カテゴリ

カテゴリ:山の麓の裾模様

わぁ~、初めてのサクランボの収穫

カテゴリ:
サクランボの花が咲いた時に、まだ一度もサクランボを収穫したことがないと記載しましたが、今日の午後にこんなに沢山のサクランボを収穫しました。いつも病気になったりカラスに食べられたりして、過去何十年も一度も庭のサクランボを食べたことがなかっただけに、とても驚いています。まだ完全に熟していないようなのもありますので、良さそうなものを選んで採取してみました。収穫しながら口に放り込んでみましたが、はじめて口にするサクランボ、美味しいです。それにしましてもカラス君、我が家のサクランボのことは忘れたのでしょうか。(^^♪
P6240017
P6240003
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

リンゴの赤ちゃん

カテゴリ:
ちょっと前に花が咲いたと思っていたリンゴですが、もうこんなに大きくなりました。種類によって違いますが、大きいもので1.5cmくらいに成長しています。リンゴ農家ではこれから袋かけの作業に入りますが、私は出来るだけワイルドに育てたいと思っていますので、数年前から無袋にしています。無袋は見かけは悪いですが、陽をたっぷり浴びた分、味は濃厚ですし美味しいです。
お気づきと思いますが、果実が小さいうちは天に向かっており、大きくなるにしたがって下向きに垂れるようになってきます。そして表面は産毛のような細かい毛でびっしり覆われています。虫を寄せ付けないような防御機能でもあるのでしょうか。
P6130010
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

今年二度目の草刈り

カテゴリ:
天気が芳しくなかったり、仕事が忙しかったこともあり、手入れが出来なかった林の中の下草刈りですが、朝から夕方までかかって刈り終わりました。刈払機は4サイクルの36ccと25ccの二つを使っており、前者の36ccは馬力があって効率が良いのですが、結構重くて、齢とともに肩への負担と取り回しがきついなと感じるようになりました。そんなことで36ccには回転刃を付けて笹などの固い茎をカットする時に、普段の作業には25ccにナイロンカッターを付けて使っています。夕方に刈り終え、草塵まみれになって全体を見渡す瞬間が至福の時です。この幸福感は草刈り大好き人間しか味わえないかなと思っています。明日の午前中に芝刈機で芝の刈込をしますと、一連の作業は完了です。
P6110006
P6110013にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

外に出た~い

カテゴリ:
このところずーっと冷たい雨が降り続いている道南です。
先日、畝を作って苗を植える準備を万端に整えたものの出番がなかなか訪れません。温室の中では「早く外に出してぇ~」って苗たちが叫んでいる声が聴こえてきそうです。6月に入りましたし、ぬくぬく温室育ちも窮屈そうで、さすがに限界かも知れません。
P6040038
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

はじめて咲いた花梨の花

カテゴリ:
存在すら忘れかけていた花梨(カリン)に初めて花が咲きました。隣町の北斗市はマルメロの産地で、秋にはとても良い香りのマルメロが鈴なりになりますが、カリンもマルメロと似たような果実がなるということで植えたと記憶しています。でも、花の色はマルメロの白色に対してカリンは濃紅色、果実はマルメロが洋梨形であるのに対しカリンはずん胴と少しずつ違うようです。また植物学的にもそれぞれ別の属に分類されているようです。10個程度しか咲いていませんので、果実に成長するかどうか疑問ですが、初めて咲いたカリンの花に心をときめかしています。
P5300029-2
P5300028
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

どこからともなくカッコウの声が・・・

カテゴリ:
今日は菜園の苗の植え付けをしようと思っていたのですが、あいにくの雨模様で外での作業は断念せざるを得ませんでした。夕方になって雨が上がり、陽が差す時もありましたので、外へ出てみましたら、どこからともなく微かにカッコウの鳴き声が聴こえていました。庭のツツジも順番に咲き出してきています。今週木曜日からはいよいよ6月ですね。
EOS-2017-05-28-0231
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

ブドウの蕾も出てきました

カテゴリ:
ブドウ棚の張り綱がだいぶ緩んできていますので気になっているのですが、まだ手付かずの状態です。そんな思惑など御構い無しに蔓を伸ばして葉を広げ、その先っぽには蕾が付き始めました。夏には空が見えないくらいに葉が繁茂するのですが、今の時季の葉や蕾はさすがに小さくて可愛いです。今年の北海道は夏が暑いような予報が出ていましたので、秋には美味しいブドウが沢山収穫できればいいなと思っています。面白半分の素人栽培ですから、キャンベルやポートランドなどに加え、マスカット・ベリーA、スチューベン、巨峰など様々な種類を植えています。(^^♪
P5260046
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

これが本当に最後のサクラ・・・

カテゴリ:
時間のある時に草刈りをしていますが、あと残りわずかになりました。昨日刈ったところでも一日で1cmほど伸びているところがありますので、秋までこの作業が続くことになります。そうそう、ギリシャ神話で山の上に石を運ぶことを何度も繰り返すようなお話がありましたね。私は神々の怒りを買った覚えもありませんし、好きでやっていますので、神話とはちょっと違うかなと思っていますが、やってることは似たようなものですね。(笑)

草刈りの手を休め樹上を見ますと、ウワミズザクラ(上溝桜)の白い花が咲いていました。とてもサクラとは思えないような穂状の花房で、一つ一つはとても小さな花です。秋には黄~赤色の小さな果実がやはり穂状に枝先について、とても綺麗です。
EOS-2017-05-22-0214-2
P5250027-2
花びらの周囲や雄しべが、ほのかにピンク色に染まっているものを見つけました。林の中には数本のウワミズザクラがあるのですが、花の盛りが過ぎるとこのように変化するものなのか、あるいは個体差なのかよく分かりません。ピンク色の花穂のものも可愛いです。
P5250057-2
P5250041-2
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

初夏を告げるエゾハルゼミの声に包まれて

カテゴリ:
新緑が一段と濃くなった山の麓です。緑が濃くなるのと同時に草丈も高くなりましたので、数日前からボチボチと草刈りを始めたところです。周囲の林からは「ジーーーー」という声に続いて「ミョーキン・ミョーキン・ケケケケ・・・」というちょっと変わったエゾハルゼミの鳴き声が聴こえてきます。5月も下旬、北国にも初夏が近づいているようです。
P5220018
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

鈴蘭のようなブルーベリーの花

カテゴリ:
連日、初夏のような天気が続いている北海道です。
花が散ったジューンベリーやプルーンには小さな可愛い実がついています。ブルーベリーも種類によってばらつきがあるのですが、もう満開を迎えているものがあります。ブルーベリーの花はスズランと同じくらいの大きさで形もよく似ていますが、落花間近になりますと全体に薄い紅色を帯びてくるようになります。今年も沢山なればいいなと思っています。
P5210046
P5200030-2
こちらの薄い白黄色の花、花弁には繊毛のようなものが生えていますし、形もかなり特異な形状をしています。この花の名前がお分かりになる方は、相当な北海道通といってよいかも知れません。第一のヒントは苫小牧の勇払原野に大群落を形成して自生しています。第二のヒントは苫小牧の美味しいお菓子『よいとまけ』に甘酸っぱいジャムとして使われています。もうお分かりですね。ハスカップの花です。語源はアイヌ語のハシカオプ(haskaop)なのだそうです。
我が家のハスカップは1本しかありませんし、土壌が合っていないせいか、まともな実が出来たことはありません。今年はどうでしょうね。
P5210045-2
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

スズランの香りが漂って

カテゴリ:
スズランが咲き出して、とても良い香りがしています。
子供の頃は野生のスズランをよく目にしていたのですが、殆どの庭に植えられているのは園芸種のドイツ・スズランと思われます。良い香りに誘われて虫などが近づいても良さそうなのですが、似たような花のドウダンツツジに比べても蜂などの数が少ないようです。背が低いこともありそうですが、可憐な花に似ず猛毒を持っていることとも関係しているのでしょうか。
P5210028
P5210036
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

ナナカマドの花の咲くころ

カテゴリ:
5月も20日になり、ナナカマドにも白い小さな花が咲き出しました。街路樹などにもたくさん植えられていますが、比較的高木になりますし、花はとても小さいので、個々の花を見る機会はあまり多くはないように思われます。ちょっとアップにしてみますと、雄しべの先の花粉部がややピンクっぽいのが可愛いです。秋には小さな赤い実をたくさんつけて、これに雪が降り積もったりするととても綺麗です。そうそう、秋の紅葉も真っ赤になって見事ですよね。
P5200069-2
P5200071-2
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

プルーンもリンゴも満開

カテゴリ:
数日前に花がほころびたリンゴですが、晴天に誘われるようにほぼ満開になりました。そばのシュガー・プルーンの木にも沢山の花が咲いています。リンゴと同じ桜の仲間と思いますが、雌しべや雄しべが特に長いようで、一見イソギンチャクの触角のような感じさえします。花が散りますと、すぐに小さな実がなりますので、この段階で初回のシンクイムシのための防除を予定しています。
P5120094
P5170012
P5120111
こちらはほぼ満開になったリンゴです。七飯町は西洋リンゴ発祥の地ですので、沢山のリンゴ農家があります。いろいろな種類が植えられていますが、昔ながらのリンゴでは紅玉が僅かにある程度で、国光(雪の下)やデリシャス、インドなどと云うのは殆ど見かけなくなりました。今はインパクトに欠ける甘ったるいリンゴばかりで、個性派揃いだった昔のリンゴが懐かしく思われます。
作業はそろそろ摘花が始まり、少ししてから摘果と続きます。
P5180017
P5180012
P5180011
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

さりげなくも存在感を示す ベニバナハナミズキ

カテゴリ:
庭の一角にあるハナミズキが咲き出しました。ここ数日、寒くて庭に出るのが億劫なこともありましたが、雨上がりの間隙をついて出てみましたら、さりげなくも存在感のある花が周囲の緑と対比するように咲いているのに気づきました。しかもこのところの寒さと強い風に晒されながらも凛として咲いている姿をみますと、見かけによらず強靭な花のような感じがします。花弁のようにみえるのは総苞片というものらしく、本当の花は中央の黄緑色にみえるものだそうです。それにしましても、ハナミズキってネーミング、何となくいい響きですね。(^^♪
P5150049
P5150048
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

リンゴの花ほころび・・・

カテゴリ:
今日も寒い一日でした。本州のほうは真夏日で熱中症対策などと賑やかですので、10℃くらいこちらに分けていただけないものかと思っています。(^^♪
そんなはっきりしない空模様ですが、リンゴの花の時期を迎えました。私の中では、いろいろな思い出があったりして五本の指に入るくらいに好きな花です。特に赤い蕾がパッと開いて白い花びらが見える頃がいいなと思っています。寒いせいか、今日の段階では一分咲き程度ですが、青空のもと満開になった光景もご覧いただければと思っています。
P5150028
P5150033
P5150036
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

一雨ごとに緑が濃くなり・・・

カテゴリ:
今日は朝から冷たい雨と強風で朝刊を取りに外に出ただけでした。この辺ではヤマセと呼ぶ東風が吹くと気温が下がることが多いのですが、最高気温が8℃ということですから観光客も震え上がっていることと思います。私のところの菜園はまだ何も植えていませんが、農業関係の影響も心配なところです。カッコウの初鳴きが植付の一つの目安ということを前に書きましたが、カッコウは今頃どの辺まで北上したのでしょうね。
そんな気候変動の振れ幅の大きさを実感しつつも、いつものように緑は着実に葉の数を増やし、その色も一段と濃くなってきました。ガーデニングなどと云う恰好のいいものではありませんが、北国にも植付や草刈りなどで忙しい時季が巡ってきました。
EOS-2017-05-14-0199
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

macotoガーデンの桜 ③

カテゴリ:
今日は朝方に曇っていましたが、お昼過ぎから青空が見えてきました。
今日の庭の桜は鬱金桜です。1本が満開で、もう1本は5分咲き程度です。咲き始めは淡い黄色っぽい花なのですが、少し時間が経つと白っぽくなり、最後は中心部から薄いピンク色に変化します。別名を黄桜ともいうらしく、江戸時代から風情のある桜として親しまれていたようです。京都伏見のお酒として、また河童マークとして馴染みの深い清酒「黄桜」はこの桜に由来しているようですね。

もう一つは、桃の花です。この桃は種から育てたものなのですが、もともとは小さな実をつける親木があって、その子供にあたる幼木です。親木は手入れが悪いものですから根元から腐ってしまい切ったのですが、3本の子供は見事に成長して沢山の花をつけました。本州では桃の節句と言いますから、3月頃に咲くのでしょうが、北海道は桜も梅も、おまけに桃も一緒です。
111317
P5120118
P5110058
P5110049
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

macotoガーデンの桜 ②

カテゴリ:
本州では30℃を超えるような暑さだったようですが、北海道は朝から小雨が降り続いて肌寒い一日でした。我が家ではストーブを炊いたり、温室の窓もすべて閉めるような状態でした。
今回はそんな雨にも寒さにも負けずに咲いている「陽光桜」です。まだ植えて数年の幼木ですが、今を盛りに咲いています。調べてみましたら、天城吉野と寒緋桜という桜の交配によって作られた品種なのだそうです。作者は愛媛県川内町の高岡正明さんという方です。高岡さんは戦時中に教師をしており、数百名の教え子たちを戦地に送り出しましたが、教え子たちの戦死の知らせが次々と届いたことで自責の念に駆られ、戦死した教え子たちの慰霊のために、新しい桜の品種の創出に一生を捧げたそうです。その結果、25年もの歳月をかけて暑さにも寒さにも強いこの「陽光桜」が生み出されとのことです。
一重で染井吉野に似ていますが、寒緋桜の面影が残っているようで淡い紅色が上品でとても美しい桜です。花びらから雨の雫が静かに落ちている姿を見ますと、高岡さんの深い思いが伝わってくるようです。

そうそう、昨年から今年にかけて、この桜に纏わる映画『陽光桜 -YOKO THE CHERRY BLOSSOM-』が上映されているようです。大好きな笹野高史さんが高岡さん役を演じているようですが、公式には初めて主演映画なのだそうです。とても感動的な映画のようで、ぜひ見たいと思っています。
P5110076-2
P5110078-2
P5110065
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

macotoガーデンの桜 ①

カテゴリ:
五稜郭、松前、森と近郊の桜の名所を紹介してきましたが、肝心の我が家の桜のことを忘れていました。ヤマザクラだけは数日前にご覧いただきましたが、これは私が植えたものではなく、勝手に雑木林に生えているものですから、私が威張っていえるようなものではありません。
こちらのピンクの桜は、私が植えたもので八重の枝垂桜です。昨年まではもう少しショッキングピンクに近いような花色でしたし、ぼてっとした花つきの姿からも風情がないと我が家ではあまり好意的にされていなかった桜です。そんなことで植えた私は肩身の狭い思いをしていたのですが、今年はどういう訳か花色がとても綺麗な桜色に変化して咲き出しました。まだ数日は持ちそうですし、一躍スターダムにのし上がった桜は例年にも増して晴々としているようです。こんなこともあるのですね。
P5090028
こちらはサクランボの花です。種類は佐藤錦とナポレオンだったように記憶していますが、もう昔のことですから定かではありません。こんなに花が咲いているのですから、沢山サクランボが成るのですが、一度も食べたことがありません。すべてカラスやヒヨドリのデザートになってしまいます。このお客さん達は時を計ったように実が熟したころを見計らってきますので、まったくお手上げです。サクランボは買って食べるものと割り切っていますので、これは彼らへのせめてものお裾分けですね。(笑) 
P5090069
P5090076
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

ナルキッソスというのが分かるような・・・

カテゴリ:
先月下旬から雑木林の中に植えたスイセンが今が盛りと咲いています。自分で買ったものや知人からいただいて植えたものが増えて楽しませてくれています。植えた憶えがないような花色のものまでいろいろと咲いていますが、今回は花弁の白いものだけを選んでみました。
スイセンは、日本水仙や西洋水仙など沢山の種類があるようですが、これらは西洋水仙のカップ咲きと呼ばれる種類なのかも知れません。後ろの白いところは花弁と書きましたが、調べてみましたら6枚のうち前に出ている3枚が花弁で、交互して後ろにある3枚は萼(がく)なのだそうです。先日、掲載しましたエンレイソウのような感じですね。そして、中心にある筒状の部分は副花冠(ふくかかん)というらしく、華やかにすることで花粉を媒介する蜂などの昆虫を招く役目をしているようです。
それにしましても、ギリシャ神話に出てくるナルキッソス(ナーシサス)というのが、分かるような気がしますね。
P5030136
P4270069-2
P5030121
P5030119-2
P4300039
P5030129
P5030138IMG_0732
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

春風に揺れる山吹

カテゴリ:
ゴールデンウィーク最後の日曜日、風が強く黄砂の影響なのでしょうか、ぼんやりと靄がかかったような空模様です。ソメイヨシノは散り始めて、花びらがひらひらと風に舞っています。代わって大好きな山吹が咲き出しました。強い風に吹かれてゆらゆらと揺れて、なかなかピントが合いませんが、そんな春風に揺れる雰囲気が伝われば嬉しいです。
IMG_0920-2
IMG_0928-2
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

目に眩しい春紅葉

カテゴリ:
このところの高温傾向で、カエデ類が一斉に葉を広げつつあります。カエデ類の葉の出始めは特に綺麗で陽の光が当たるとキラキラと輝いて目に眩しいくらいです。裏山でも新緑とともに春紅葉が見られてとても綺麗です。気持ちのいい季節を迎えましたね。
IMG_0816
IMG_0793
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

ジューンベリーが満開に

カテゴリ:
小さな白い花をたくさんつけるジューンベリーが満開になりました。私のところには2本ありますが、1本でも結果して、本州ではJune(6月)に、北海道では7月に赤黒い果実を鈴なりにたくさんつけます。清楚な白い花はとても綺麗ですし、果実をつけた状態も可愛らしく、また秋の紅葉も見事と、3拍子揃った素敵な木です。熟した果実は採取後にそのまま冷凍してヨーグルトとともにいただいたり、またジャムにしたりします。
IMG_0779
IMG_0823
IMG_0778
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

北海道は梅も桜も一緒に

カテゴリ:
庭に数本のブンゴウメとコウバイの樹があり、今が盛りと咲いています。本州では考えられないでしょうが、北海道では梅も桜も開花はほぼ一緒です。これらの樹も大きくなりすぎて昨秋にバッサリと短くしましたので、今年は花があまり咲いていません。「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」といいますが、何でも手に負える範囲にしておくのが賢いかなと考えています。
コウバイは花を楽しむだけですが、ブンゴウメは毎年沢山の実を付けますので、自家製の梅干しにしています。桜はあんなに沢山の花をつけているのに殆ど匂いはしませんが、梅は近づくとほのかにいい香りがします。
P4300005
P4300009
P5010001
P5010004
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

ヤマザクラが満開に

カテゴリ:
山の麓は次から次と花が咲いてとても忙しい時季を迎えています。ソメイヨシノは3分咲き程度ですが、数本あるヤマザクラは満開を迎えました。ソメイヨシノの花色は白っぽい感じですが、ヤマザクラとりわけ北海道のエゾヤマザクラは色が濃いのが特徴です。ソメイヨシノはクローンですからどこで見る花も同一ですが、我が家にある数本のヤマザクラを見ていますと、それぞれ花色の濃淡があったり、葉の出るタイミングに早遅の違いがあったりと意外と個性的なことに気付きます。写真はそれぞれの樹からランダムに撮っていますが、お気づきになる点はあるでしょうか。
P4290019
IMG_0503
P4290035
IMG_0473
IMG_0456
IMG_0463
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

居ながらにして山菜三昧

カテゴリ:
行者ニンニクはすでに葉が開いて蕾も付けていますが、山ウドはやっと顔をのぞかせてきました。初物の山ウドの天ぷらは好物ですので、そんな出始めのものを収穫しました。三つ葉も雑草のようにたくさん生えていますので、これも天ぷらにしてみます。ほんの少し前にフキノトウが出たと思っていましたら、フキもご覧のように立派なものが沢山収穫できました。まだ早い時期のものですので、虫は殆ど入っておりませんし、切るとポタポタと水が滴るほどに瑞々しいです。居ながらにして山菜三昧ですから、田舎暮らしも捨てたものではありませんね。(^^♪
P4290090
P4290091
P4290093
IMG_0515-2
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

春の樹木の一番手 木蓮と姫コブシ

カテゴリ:
早咲きのエゾムラサキツツジはすでに咲いていますが、大きな樹木のトップバッターは木蓮と姫コブシです。いずれも昨年の秋に大きくなりすぎてバッサリ切りましたので、今年は本当に申し訳なさそうなくらいの僅かな花しかついていませんが、それなりに咲いてくれました。花弁は強い風や雨ですぐ傷んでしまいますが、春を告げる花として存在感があります。
IMG_0434
P4290101
P4290104
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

macotoガーデンの妖精 エンレイソウ

カテゴリ:
近郊の里山などで出会ったスプリングエフェメラル(春の妖精たち)を何度か紹介してきましたが、今回は私のところの裏の林の中で発見したエンレイソウです。
エンレイソウは、春から初夏に低地からやや高い山の、落葉樹林のやや湿った場所に生えます。ユリ科の多年草で葉が3枚、萼が3枚、そして花弁が3枚で見かけるとすぐ分かる植物です。

まずは1枚目のエンレイソウ、内側に紅紫色の花弁(内花被片)と外側に緑色に淡紅紫色を帯びた萼(外花被片)があるのが特徴的です。松前沖にある無人島の松前小島に由来するコジマエンレイソウに類似していますが、私の感じではエンレイソウとシロバナエンレイソウの自然交配種ヒダカエンレイソウかなと思っています。

2枚目は花弁が白く清楚な感じのするシロバナエンレイソウ(ミヤマエンレイソウ)です。雌しべの先や雄しべの側面の色がそれぞれの花弁の色と類似しているのが面白いです。

3枚目は一般的なエンレイソウです。この仲間で唯一、花弁がない種類です。花弁に見える部分は萼で、普通は緑色に淡紅紫色を帯びています。まれに萼が澄んだ緑色のトイシノエンレイソウというのがあるらしいですが、私は見たことがありません。

そんなことで、3種類のエンレイソウが自然交配の可能な数mの範囲内にありましたので、1枚目のエンレイソウはヒダカエンレイソウに違いないと思っていますが、コジマエンレイソウとの鑑別は難しいようです。わがmacotoガーデンにもこんな春の妖精たちが乱舞しているのですから嬉しくなってしまいます。
P4270122
P4270125-2
P4270132
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

ちょっぴり緑が濃くなってきた山の麓

カテゴリ:
4月も20日を過ぎ、山の麓もちょっぴりと緑が濃くなってきました。
クロッカスは盛りを過ぎましたが、水仙などが少しずつ咲き出してきましたし、木蓮やコブシなどは数日中に開花しそうな気配です。桜や梅も開花秒読みといった感じですので、ゴールデンウィーク前にお花見が出来そうです。菜園のほうはまったく手付かずの状態ですが、例年ゴールデンウィークに集中的に作業をしますので、焦らずにボチボチといった感じで構えています。
IMG_04281
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

エゾムラサキツツジが満開に

カテゴリ:
庭のエゾムラサキツツジが満開になりました。「江戸」ではなく、「蝦夷」ですのでお間違いなく・・・(^^♪
その名の通り、北海道の山野には自生しているようで、北見市留辺蘂の温根湯温泉近くには大きな群落があって北海道の指定天然記念物になっています。函館市内にも街路樹として普通に見られ、今の時期には濃いピンク色の花をたくさんつけて楽しませてくれます。一本だけ赤くて可愛いのが雌しべで、周りに10本あるのが雄しべです。この花が終って順番通りに行くと、いよいよ梅と桜が開花します。コブシが先かも知れませんね。
P4160002
P4160008-2
P4160139
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

チオノドクサも満開

カテゴリ:
クロッカスが盛りを過ぎた感じですが、代わってチオノドクサが満開を迎えています。
個人的にこの花が大好きで、毎年花が咲くこの時季を楽しみにしています。クレタ島、キプロス、トルコなどが原産のようですが、比較的冷涼な気候を好むようで、南の暖かいところではうまく生育しないようです。ギリシャ語の雪を意味する chion と、輝きなどを意味する doxa が一緒になってchionodoxaとなったのが語源だそうです。植えっぱなしのほったらかしですが、毎年凄い勢いで増え続けて、無数の満天の星がキラキラと輝いているようでとても綺麗です。
B4090004
W4090008
B4090198
B4090052
W4090020
B4090031
SB4090032
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

カタクリも咲きました

カテゴリ:
このところの陽気に誘われてカタクリも咲き出しました。一昨年の秋に球根を10個ほど購入して植えたものですが、昨年の春はまったくダメで、やっと今年の春にこれだけになりました。シンプルな花ですが、色が春に相応しいですし、花弁が反り返っているのも何となく可愛いですね。隣の北斗市の木地挽高原にはカタクリの大群落があるのですが、もうそろそろ見頃を迎える時季かも知れません。
P4090169
P4090193
P4100019
P4090166
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

沢山のクロッカスに囲まれて

カテゴリ:
このところの陽気に誘われてガーデニングを本格的に始めました。冬に枝切りをしたリンゴやブドウの落ち枝を片付けたり、肥料をやったりすることからスタートです。そうそう、ハコベなどの雑草も雪解けの今は根が浅く、この時期に一度雑草取りをすると後々楽ということを聞いたので、これも忘れずに完了です。
裏の雑木林にだいぶ前に植えたクロッカスが増えて沢山咲き出しました。まったく手をかけていませんので、落ち葉などを肥料にして逞しく成長しています。クロッカスやチオノドクサ、水仙などはあまり手をかけないで、野生に近い感じにしておいた方が色合いが鮮やかになるような気がしますが、どうでしょう。
若い頃にスイス・ジュネーヴ近郊のフランス国境沿いに連なる標高1000m前後のジュラ山脈へハイキングに行ったことがあります。早春の今頃だったと思いますが、ハイキングコースのあちらこちらに沢山のクロッカスやジョンキーという黄色い水仙が咲き乱れていたことを思い出しています。贔屓目なのかも知れませんが、あの山で見たクロッカスが最高だったかなと思っています。
P4040080
P4050044
P4040112
P4040120
P4050050
P4050020
P4050012
P4050030
P4050004
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

春の味覚・第一弾

カテゴリ:
北海道は帯広で気温が23度になったそうで、当地でも暖かい一日でした。
我が家の庭でもクロッカスやチオノドクサが満開になっています。裏庭の行者ニンニク(キトビロ)も少し成長しましたので、一回分食べるだけ採取してみました。麻婆豆腐入れたり、卵とじにしてみましたが、独特の風味と甘みがあって美味しいです。
よくスズランと間違うと言いますが、確かに葉っぱだけ見ますと似ていますね。でも北海道に限って言えば、生育する時期が1ヶ月ほども違いますし、葉や茎を擦った時の匂いが全く違います。行者ニンニクは強烈な匂いがしますので、まず間違うことはないと思います。
P4040136
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

山の麓は一気に春

カテゴリ:
春のお彼岸を過ぎると北国にも本格的な春がやって来ます。いつもの年ですと、雪割をするくらいに雪が残っているのですが、今年は庭の片隅に少しだけ白く見えるだけで殆ど解けてしまいました。福寿草に続いて、早咲きのクロッカスもポツリポツリと咲き出してきました。梅の蕾も膨らみだしていますし、春の到来が間近って感じです。
EOS60D-2017-03-23-0151

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

山の麓も春のお彼岸らしく

カテゴリ:
春分の日を迎え、山の麓も一気に春めいてきました。
裏の雑木林のネコヤナギも綿毛を大きく膨らませていました。ここ数日の暖気で植物も一気に活気づいてきたようです。雪の解けたところでは、福寿草と一緒にギョウジャニンニク(キトビロ)も芽を伸ばしていました。今週末には最初の収穫が出来るかもしれません。
P3200062

P3200069
P3200048
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

わぁ~、福寿草が咲きました

カテゴリ:
昨日までまったく気が付かなかったのですが、3輪だけ福寿草が咲いているのを発見しました。一昨日から気温が高く、雪解けが進んでいましたので、それで一気に芽が出て開花したのですね。この花が咲くと北国にも本格的な春が来たなと思います。
庭の別の場所で、雪の間から早咲きの何かの葉が伸びていました。一年ぶりの再会の喜びをからだいっぱいに表現しているようですね。
P3130016P3130029
P3130036

冬に逆戻り

カテゴリ:
朝の3時頃に除雪車の音がしていたので、雪が降っているのかなと思ったのですが、朝に玄関のドアを開けたら案の定15cmほど積もって冬に逆戻りしていました。すんなりと春になることはないのですね。ただ、真冬とは違って、通勤時に通る高速道路や幹線道路は殆どが解けていて、思ったほどの渋滞にはなっていませんでした。
近くの農家では、そろそろ春蒔きのカブのトンネル栽培も始まる頃でしょうし、私のところの温室でも菜園の種蒔きの準備をしなければと思っているところです。
P3100003
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

春はそこまで

カテゴリ:
函館市内の陽の当たるところの雪は殆どなくなりましたが、私の家の周りの積雪も限りなく少なくなりました。今年は雪が少なく、生活する分には楽でしたが、水資源や農業などへの影響はどうなのかなと思っています。福寿草やクロッカスなどもこの分では早く咲き出すことでしょう。北国にも春は着実に近づいてきているようです。
EOS60D-2017-03-05-0140-2
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

三寒四温と言いますが・・・

カテゴリ:
朝から湿った雪が断続的に降っている北海道南部です。積雪は10cm前後と例年に比べても少なく、このまま春になってしまうのではと思わせるこの冬ですが、まだ油断は出来そうにありません。早く春になって欲しい気持ちと、スキーのためにはもう少し冬のままでいて欲しい複雑な気持ちが交差しています。
庭の木蓮の蕾はまだまだ膨らむ気配を見せておらず、ジッと春を待ち焦がれているような感じです。暖かそうな毛の中には小さな木蓮のもとがきれいに折りたたまれて仕舞い込まれているのでしょう。三寒四温・・・あと一週間もすると3月ですね。
P2190045
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

今日は寒かった・・・

カテゴリ:
今日の朝は-10℃以下まで気温が下がったようで、寒かったです。夜中に除雪車の音がしていたので、雪を覚悟していたのですが、朝に窓を開けてみたら殆ど積もっておらず拍子抜けしてしまいました。
でも、通勤時間帯の渋滞が凄かったです。路面がツルツルというのもあるのですが、普段は30分程度で行くところが3倍も時間がかかりました。ナビの地図で見ましたら、私が通る道路は殆どが両方向とも赤くなっていましたので、今日の渋滞はすさまじかったようです。
同じ北海道の空知管内南幌町ではホワイトアウトが原因と思いますが、25台もの車の玉突き事故があったようで、雪道を運転するものとして怖いなと思っていました。先日、新潟から営業で来ていた方とお話をする機会があったのですが、同じ雪国でも北海道の道路は全く別物と仰っていました。レンタカーなどを借りて北海道の冬道を運転する際には十分に注意をしていただきたいと思っています。
IMG_0392-2
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

休業が続くバード・レストラン

カテゴリ:
昨シーズンまでオープンしていたバード・レストラン、今シーズンは一度もオープンしていません。昨シーズンお越しいただいていたシジュウカラやヤマガラが憶えていて、たまにお越しになりますが、閉店と知ってすぐ飛び立っていきます。

やはり怖いのは高病原性鳥インフルエンザです。大沼公園にある白鳥台セバットも立ち入りが制限されていたり、餌付けも禁止されているようです。各地で野鳥からH5N6亜型の感染が確認されていますし、中国では昨年11月に死者も出たと報じられています。先日のNHKスペシャルによりますと、このウィルスによるパンデミックはいつ起きてもおかしくない状況にあるようで、起きたら社会の機能がマヒするだろうという怖い予測を話していました。
そもそもこの鳥インフルエンザ・ウィルスが人間への感染が起きにくいのは、鳥と人間との体温差に起因するそうです。一般的に鳥の体温はとても高く、40~42度といわれていますし、人間は36度前後ですから、高温を好む鳥インフルエンザ・ウィルスは、この温度差をなかなか越えることが出来ないのだそうです。でもウィルスもなかなかやるもので、標的になったのが中間的な体温の豚なのだそうです。豚は結構いろいろなウィルスに感染するらしく、感染した豚の体内で遺伝子の組み換えなどを行って、人間の体温にも対応できる性質を獲得しつつあるといいますから怖いです。

それとウィルスと関連して温暖化も問題があるようですね。シベリアの永久凍土が融け出していることは知っていましたが、その凍土に閉じ込められていた数知れない未知のウィルスが融けた土とともに放出されているようです。

いずれも怖いお話ですが、まず身近なところで出来るのは丁寧な手洗いくらいでしょうか。そうそう、ワクチンの開発と治療薬も期待したいですね。
EOS60D-2017-01-29-0096
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

一気に積もりました

カテゴリ:
年末年始はまったく雪がありませんでしたが、ここに来てからの寒波で一気に雪が積もりました。積雪は20cmほどでしょうか、ふんわりと真っ白な雪が屋根に降り積もっています。これでスキー場はいいコンディションになっていることでしょう。
EOS60D-2017-01-13-0088
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

春待月も残りわずか・・・

カテゴリ:
春待月・・・北海道に暮らす者にとっては、何となくぴったりくるような12月の呼び名です。本州の暖かいところでは、水仙が咲いたり、梅がほころんだりしているところもあるようですが、北海道はこれから本格的に寒い時期を迎えます。それでも冬至を過ぎてから日毎に陽の光が増してきますので、気分的には少しずつ春が近づいている実感があります。春待月も残り2日になりましたね。
軒の小さなツララに夕日が当たり、滴り落ちる水滴がキラキラと輝いてきれいです。
PC250024PC250013_1
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

師走とは思えない凄い天気の道南

カテゴリ:
北海道南部は発達中の低気圧の接近で気温が高く、雨と風で凄い天気になっています。札幌や帯広、釧路など道央から道東にかけては50~60cmの降雪でこちらも凄いことになっているようです。今日オープン予定だった近隣の数か所のスキー場はすべて雪不足で1週間ほど延期になってしまいました。私がホームグラウンドにしている七飯スノーパーク・スキー場はすでにオープンしゴンドラも動いているのですが、やはり雪不足で所々ブッシュが出ているようです。準備万端整えているのですが、まだ一度も滑っていません。この雨は夕方から雪に変わるようですが、雪は山にだけどっさり降って、街には降らないで欲しいなと勝手なことを思っています。
EOS60D-2016-12-23-0072
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

朝のひと時の芸術

カテゴリ:
温室の窓ガラスがこの寒さで真っ白になり、それに朝日が当たってキラキラと輝いて綺麗です。朝日で温室内の温度が上がってきますと次第に解けてきますので、ほんの数分だけの自然が演出した芸術です。カメラを握る手に息を吹きかけながらの撮影です。凍えるような寒い朝のひとコマでした。抜けるような真っ青な空を背景に、鳥の羽毛のようにも、樹氷に覆われたトドマツ林のようにも見えます。
PC110036
PC1100471-2
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

北海道は広い

カテゴリ:
道央は大雪になっているようで、札幌は積雪65cmとか。千歳空港では1000人の方々がターミナルビルに宿泊されたということですから凄いことになっているようです。
同じ北海道でも道南の七飯町は現在のところ積雪はゼロです。昨日の感じでは函館のほうがちょっぴり積雪が多く、函館駅前のビル陰では路面がツルツルになっていました。ただ今朝は霜が降りてログの屋根が真っ白になるくらい寒いです。
今日から町内のスキー場はオープンですが、この感じでは人工降雪機でガンガン雪を作って漕ぎつけたのでしょうね。今日のところ私は様子見です。
EOS60D-2016-12-11-0047
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

金星と月の接近日だったようですね

カテゴリ:
帰宅してコーヒーを飲みながらふと窓の外を見ますと空が見事な朱に染まっていました。いそいそとカメラを取り出して覗いて見ますと、上弦の月と金星があたかも配置したようにアングルの中に収まっています。
自然のこととはいえ、こんな見事なお膳立てがあるのかと調べてみましたら、今日は金星と月が接近する日だったのですね。ちょっと前の午後4時半過ぎに我が家の窓から思いがけず撮影した一枚です。今からでも大丈夫ですので、ちょっと外へ出て空を眺めてみてください。
※画像をクリックしますと大きくなりますので、金星も確認することが出来ます。
EOS60D-2016-12-03-0035
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

スキー場が喜びそう

カテゴリ:
朝から湿った雪が降り続いてる函館、七飯です。函館では昨日からクリスマス・ファンタジーが始まりましたので、この雪が彩を添えることでしょう。
現在は5センチ程度ですが、まだ降り続いていますので、10日オープン予定のスキー場はホッとしているかもしれません。このへんではまだ根雪にはなりそうにありませんが、本格的な雪のシーズンになったことは間違いないようです。ワンコとスキー場だけが喜ぶ雪ですね。
ああ・・・、そうそうスキーヤーやボーダーもでしたね。(^^♪
PC020024
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

籠いっぱいのリンゴ

カテゴリ:
さすがにこの寒波では凍ってしまうと思いリンゴを収穫しました。
木が太くなってきていますし、春に咲く花芽の数も多くなっているせいか年々収穫数が増えています。剪定、摘花、摘果そして消毒などをしてきましたが、鳥害や台風などに耐えてよくぞここまで大きくなったものと感慨ひとしおです。大小さまざま、形もバラバラでとても人さまへお見せできるような代物ではありませんが、籠を覗いてひとり悦に入っています。
そうそう、鳥の分は木に残してありますよ。(^^♪
IMG_0081IMG_0086
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

このページのトップヘ

見出し画像
×