カテゴリ:
「猫とフクロウ」のシリーズがちょっと疎かになっていましたが、ボチボチと再開です。
今日はかなり古い時代の招き猫です。いつの時代のものか、どのような業種の店先にあったものか定かではありません。私が置いてあって欲しい場所は、やはり昔の酒屋さんでしょうか。子供の頃の酒屋さんというと、イマドキのスタンド居酒屋のような立ち飲みのコーナーがあって、日雇いの肉体労働者の人達が簡単なつまみを肴に安いお酒を呑んでいた光景を思い出します。このようなお店にこんな招き猫が似合いそうだなと思っています。
周りの本と比較して分かりますように結構大きくて存在感のあるものです。粘土を素焼きしたものに彩色したものと思われ、くすんだリ剥がれかかっていますが、まだ昔のままの色彩を保っています。内部を見ますと、手びねりで作った様子がうかがわれ、製作者の指の跡がくっきりと残っています。この猫もいろいろな人々の喜怒哀楽を暖かく見守ってきたのでしょうね。
P4010002
P4010004
 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ