カテゴリ:
ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロの『わたしを離さないで』を読み終えました。
すでに沢山の方がお読みになっていると思いますし、これからお読みになる方もおられると思いますので、詳しい内容は帯に書かれている程度にとどめたいと思います。
 
現代の世の中では到底考えられない臓器提供を目的としたクローン人間のための施設「ヘールシャム」で育った若者たちの日常を描いた作品です。彼らは何度かの臓器提供をしたのち、身体に限界を迎えた者から使命を終えこの世を去ります。
物語は全篇に渡ってキャシーという女性の回想というかたちで進行します。キャシーは特別に訓練を受け提供者を介護する介護人として施設で働いていますが、自らも提供者という立場にあります。彼女の内省的な淡々した語り口が、若者たちの生まれながらの運命の残酷さを際立たせています。
ただ、彼女の口から語られる思い出の中のヘールシャムの若者たちは、自身の運命を知りつつも、友情を温め、性に翻弄される私たちの青春時代とそれほど変わらない普通の日常を過ごしていることに、何となく怖さを感じてしまいます。

この小説から何を感じるかは読者によって異なるような気がします。読み始めは、過剰に進みつつある生殖医療などの近未来的な科学技術の問題を提起したものか、はたまたグローバリゼーションの中での搾取する側と搾取される側の問題を扱ったものかと思っていました。でも今こうして読み終わってみますと、この物語の語り手はキャシーひとりであり、キャシーの語ったことがすべてであることに改めて気づかされます。
運命にささやかに抵抗するものの受け入れられず、折り合いをつけようと試みるも上手くいかず、仕方なしに自己を正当化して語るキャシーの姿が妙に身につまされます。何となく私たちに似ている・・・あえて究極の状態に置くことで浮かび上がる人間本来の姿、そんなことを描きたかったのかなと思ったりしています。
《図書館からお借りしました》
IMG_2380