カテゴリ:
江差町「いにしえ街道」に揚げたての美味しいコロッケを売っているお店があります。老舗の酒屋さんだった吉田商店というお店です。皐月蔵チャミセで美味しいものを食べてから、街道の街並みを眺めながらお店を目指してぶらぶらと歩きます。お酒の販売は数年前にやめて、現在はコロッケとこだわりのカレーのお店になっています。
イートインも出来ますが、今回は持ち帰りということでお願いしました。おもむろに奥の方からニャンコと一緒にご主人が登場し、笑顔で挨拶の後はコロッケを揚げる準備をします。暫くすると軽やかな油の揚げ音と同時にコロッケのいい香りがしてきました。奥様が淹れてくださった珈琲をいただきながら壁に描かれた絵を眺めながら10分ほど待ちますとコロッケが出来上がってきます。
この絵は愛知県岡崎市在住のペン画家・柄澤照文さんが描いたもので、ご主人とは友人というか深い繋がりのある方のようです。ペン画や絵日記など膨大なコレクションを見せていただきながら柄澤さんの人となりをうかがわせていただきました。ほのぼのとした作風がお店の雰囲気とマッチしていい感じです。
そうそう肝心のコロッケですが、帰って来てからいただきましたが、「コロッケってこんなに美味しいものなの」というくらいに美味しかったです。上ノ国のフルーツポークと厚沢部のメイクイーンを使用した素材の美味しさが際立つコロッケ、江差へ行ったら絶対に買いの一品です。
こだわりのカレーも美味しいようなので、次回はコロッケと一緒にこれを狙っています。
P9220045
P9220001_1
吉田商店へ行く途中にもいい雰囲気のお店が沢山あります。ショーウィンドゥから覗いたり、暖簾をくぐって店先に足を踏み入れたりしてぶらぶらと歩みを進めます。店先には静かに江差追分のメロディが流れたりして、北前船の往来で賑わっていたかつての時代にタイムスリップしたような気持ちにさせてくれます。
P9220043
P9220044
P9220047
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ