カテゴリ:
「かりゆし58」の代表曲のひとつ「アンマー」を題材にした有川浩の小説『アンマーとぼくら』を読み終えましたが、良かったです。
物語は、主人公のリョウが久々に故郷の沖縄に帰省し、沖縄でガイドの仕事をしている二人目の母親と島内を旅行する3日間のお話です。沖縄のおおらかな空気と神々しい自然にふれながら、現在と過去を行ったり来たりしつつ、静かに深く二人の絆を紡いで物語は進んでいきます。
子供のような父親をまっすぐに愛したお母さん(実母)とおかあさん。そんな優しかったお母さんを恋しいと思う気持ちと、新しいおかあさんを大切に思う気持ちが子供心にも複雑に交差します。包みこむような沖縄の懐の深さと家族の愛情に涙がこぼれてきます。いい本です。
PB100008
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ