アーカイブ

2013年09月

パザールバザール pazar bazar

カテゴリ:

函館駅前まで用事があって出かけましたので、足を延ばして末広町の二十間坂にあるパザールバザール pazar bazarへ行ってきました。小雨が降るなかお店のドアを開けると、築80年ほどの建物の内部はしっとりしていい雰囲気でした。

1381515851.jpg

1381515858.jpg

1380565216.jpg

ランチメニューは、シシケバブとクルファスリエでしたので、それをお願いしました。シシケバブは串に刺して焼いたお肉という意味らしいですが、柔らかくてシンプルな味付けでとても美味しいです。クルファスリエは、トルコの白インゲン豆のトマト煮込みですが、こちらもおすすめです。夜のメニューを見ていましたら、他にも美味しそうなものが沢山あるようです。また、アニスの香りがする干しブドウから作る蒸留酒で、水を加えると白く濁るラクというお酒も置いてるそうですので、夜にも来てみたいなと思っています。

1380565269.jpg

なんとなく秋色

カテゴリ:
朝晩はめっきり涼しくなり、薄手の布団を押し入れから引っ張り出してきました。あとひと月もすると平地でも雪の便りが聞かれそうな北海道です。庭を一回りしてみますと、ナナカマドが色づいてきたり、栗の実が弾けそうになっていたりと所々で秋が感じられるようになってきました。もう少しで本格的な紅葉時期を迎えます。

1380407702.jpg

ちょっぴり秋色

カテゴリ:
今朝の七飯は放射冷却現象とやらで8℃ほどまでに気温が下がりました。朝のワンコとの散歩もさすがに手袋をはめてしまいました。もう少しで10月ですので、庭が本格的な秋色に染まるのも近いようです。

1380217589.jpg

1380217597.jpg

1380217604.jpg

音楽宅急便

カテゴリ:

函館市民会館で開かれたクロネコ ファミリー コンサート「音楽宅急便」を聴いてきました。あのヤマトホールディングが全国各地において無料招待で開催しているもので今回は函館でも公演が行われました。飯森範親指揮の札幌交響楽団の演奏、函館少年少女合唱団の共演という豪華なコンサートでした。小さな子供も沢山来場してアットホームなファミリーコンサートの雰囲気でしたが、数々の名曲を素晴らしいオーケストラの演奏で楽しませていただきました。

1380226749.jpg


秋桜

カテゴリ:
こぼれ種から大きくなったコスモスが咲いています。殆ど手入れはしませんので、雑草のように勝手に交雑しているようで、花弁の模様がそれぞれ微妙に異なっているところが面白いです。来年春には新しい品種の種をばら蒔いて新風を吹き込んでやろうかなと考えています。

1380044560.jpg

1380044571.jpg

1380044565.jpg

1380044577.jpg

喫茶 モーリ / 函館

カテゴリ:

もう長いこと行っていない函館・大門地区にある喫茶「モーリ」を訪れてみました。映画が盛んな頃には大門に沢山の喫茶店があり、映画の帰りにモーリへも行ったものでした。昭和8年に創業、現在の場所に再開業したのは昭和11年(1936年)なのだそうです。店内にはクラシック音楽が流れ、懐かしい「純喫茶」と呼ばれるお店でした。たしか先代のマスターは蝶ネクタイを締められてお洒落な方でしたね。

1379797600.jpg

1379797609.jpg

1379797617.jpg

演劇「兄帰る」

カテゴリ:

七飯町文化センターで二兎社公演「兄帰る」を観てきました。「ジェンダー」、「家族」など身近な生活のなかに潜む問題をすくい上げ劇作を続けている永井愛さんの作・演出による演劇です。どこにでも起こりうる身近な出来事を通じて、観客一人ひとりの心の中の本心、判断の尺度などが問いかけられているような気がしました。永井さんはインタビューで「震災後に感じたことが2年以上経ち、変な溶け方をしているのではないかと思ったんですね。本当はどうなってほしいのか、どうしたいのか、市民の自覚やアイデンティティーがごちゃごちゃになっている。だから今、再演しようと考えました」と仰っています。
難しい解釈は別にして、舞台は結構コミカルですし、最後にはどんでん返しがあったりして楽しかったです。そして、いつものことですが、やはり生の舞台はいいですね。

1379544425.jpg


雨の日曜日

カテゴリ:
台風が接近しているようで断続的に強い雨が降り続いている七飯です。近くでは秋のお祭りやイベントなどが開かれているようですが、雨に祟られてちょっと気勢が上がらないことでしょう。こんな日は音楽でも聴いて外を眺めているのがいいのかも知れません。

1379266649.jpg

旧相馬邸3周年記念コンサート

カテゴリ:

旧相馬邸のオープン3周年を祝う記念のコンサートが開催されました。「筝とフルートの優雅な午後のひととき」ということで、函館で活躍されている筝の宮崎加奈古さん、フルートの池田桂子さんによる演奏でした。和楽器の筝と洋楽器のフルートはとても相性が良いようで、旧相馬邸の和洋折衷の建物にふさわしい素敵な演奏会でした。

1379192645.jpg

1379192585.jpg

1379192655.jpg

1379192661.jpg

蔵の外壁の修復が完了して、とても綺麗な板壁に変身していました。板壁を外すと蔵本体の白い漆喰が現れるようで、また違う趣があるようです。夜には2種類のLED照明によるライトアップが行われているそうです。

1379192667.jpg

館長の東出さんから案内があったのですが、10月8日(火)のNHK総合「ひるブラ」(12:20~12:43)で旧相馬邸が生中継で全国に紹介されるそうです。相馬邸の外観、内部、相馬邸からの港の景色などを楽しむ内容のようです。ぜひ多くの方にご覧頂きたいとのことでした。

茶房 無垢里

カテゴリ:

9月中旬とはいえ蒸し暑い一日でした。家内と私、午前中は二人とも仕事でしたので、終わってから元町の茶房 無垢里へ行ってきました。蔵の中は外の蒸し暑さとは別世界で、ひんやりとしていい感じです。静かに流れる音楽に身を任せてのんびりとお茶を飲んできました。

1379182703.jpg

1379182714.jpg

1379182729.jpg

1379182748.jpg

真知亜@nakama コンサート

カテゴリ:

昨日の午後に七飯町文化センターで開かれた真知亜@nakamaコンサートを聴いてきました。いずれもNHK交響楽団所属のヴァイオリン奏者の齊藤真知亜さん、ヴィオラ奏者の村松龍さん、チェロ奏者の藤村俊介さん、そしてピアニストの百武恵子さんによる演奏でした。演奏の合間に真知亜さんの芸人顔負けの楽しいお話があり、素敵な名曲とそれぞれの楽器に秘められた魅力を堪能させていただきました。


真知亜さんのprogram noteによりますと、今年の日本列島のように暑い地域の作曲家は殆どいないのだそうです。その点から考えるとクラシックは「北の専門分野」なのかも知れないし、日本で最後までクラシックが楽しめるのは北海道なのかもとも仰っています。PMF(Pacific music festival)もあるし北海道がクラシックのメッカになれば嬉しいです。

1378765962.jpg


ユトリロ展 / 2013 函館

カテゴリ:

道立函館美術館で開催されているユトリロ展を見てきました。生誕130年を記念しての展覧会とのことで、日本初公開の作品を含め76点が展示されています。パリの街並み、とりわけモンマルトルの風景を題材に多くの作品を残していますが、晩秋の街角に枯葉が舞って、カフェの小窓からシャンソンが微かに流れてくるような情景がいいですね。彼が愛したカフェのラパン・アジルは今もそのまま残っていますので、ワインを飲みながら100年ほど前に思いを馳せてみたい気もします。
そして教会で敬虔に祈る晩年期のユトリロの写真が展示されていましたが、何を祈っていたのでしょう。絶筆の未完の絵を見て、そんなことを思っていました。

1378059002.jpg

1378059010.jpg

このページのトップヘ

見出し画像
×