カテゴリ:
原田マハの『アノニム』を読み終えました。
キャンバスを床に置いて直接絵具を滴らせるドリップ・ペインティングという独自のスタイルを展開したアメリカの抽象表現主義の画家ジャクソン・ポロックの未発見の絵画を題材にした小説です。物語はこの絵が香港の絵画オークションにかけられることから始まります。落札を狙う非道なコレクターの一味と、ひそかにすり替えを企てるアノニムという義賊のような怪盗集団の虚々実々の駆け引きが読みどころです。ちなみにアノニムのメンバーは、天才エンジニアのオーサム、美術品修復家のネバネス、フランス貴族の末裔オブリージュ、花形オークショニア(競売人)のネゴ、ブルックリンでギャラリーを経営する美女ヤミー、気鋭の建築家ミリ、美術史家でありトルコ絨毯店経営者のエポックという7名。頭文字を並べると、anonyme(作者不詳)になる仕掛けも作者の遊び心が感じられて面白いです。
この『アノニム』という小説はシリーズになりそうな感じがしますが、この次は誰にスポットライトが当てられるのでしょうね。個人的にはシャガールあたりがお話として面白そうな気がしていますが・・・。
P8140017
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ