アーカイブ

2012年02月

マスの揚げだし

カテゴリ:
1329155421.jpg

「たまにやる男の料理」もちょっと疲れ気味ですので、簡単なものにしました。当地ではマスが旬で美味しそうでしたので、揚げだしにしてみました。一口大のマスを醤油と日本酒で下味をつけ片栗粉をまぶすだけで素材は出来上がりです。それを油で揚げて、熱々の汁(だし汁1cup、醤油1/4cup、みりん1/4cup)をかけ、大根おろしを添えて完成です。北海道ではマスが旬で何にしても美味しいですが、この揚げだしも美味しいです。


「三ツ判 山吹」を使ったチカの南蛮漬け

カテゴリ:
1328996293.jpg

「たまにやる男の料理」も2月に入って少し調子が出てきました。ということで、先月に購入していた「三ツ判 山吹」を使った今が旬のチカの南蛮漬けを作ってみました。チカは10匹ほど入った1パックで200円でしたし、今が旬で活きがとても良かったので迷わず購入しました。一緒に入れる野菜は、玉ねぎ、人参、パプリカなどです。そして調味料の酢は、前述のミツカンの純米粕酢「三ツ判 山吹」にしてみました。この酢は江戸前ずしの寿司酢のルーツとのことです。スーパーなどでもいろいろな酢を売っていますが、かなり美味しい酢のレベルだと思いました。そして今回の南蛮漬けも簡単な割に超美味しく出来ました。


これは美味しい「ひと口サイズのとん天」

カテゴリ:
1328994647.jpg

食べやすいひと口サイズの「とん天」を作ってみました。豚モモ肉を2センチに切って、醤油、日本酒、すりニンニクで下味をつけます。それを同サイズに切った長ネギに巻きつけます。衣は冷水(50cc)にマヨネーズ(大匙1)、薄力粉(30g)でざっくりと作ります。衣を付けてから油でじっくりと揚げて完成です。長ネギの甘みと軽く下味のついたモモ肉が絶妙の旨味を出して、これは簡単で超美味しいです。


米粉を使ったニョッキのパプリカソース

カテゴリ:
1328909978.jpg

1328909986.jpg

「たまにやる男の料理」の第6弾は、道新ポケットブックに載ってた米粉を使った「ニョッキのパプリカソース」に挑戦です。つなぎの小麦粉を米粉に変えてモチモチ感を出すのが狙いのようです。まずはジャガイモを茹でて裏ごしをし米粉と混ぜてニョッキを作り、もう一度軽く茹でます。耐熱容器に入れ、それにすりおろしたパプリカ、玉ねぎ、ニンニク、調味料としてオリーブオイル、塩、コショウなどをかけます。さらに生クリームと粉チーズ、パン粉などを振りかけ、オープンで焼いて出来上がりです。食べた感想は美味しいのですが、反省点もありました。ニョッキのジャガイモは男爵を使ったのですが、ちょっと粉っぽくてメークインのほうが良いようです。また米粉はもう少しモチモチ感が出ると思ったのですが、期待はずれでやはり小麦粉がいいみたいです。あと好みでしょうが、個人的にはトマトソースのほうが好きですね。


このページのトップヘ

見出し画像
×