カテゴリ:
六花亭の8月の「おやつ屋さん」は、野菜と果物を使った夏の味覚カップ・デザートでした。
枝豆、ブルーベリー、パッションフルーツ、トマトなどのソースとヨーグルトクリームが組み合わさった冷たいデザートです。

お昼過ぎに五稜郭店に受け取りに行ったのですが、とても混んでいて「おやつ屋さん」の用紙を持っているオバサマも前に数人並んでいました。いよいよ「おやつ屋さん」もブレイクしてきたかなと思って眺めていました。
お店のお姉さんが「保冷剤をお入れしますか」と訊いてくれたのですが、混んでいることもあり、袋にも保冷材も入れてもらわずに持ってきたのが間違いの元でした。
真っ直ぐに帰る予定でしたが、ちょっと寄り道をしたのが二つ目の間違いでした。寄り道から帰ってきたら、車の中の温度はゆうに50℃を超えているような感じになっていました。何も知らない「おやつ屋さん」は暑い車の中で鎮座していたのですから堪りませんよね。

箱の中の様子は分からずにルンルン気分で帰宅し、いつものように「ジャーン」という気持ちで開けなのですが・・・。お後はご想像の通りです。溶けて、車に揺られて、見るのも怖ろしいことになっていました。妻には叱られるし散々でした。
そんなことで中の写真は撮れませんでした。(六花亭のパンフを使わせていただきました)

惨めな姿になっていましたが、その後は冷やして美味しくいただきましたので、ご安心くださいね。(^^♪
P8060003
2019_08