カテゴリ:
昨日、フォークシンガーの加川良さんが急性骨髄性白血病でお亡くなりになったのですね。
私と同じ団塊の世代ですので、1970年代のデビュー当時から岡林信康、西岡たかしさんなどとともにコンサート、レコードなどでよく聴いていました。ステージでは西岡さんのグループ(五つの赤い風船)と一緒に出られることが多かったのですが、いつも控えめに「加川です」と登場されて、訥々と歌うのが印象的でした。社会を風刺した一節を美しい歌声でさりげなく歌う加川さんが大好きでした。
特にデビュー曲の『教訓Ⅰ』は下手なギターを片手によく歌いましたので、今でもそらで歌うことが出来ます。もう50年近くも経っている曲ですが、色褪せないで聴かせてくれるのは不思議です。教訓とは「教え諭す」ことらしいですが、歴史から得た教訓を忘れずに我がことにするのはいつの時代でも難しいことなのかもしれません。いま一度、加川さんからのメッセージ『教訓』を心に刻んでみたい気がしています。
※写真はオフィシャル・ホームページから
Ryo2011AA

youtube bandanaRamaManさん提供

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ