カテゴリ:
中山七里の『悪徳の輪舞曲(ロンド)』を読み終えました。さすがに最高に面白い小説でした。

冒頭から妻による夫の自殺を装った殺人事件のショッキングな描写から物語が始まります。この殺人に手を染めるのが、このシリーズの主人公・弁護士の御子柴礼司の母親・郁美ときていますから驚いてしまいます。
『贖罪の奏鳴曲』『追憶の夜想曲』『恩讐の鎮魂曲』と続いて、この本がシリーズ4作目ですから、主人公の御子柴のことを存知の方は多いと思います。彼は14歳のときに近所の幼女を殺害し、遺体の各部位を郵便ポストや賽銭箱に配って回ったことから〈死体配達人〉と呼ばれ世間を恐怖に陥れた本名・園部信一郎という男です。医療少年院を出所後、弁護士資格を取得しています。弁護のやり方と報酬額は想像を絶するほどに悪辣ですが、裁判では百戦百勝という凄腕の弁護士として名を馳せています。
郁美の関わった偽装殺人事件は、その後の警察の捜査によって逮捕・起訴されることになります。しかし、例の〈死体配達人〉の母であるということが分かると、ことごとく弁護を断られ、結果的に妹の梓を通じて郁美の裁判の弁護を依頼されたのが御子柴でした。御子柴と家族は30年も前に縁を切っていますから、今回の依頼もあくまでも弁護士と一被告人という乾いた関係で立ち向かうことになります。
郁美は容疑を否認するものの、検察側が揃えた完璧なまでの証拠を前に、裁判は最初から勝ち目のない不利な状況であることは歴然としています。しかし、百戦錬磨の御子柴の繰り出す奥の手が凄いのです。そして最後に知ることになる事件の真相にも驚愕してしまいます。そのへんは読んでのお楽しみということで。

すべては〈死体配達人〉こと園部信一郎の起こした事件に行きつくのですが、「悪徳の輪舞曲」というように、人間の心の奥底に潜む影というか暗い部分が絡まって悪徳の連鎖という物語を形作っています。ただ、ストーリーが暗くならずに読後感がいいのは、中山七里さんの小説なればこそだと思っています。
P6250003