アーカイブ

2013年12月

今年のおせち

カテゴリ:

「たまにやる男の料理」は本当にご無沙汰状態になってしまい、とうとう年末を迎えてしまいました。そんなことで例年のように四品だけ私の担当ということで挑戦してみました。

まずいつもの北海道定番の旨煮です。家内は筑前煮にしたらと言いますが、今年も北海道風こだわってそれぞれを別に煮て味付けし、あとで混ぜ合わせるという方法にしました。沢山作りましたので、お正月期間は毎日食べなくてはならないのがちょっと辛いです。
右は、NHK「今日の料理」の12月号に掲載されていた「田舎風煮しめ」です。子供の頃のお正月に母が大きな鍋で煮しめを沢山作っていたことを思い出しました。母の味には到底及びませんが、砂糖を使わない田舎風というところに惹かれて作ってみました。

1388510673.jpg 1388510653.jpg

伊達巻はとても上手な方がいて、毎年いただくものと決めていたのですが、年末に体調を崩して作れなくなり、急遽ピンチヒッターで作ることになりました。卵液を作って、オーブンで所定の時間焼き上げるまでは順調だったのですが、いざ巻き上げる段になって大変でした。何とか形になりましたが、伊達巻がこんなに難しいものだとは知りませんでした。

1388510663.jpg

ついでに蒲鉾でお遊びをしました。うふふ。蒲鉾板に乗っけて、青菜の餌までおきましたが、ウサギちゃんに見えますでしょうか。

1388510680.jpg

明年も幸せいっぱいのお年になりますようお祈り申し上げます。

美味しそうなお餅

カテゴリ:

先日、豆大福を買いに函館の栄餅に寄ったら、まだお正月のお餅の予約が大丈夫とのことで少しだけ頼んできました。そして今日の午後にうかがったら出来ていました。このところスーパーの真空パックのお餅で寂しい思いをしていましたので、なんとなく嬉しいお正月になりそうな気になっています。
思えば我が家では私が小学生の頃までは家で餅つきをしていましたし、高校生の頃には近くの餅屋さんが配達などで猫の手も借りたいほどに忙しくなるので、ちょっとだけ猫の手の一部になったこともありました。そんなこんなで出来上がったお餅を見ているといろいろな思い出が蘇ってきます。栄餅のお婆ちゃんのお話ですと28、30日は寝ないで餅つきなんだそうです。我が家も28日が一家総出の餅つき日でした。

1388253065.jpg

雪のないクリスマス

カテゴリ:
いつもの年ですとクリスマス寒波が来てホワイトクリスマスになるのですが、今年は雪が降っても解けてしまう状態で、ご覧のように積雪ゼロの山の麓です。道路などは走りやすくていいのですが、スキー場など山には雪が欲しいなと思っています。

1388002105.jpg

1388002113.jpg

今年も残り10日ほど

カテゴリ:
今年も残り10日ほどになりました。街では忘年会やクリスマスで賑やかなことでしょうが、山の麓まで街の喧騒は届かずいつものように静かです。原野ガーデンは雪不足のため白銀の世界にはなりきれず、晩秋のままの茶色の世界が広がっています。
僅かな時間ですが、陽が差してきましたので、庭に出て写真を撮ってきました。被写体はクレマチスの「プリンセス・ダイアナ」です。夏には気品のある綺麗な花を楽しませてくれましたが、今の時期の種子と枯葉も光に輝いて素敵です。絶妙のタイミングで小さな雪が舞い降りてきました。さすがダイアナさんですね。

1387753241.jpg

1387753252.jpg

このページのトップヘ

見出し画像
×