カテゴリ:
珈琲豆が底をつきましたので、温室焙煎場で豆煎りです。一度に1㌔の生豆を焙煎しますが、瞬く間に珈琲の煙が充満して燻されるような感じになります。衣服にも珈琲の香りがつき、そして焙煎豆を居間に持ち込んでからも部屋中が珈琲の香りでいっぱいになり、にわか喫茶店のような感じになります。焙煎後は不要なガスを抜くために一晩放置し、翌日袋に詰めて冷凍保存です。
上手く焙煎出来ても出来なくても、それなりにリッチな気持ちになります。自家焙煎、何となく楽しいです。試してみませんか。
PC250009_1
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ