カテゴリ:
昨日のトラピスト並木道のライトアップの記事は、多くの方からコメントをいただき驚いています。やはりトラピストの魅力に惹かれる方は多いのですね。私の手元に北海道新聞社が1998年の2月にトラピスト創立100年を記念して発刊した『四季のトラピスト.』という写真集がありますので、その中から数枚をコピーをさせていただきました。本からの抜粋ですが、少しだけでも雰囲気を味わっていただければ嬉しいです。
本書は発売から20年近く経っていますので、店頭で購入できるかどうか分かりませんが、図書館では蔵書していると思いますので、興味のある方はお借りして読んでみてください。
IMG_0185

000101
私の家内は結婚前に札幌のカトリック系の病院に勤務していましたので、そこの上司のシスターが毎年夏に黙想で当修道院へお越しになっていました。そんな折、私たちもシスターにお会いしたくて、何度か修道院へ伺ったことがあります。シスターの方々と当修道院の食堂で夕食を共にし、聖堂での晩の祈りにも参列させていただきましたが、客舎係のヤコブ皆川修道士さんが迎えてくださり、とても暖かいもてなしを受けたことを思い出しています。修道士はトゥニカという白いワンピースとスカプラリオという黒い肩衣を身に着けており、優しい眼差しの中にも凛とした雰囲気の伝わってきたことを憶えています。
00091
00081
食事が終わって7時15分から、晩の祈りが始まります。私たちも案内され、静寂に包まれた真っ暗な聖堂の参列席でシスターたちと静かに待ちます。暫くして遠くから修道士が歌うグレゴリオ聖歌が微かに聴こえてきました。本当にこの瞬間は言葉では表現できないくらいの感動がこみ上げてきます。きっと聖堂に向かう廊下を歩いているのですね。そして次第に歌声が大きくなり、聖堂のドアが開いて、修道士の方々が入ってきます。一心に祈りをささげる修道士の方々の姿にも心が揺さぶられます。
今までにプロ・アマを合わせ沢山の合唱団の歌声を聴いてきましたが、後にも先にもここの修道士が歌うグレゴリオ聖歌が最高だと思っています。
000111
※写真はいずれも北海道新聞社刊『四季のトラピスト』から撮影させていただきました。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ