カテゴリ:
遠田潤子の『オブリヴィオン』も面白かったです。
主人公の森二は妻殺しの罪で服役し、模範囚として4年の刑期を終えて刑務所を出所する場面から物語が始まります。刑務所の門で迎えるのは、実兄でヤクザ稼業で身を立てている光一と、妻の兄にあたる義兄の圭介です。しかし、当の森二は二人を無視して元の家には帰らず安アパートに入居するのですが、その隣室にはバンドネオンを演奏する混血で美しい少女の沙羅が住んでいます。この沙羅が演奏するアストル・ピアソラの「オブリヴィオン」という曲、この小説の中では全篇に通奏低音のように流れて重要な意味をなしています。
森二はなぜ妻を殺したのか、その夜に何があったのか、謎の一つ一つが明らかになるにつれ、複雑な人間関係とやるせないほどの現実が少しずつ浮き彫りになってきます。
「オブリヴィオン」には忘却とか恩赦という意味がありますが、物語は人生を間違えてしまった人たちが、勇気を出して新しい一歩を踏み出す姿を描いているのかなと思います。

このピアソラの「オブリヴィオン」という曲は私も好きでよく聴いているのですが、ピアソラ独自のリズムで、4拍子の中で「一拍半・一拍半・一拍」という独自のパターンが多用されているのが特徴です。もともとイタリアの映画音楽として作曲されましたが、映画も音楽もあまりパッとしなかったようです。その後、「カンツォーネの女王」として名高いミルバが歌って評判になり広く知られるようになったそうです。ミルバと言えば「ウナ・セラ・ディ東京」が懐かしいですね。
《図書館からお借りしました》
IMG_2366