カテゴリ:
群ようこのれんげ荘シリーズ3作目『れんげ荘物語 ネコと昼寝』、こういう本は大好きですので一気読みです。
都内の古い安アパート「れんげ荘」で相変わらず自由なひとり暮らしを続けるキョウコさん。無職で貯金を崩しつつ月10万円での生活ながら、美術館や図書館へ行って好きな本を読んだリ絵を観たり、隣室の人生の達人クマガイさんや自由な旅人コナツさんとおしゃべりしたり、近所のネコ「ぶちお」と仲良くお昼寝したりと心穏やかな日々が過ぎていきます。
キョウコさんの住んでいる「れんげ荘」が、私が学生時代に過ごした4畳半のボロアパートでの人間模様ととても似ていて、懐かしいというか貧しいながらいい時代だったなと思い出していました。
モノが溢れたり、仕事で神経をすり減らし疲れ切っている現代人にとっては、ふとこんな暮らしも悪くないかなとも思っています。
P5090081
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ