乾いている時ですが。
P7280075
総距離8.7kmを歩いて14:20に谷地温泉に到着しました。休憩などを含めて4時間47分の行程でした。
水は到着時には殆どカラの状態でした。テルモスに氷をびっしりと詰めて、ペットボトルの水をテルモスに足しながら飲んでいましたが、最後まで冷たい水を飲めますので、この方法はよいと思っています。ペットボトルを凍らすとか、夏場は皆さんいろいろと工夫していますよね。

バスは16:10に谷地温泉を出発ですから、ゆっくりと温泉に浸ったり、まったりとした時間を過ごします。日本三大秘湯というだけあって、趣のあるいい温泉です。旅館部もありますので、いつか泊まってみたいと思っています。
温泉は白濁した硫黄泉で、38℃と42℃の浴槽が二つあります。浴槽はもちろんのこと床までヒノキで、山奥の湯治場へ来たという感じがします。
P7280080
歩いて10分くらいの国道沿いにバス停があります。
皮肉なことに温泉を出て歩いていると日が差してきました。もう少し早く日が差してくれると良かったのにと思うのですが、登山道でこれ以上暑くなるのも勘弁してほしいですよね。
P7280084
帰りのバスの中から高田大岳の山容が見えていました。
山頂左が箒場岱分岐のコル、正面のやや右寄り山麓が谷地温泉です。富士山に似た綺麗な姿の山ですね。
P7280085
バスは酸ヶ湯を経由して新青森駅まで行きます。
途中の酸ヶ湯で10分ほどの休憩がありますので、ソフトクリームなどをゲットして栄養補給です。
P7280090
萱野高原付近を通過中のバスの中から見た八甲田山系です。
依然として八甲田大岳を含めた頂上部は雲の中です。当分はこんな天気が続くのかも知れません。この次は、秋の紅葉狙いかなと思っています。
P7280091
今回の縦走のトラックデータをgoogle earthに落とし込んで遊んでみました。
左端が入山した酸ヶ湯温泉、右端が谷地温泉です。真ん中のピークが小岳、その右のピークが高田大岳です。
hakkoda
hakkoda01

梅雨空にはアジサイが似合う

カテゴリ:
北海道は梅雨のような鬱陶しい天気が続いています。北海道とは思えないジメジメとした蒸し暑さです。
こんな空模様に元気なのはアジサイです。雨が降らない晴天の日はくたっとしていますが、雨が降って湿度が高くなると途端にピッと元気になりますもね。
アジサイが好きですので、macotoガーデンには挿し木で増えたアジサイがいっぱいあります。
P7270020
P7270024
P7270041
P7270026
P7270039
P7270033
P7270035
P7270042
P7270044
P7270047

『蒼色の大地』 薬丸岳

カテゴリ:
薬丸岳の『蒼色の大地』を読了です。
中央公論新社の創業130周年を記念して創刊された小説BOC。その創刊とともに企画された「螺旋プロジェクト」の中の一冊です。

物語の設定は明治時代。瀬戸内海の「鬼仙」という島が主舞台です。青い目を持つが故に青鬼と呼ばれ、不当で激しい差別を受ける「海族」が難を逃れて住み着いています。彼らは海賊として生計を立てています。そしてこの物語の主人公は、世間から疎外され島に流れついた灯という「海族」の少年です。

この物語の時代に支配層になっているのは「山族」ですが、「海」と「山」はお互いに忌み嫌い決して交わることはありません。有史以来激しい争いを繰り返している関係でもあります。
この「山族」には灯の幼なじみの新太郎と鈴という兄妹がいます。彼ら3人はそれぞれ成長し、新太郎は呉鎮守府の軍人に、灯は瀬戸内海を根城にする海賊に、そして鈴は思いを寄せる灯を探し謎の孤島・鬼仙島にたどり着くところから物語が始まります。

「海」と「山」という二つの血に翻弄され、彼らは否応なしに国を揺るがす凄惨な争いに巻き込まれていきます。 
P7270018

ベリー類の収穫真っ盛り

カテゴリ:
子どもたちの夏休みの時季を迎え、一気に暑くなってきた北海道です。
ベリー類の収穫期を迎えています。ラズベリーはそろそろ終盤ですが、ブルーベリーはこれから最盛期を迎えます。大きいのから小さいのまでいろいろな種類を植えていますので、鈴なりの果実を眺めているだけで楽しいです。甘味や酸味、風味も種類によって微妙に違うんですよ。
P7240008
P7240010

このページのトップヘ

見出し画像
×