カテゴリ:
啄木のお墓から100mほど行きますと立待岬にでます。大森浜のほうから見ますと左手の端っこのところになります。函館山は別名を臥牛山(がぎゅうざん)ともいいますが、臥せた牛の踵にあたるところといった方が分かりやすいかも知れません。今は落下防止の柵や遊歩道、きれいな水洗トイレなどが完備されて観光地になっていますが、前述のように私たちが子供の頃は市内有数の海水浴場でした。もちろん柵などはありませんから、岩場をロッククライミングのように降りたり、海伝いにひょいひょいと歩いたりして、結構楽しい夏休みを過ごした思い出の地でもあります。潮の流れが速く、私もここで溺れたことがありますが、毎年犠牲になる子供が何人かいたように記憶しています。断崖の上へ吹きつける海からの風はまだ冷たいですが、久し振りに気持ちの良い潮風を浴びてきました。
P4030063
P4030069
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ