カテゴリ:
今年の第155回直木賞を受賞した荻原浩の『海の見える理髪店』。
父と息子、母と娘、夫と妻などそれぞれの家族の日々を描いた6つの短編からなっています。モチーフはそれぞれ異なっていますが、どこにでもいそうな普通の家族に起こる奇跡のようなお話です。思い通りにならないのが人生なのでしょうが、思い出したくもない過去の出来事や別れ・喪失、そしてそれに対する後悔と切なさが綴られた物語です。ただ、いずれの短編も最後に微かな明日への希望が灯されています。作者が寄せる家族の絆への思いなのでしょう。
「海の見える理髪店」と「成人式」の短編が特に良かったです。ぜひ読んでみてください。
P9280003-2