カテゴリ:
Deuterのロードバイク/MTB用のバックパックを購入し、100kmライドの時に背負ってみましたので、使った感想を報告したいと思います。基本的にパンクなどの緊急時の器材や工具はサドル下の小さなバックに格納してありますので、バックパックを背負う必要はないのですが、雨具や寒いときのウィンドブレーカー、長い行程のときの行動食などを入れるのに重宝かなと思って手に入れました。 Deuterは山用にサイズ違いを他に2つ持っているのですが、今回も背面通気性を高めたエアコンフォートフレックスライトシステムのものを選んでみました。これは背中とザックの間にメッシュで隔てられた空間がありますので、背負っていてすこぶる快適です。 しかもハーネスもメッシュ素材で出来ていますから通気性に関しては言うことなしです。 容量は12.0ℓですが、ジッパーオープンで3.0ℓ増やすことが出来ます。またストリーマー3.0ℓ対応のH2Oハイドレーションシステムを備えていますので、 漕ぎながら水分補給も可能です。そうそう、使用時取り出し型のヘルメットホルダーも付いています。
コンパクトで軽いですから、背負っているという感じはなく、また背面のメッシュシステムで空間があいているせいか多少荷物に凹凸があってもフィット感は良好です。ヒルクライムで相当汗をかいたのですが、不快感を感じなかった点もお勧めです。
自転車だけではなく、低山のハイキングなどにも使えそうなモデルです。ご検討されている方の参考になればと思います。
P7300008
P7300011