カテゴリ:
本州では30℃を超えるような暑さだったようですが、北海道は朝から小雨が降り続いて肌寒い一日でした。我が家ではストーブを炊いたり、温室の窓もすべて閉めるような状態でした。
今回はそんな雨にも寒さにも負けずに咲いている「陽光桜」です。まだ植えて数年の幼木ですが、今を盛りに咲いています。調べてみましたら、天城吉野と寒緋桜という桜の交配によって作られた品種なのだそうです。作者は愛媛県川内町の高岡正明さんという方です。高岡さんは戦時中に教師をしており、数百名の教え子たちを戦地に送り出しましたが、教え子たちの戦死の知らせが次々と届いたことで自責の念に駆られ、戦死した教え子たちの慰霊のために、新しい桜の品種の創出に一生を捧げたそうです。その結果、25年もの歳月をかけて暑さにも寒さにも強いこの「陽光桜」が生み出されとのことです。
一重で染井吉野に似ていますが、寒緋桜の面影が残っているようで淡い紅色が上品でとても美しい桜です。花びらから雨の雫が静かに落ちている姿を見ますと、高岡さんの深い思いが伝わってくるようです。

そうそう、昨年から今年にかけて、この桜に纏わる映画『陽光桜 -YOKO THE CHERRY BLOSSOM-』が上映されているようです。大好きな笹野高史さんが高岡さん役を演じているようですが、公式には初めて主演映画なのだそうです。とても感動的な映画のようで、ぜひ見たいと思っています。
P5110076-2
P5110078-2
P5110065
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ