カテゴリ:
恩田陸の『蜜蜂と遠雷』を読み終えました。
500頁を超え、しかも上下二段組みですが、一気に読んでしまうほどに面白かったです。平成28年下半期の直木賞の受賞作ですが、この本ほど先を読まずにはいられないという気持ちになったのは久々です。星5個などと云わず、手持ちの星を全部をこの本にあげてよいくらいに心が躍る一冊でした。詳しいことを書きますとネタバレになってしまいますので、帯の紹介をそのまま記載しておきます。

***************
3年ごとに開催される芳ヶ江国際ピアノコンクール。ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝するジンクスがあり、近年、覇者である新たな才能の出現は音楽界の事件となっていた。
養蜂家の父とともに各地を転々とし自宅にピアノを持たない少年・風間塵(かざまじん)16歳。 かつて天才少女として国内外のジュニアコンクールを制覇しCDデビューもしながら13歳のときの母の突然の死去以来、長らくピアノが弾けなかった栄伝亜夜(えいでんあや)20歳。 音大出身だが今は楽器店勤務のサラリーマンでコンクール年齢制限ギリギリの高島明石28歳。 完璧な演奏技術と音楽性で優勝候補と目される名門ジュリアード音楽院のマサル・C・レヴィ=アナトール19歳。
彼ら以外にも数多の天才たちが繰り広げる競争という名の自らとの闘い。第1次から3次予選そして本選を勝ち抜き優勝するのは誰なのか?
***************

上記の4人は闘争心むき出しのコンテスタントではなく、お互いの才能を尊重し、自らにない魅力を互いに感じ取って、音楽的にも人間的にも成長していきます。芳ヶ江国際ピアノコンクールという短い期間のお話ですが、ピアノ曲の解釈が凄いですし、4人のコンテスタントそしてそれを審査する審査員の葛藤など揺れ動く心の描写も見事です。まさに最初から最後まで、コンクールで張り詰めたコンサートホールの真っただ中にいるような感じです。自らがピアニストになったり、審査員になったり、聴衆になったりして・・・。
音楽が題材の小説で、こんなにエキサイティングな気持ちになったのは久々です。

P2010006
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ