カテゴリ:
日曜日、レストラン「桜路」の帰りに啄木のお墓と立待岬に寄ってみることにしました。市電の終点・谷地頭停留所から一本道を登る途中に啄木一族のお墓があります。小学生の頃の夏休みといえば、毎日のように立待岬で泳いでいましたので、この道は友達と騒ぎながら何度も行き来していたことを思い出していました。啄木のお墓はどっしりとした存在感のあるもので、大好きだった大森浜に正対するように建てられています。隣には啄木の義兄弟で、啄木一家を物心両面で支えた宮崎郁雨さんのお墓があります。啄木一族のお墓は、宮崎さんらの手によって生前の願いが叶えられてこの場所に建てられたとのことです。

そうそう、啄木一族と宮崎さんのお墓に挟まれるように建つお墓に何気なしに目をやると加藤虎太郎さんというお名前が目にとまりました。平成9年に66歳でお亡くなりになったと書かれてありますので、函館市立中央中学校の1年の時の私の担任の先生に間違いないと思っています。体育の教師ですので、元気で迫力があり独特の虎のような声を出す先生でしたが、生徒ひとりひとりのことを理解しとても大事にしてくれた先生でした。体育の先生に応えられるほど運動は得意ではありませんでしたが、結構やんちゃでしたので、ゲンコツを何発もくらった思い出があります。ニックネームはずばり「とらたろう」、思いがけず大好きな「とらたろう」先生のお墓に巡り合えてホロリとして手を合わせてきました。
P4030055
正面に有名な「東海の 小島の磯の 白砂に われ泣きぬれて 蟹とたはむる」の一首が刻まれています。551首の歌が収められている処女歌集の「一握の砂」の冒頭にこの歌があります。
P4030051
裏面には啄木が宮崎郁雨さんに送った書簡の一節が刻まれています。
啄木書簡の一節
これは嘘いつはりもなく正直に言ふのだ、『大丈夫だ、よしよし。おれは死ぬ時は函館へ行つて死ぬ』その時斯う思つたよ、何處で死ぬかは元より解つた事でないが、僕は矢張函館で死にたいやうに思ふ。君、僕はどうしても僕の思想が時代より一歩先に進んでゐるといふ自惚を此頃捨てる事が出来ない。
明治四十三年十二月二十一日
東京市本郷弓町二の十八
石川啄木
P4030052
 啄木のお墓から少し離れた高台から函館市街を眺めたところです。左手のこんもりと緑の丘になっているところが函館公園で、啄木の住まいもこの近くにありました。函館公園の上方が函館湾で、市街を挟んだ右手の海が津軽海峡です。啄木が愛した砂山はこの海峡に面する大森浜にありました。
P4030070-1
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ