カテゴリ

カテゴリ:山の麓の裾模様

籠いっぱいのリンゴ

カテゴリ:
さすがにこの寒波では凍ってしまうと思いリンゴを収穫しました。
木が太くなってきていますし、春に咲く花芽の数も多くなっているせいか年々収穫数が増えています。剪定、摘花、摘果そして消毒などをしてきましたが、鳥害や台風などに耐えてよくぞここまで大きくなったものと感慨ひとしおです。大小さまざま、形もバラバラでとても人さまへお見せできるような代物ではありませんが、籠を覗いてひとり悦に入っています。
そうそう、鳥の分は木に残してありますよ。(^^♪
IMG_0081IMG_0086
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

一夜にして真っ白に・・・

カテゴリ:
昨晩までまったく雪がなかったのですが、朝起きてカーテンを開けたらご覧の景色に変わっていました。5㎝程でしょうか、真っ白なスノー・ホワイトの世界に朝日が降り注いできれいです。雪かきや冬道の運転など大変なことが多いのですが、反面ウィンター・スポーツの幕開けに胸をときめかせています。この週末にでもスキー板のチューンナップにとりかかろうと思っています。
EOS60D-2016-11-25-0019
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

すっかり葉が落ちてしまって・・・

カテゴリ:
雪まじりの強い風が吹き、最後まで頑張っていた栗の葉がほとんど落ちてしまって、寂しいというかとても見晴らしがよくなりました。雪が積もって白一色のところに日が差したりすると、それなりに暖かい感じがするのですが、その前の時季の景色が一番寒々しているかなと思ったりしています。
あと一週間もすると師走、真っ白になるのはもう目の前です。
IMG_0060
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

本格的な雪が降る前に

カテゴリ:
全国的に寒波が押し寄せているようで、函館や七飯もとても寒い勤労感謝の日になっています。
朝から雪が降ったりやんだりして、外に出るのを躊躇うほどですが、元気に勤労できることに感謝する日ですから頑張って先日伐採した木の整理にとりかかっています。チェーンソーを使うほどの大きな枝はないので、ノコギリでギーコギーコやるのですが、これが結構大変でじんわりと汗ばんできます。そして手に細かい傷をつけたりしつつも無事完了です。これで当面は大丈夫でしょう。
林檎もうっすらと雪が降り積もったりして寒そうです。ヒヨドリにだいぶやられているようですので、近々採り入れる予定です。
PB230034
PB230009
PB230017
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

蜜をいっぱい溜め込んで・・・

カテゴリ:
毎朝2個くらいずつ採ってきて食べていますが、寒くなるにつれて少しずつ芯の部分に蜜が含まれるようになってきました。ヒヨドリがやってきて一緒に突いていますから、彼らも甘くなるのを知っているようです。彼らの食べ物に対するカンの鋭さには舌を巻くしかありません。
近くのリンゴ農家ではすでに収穫が終わっているところがあったり、まだ木に沢山のリンゴを付けている農家があったりと様々ですが、品種によって採り入れ時期が異なるのかもしれません。私のところは陸奥、フジ、王林の3本ですが、もう少し木に付けておこうと思っています。柿などはすぐ凍っちゃいますが、リンゴは氷点下になっても結構凍らずら持ちこたえることが出来ますので。
一層赤みが増してきましたので、この上に雪が積もってもきれいでしょうね。
IMG_1519IMG_1526
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

山の麓は初冬の佇まい

カテゴリ:
昨日までの暖かさから一転して雪がチラチラ舞いだした道南です。今年の冬は降水量(雪)が多く、寒暖の差が大きいという長期予報が出ていますが、どんな冬になるのでしょう。スキー場にだけどっさりと降って、街は少ないといいなあなんて勝手なことを期待しています。
日曜日に木の枝払いというか大幅に低く伐採・剪定しましたので、すっきりしました。街の中に住んでいる方々から大きくなり過ぎた木の処理の悩みを聞くことがありますが、私のところではそれほど大きな問題ではありません。枯葉や細い枝などは野積みで堆肥になりますし、やや太い幹などは適当に切って支柱にしたりとそれなりの用途に充てることにしています。
真っ白の世界になるのはもうすぐです。
IMG_1492
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

凍てつく朝の一瞬の輝き

カテゴリ:
放射冷却で凍てつくような寒い朝でした。
カーテンを開けたら霜が降りたところに朝日が当たってキラキラと輝いていましたので、白い息を吐きつつ大急ぎで撮影しました。日が当たるとあっという間に融けてしまいますので、光が差したほんの一瞬だけ楽しめる光景です。葉の縁や葉脈に沿って小さな氷がつき、それがキラキラと輝いてとても綺麗です。数分の後には氷はすっかり解けて、ただの水滴になってしまいました。
自然もなかなかやるものです。
PB140044PB140039
PB140025
PB140060
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

冬から逆戻り

カテゴリ:
真冬のような寒さから一転して昨日今日と暖かい日になっています。室内でちょっと動くと汗ばむような陽気ですので、外に出た時との温度差に気を付けないといけないようです。
先日の雪の影響で、少し残っていた紅葉はほとんど落ちてしまいましたし、栗などあまり葉を落とさない木は茶色に変色しています。林の中もだいぶ見通しが良くなり、明るい感じになってきました。
出先から帰ってきて窓の外を眺めたら、林だけが夕日に照らされてきれいだったので、一枚パチリと・・・。
IMG_14061
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

霜柱が立った朝

カテゴリ:
今朝は雪は降りませんでしたが、とても寒い朝でした。
霜が降りて真っ白になっていましたし、畑では数センチの霜柱も立っていました。葉についた霜は綺麗ですので、朝日に当たってキラキラ輝いているところを撮ろうと思っていたのですが、気が付いたらすでに解けてしまっていました。せめて霜柱でもと・・・。
PB110011
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

一気に雪景色

カテゴリ:
昨晩の予想通り、寒冷前線が通過した後の今朝は真っ白になっていました。
七飯はサラッと降っただけだったのですが、函館市内は結構積もっていました。まだサマータイヤの車で走っている人がいるらしく、あちこちで物損事故が起きたようです。私と家内の車はすでにタイヤ交換をしていましたが、まだワイパーの交換は残していました。そうそう冬靴への交換もありましたね。あれもこれもと一気に雪への対応に追われています。
IMG_0018
IMG_0022-2
IMG_0026-3
IMG_0028-2
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

寒冷前線通過中

カテゴリ:
寒冷前線が通過中とのことで冷たい雨が降り続いています。
このあとは明日にかけて強い冬型になるようで、当地でも雨が雪に変わるそうです。
ドウダンやヤマモミジが真っ赤になり、明日の朝はこの上に雪が降り積もって紅白のコントラストが見られるかも知れません。
スキーのシーズン券引き換え葉書が届きましたし、そろそろスキー板のチューニングにも取り掛かろうかなと思っているところです。
PB080002
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

冷たい雨の文化の日

カテゴリ:
朝から冷たい雨が降ったりやんだりの肌寒い文化の日になっています。この後は雪に変わるようですね。
いろいろなところで文化祭などが催されているようですが、あまり出歩くような気分にもならず、文化とは縁遠い一日を過ごしています。こんな日は好きな音楽でも聴いて、本を数ページめくりながらウトウトするのがいいかなと思っています。
窓の外の紅葉も一段と進んでいますが、葉の数も日毎に少なくなっています。そういえば大根を干している光景をあまり見かけませんね。まだ時季的に早いのかな。
PB030006
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

とても寒い11月の入り

カテゴリ:
今日から11月、2ヶ月ごとのカレンダーは残り1枚になってしまいました。
帰りに予約をしていたお店でタイヤ交換をしてもらい、待ち時間に近くのショッピングモールまで歩いてみましたが、とても寒くてすくむ思いでした。12月頃の気温とのことですが、まだ体が慣れていませんので、一層こたえるのかもしれません。

この寒さで我が家の周りの木々は葉を落としたものがありますが、残った葉っぱの紅葉はだいぶ色づいてきました。まだ緑が多いのでもう少し色づきそうな気がしているのですが・・・。
IMG_1393
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

あらら・・・ 虫食いばかり

カテゴリ:
やっと栗の収穫を終えました。
樹の下から眺めていると今年はイガが大きくて収穫が期待できるかなと思っていましたが、遊び呆けて収穫が遅れている間に野ネズミやリスに齧られたり持って行かれてしまい、結果的に彼らの残り物を収穫する羽目になってしまいました。しかも本能的(?)にいいのから食べていきますから、残ったのは殆どが虫食い状態のものばかりで散々です。彼らが持って行かなくても、もともと虫食いばかりなのかもしれませんが・・・
虫が好んで食べるほどに美味しいと言いますが、売ってる栗とのギャップを感じてしまいます。中の栗虫は食い穴からなかなか出てこられないほどに丸々と太っています。栗虫めぇ~。
PA2700071
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

我が家の紅葉はもう少しかな

カテゴリ:
11月も20日を過ぎ、札幌や旭川からは雪のニュースが聞こえてきています。我が家の庭にも白い雪虫がふわふわと飛んでおり、いよいよ雪のシーズンの使者が舞い始めました。そろそろ冬タイヤなども準備しないといけないと思っています。
大沼は紅葉真っ盛りですが、我が家の庭の紅葉は遅れているというか、いまいち色づきが良くないような気がしています。このまま葉が落ちちゃっては残念ですので、今日のところは紅葉前線の通過中といったところにしておきますね。(^^♪
IMG_1305
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

わぁ~、初霜

カテゴリ:
放射冷却だったようで、カーテンを開けたら屋根が霜で真っ白になっていました。朝日に照らされて見る見るうちに解けていきましたが、少しずつ寒い季節にシフトしているようです。
帰りに四季の杜公園へちょっとだけ寄ってみましたら、木々が一段と色づいてきていました。秋本番ですね。
PA150012
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

秋は気まぐれ・・・

カテゴリ:
朝から風が強く、雲間から日差しが覗いたと思うと、パラパラと雨が降ったりして・・・変な天気です。秋の天気なんてこんなものかもしれません。外のアクティビティはちょっと無理ですし、庭の片付けもあまり気乗りがしません。こんな日は家でまったりと珈琲でも飲みながら本を読むのが一番かもしれませんね。
雨の間隙をついて秋の庭の写真を撮ってみました。殆ど手入れをしていませんので、ワイルド・ガーデンと化していますが、個人的にはこんな風に適当に咲いている風景がいいなと思っています。
IMG_1224IMG_1233
IMG_1234
IMG_1243
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

リンゴ もう少し我慢ですね

カテゴリ:
数日前の旭岳、昨日の黒岳、そして今夜から高い峠では雪になるという予報が出ています。また暖かくなるのでしょうが、少しずつ寒い季節に向かっているようです。
町内の果樹農家の畑では真っ赤に色づいたリンゴがたわわに実っていますが、我がmacoto農園のリンゴも遅ればせながら少しずつ色づいてきました。とてもプロの真似はできませんので、野性児のように育てているのですが、それでも我が家のビタミンの補給をしてくれるだけ収穫できそうな感じです。大小さまざま、色付きもバラバラで、一個一個が個性を主張しているようです。もう少し寒暖に当てて、蜜をたっぷり蓄えさせてから収穫するつもりです。
PA060004
PA060007
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

この花が咲くと本格的な秋 コルチカム

カテゴリ:

このコルチカムという花が咲き出すと、本格的な秋が来たなと思います。
ヨーロッパ、北アフリカなどに広く分布する球根植物で、日本で親しまれているのは主に秋咲き系です。このコルチカムという名前は、コーカサス地方にかつてあったコルキスという古代国家に由来するそうです。春に葉が枯れた後は休眠し、今頃になると突然つぼみが地上に現れ花を咲かせます。球根やタネにはコルヒチンという毒性のある物質が含まれているそうです。
PA020017
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

夕日の影が長くなって

カテゴリ:
あと数日で10月、虫の音が聞こえ、赤とんぼが飛んでいたと思ったら、もうこんな時季なのですね。夕日に照らされた電信柱の影も長ーく伸びています。
昨日までは暑いくらいでしたが、今日は吹く風が爽やかで秋を感じさせるものでした。庭の木々はまだ緑が主体ですが、少しずつ黄色味を帯びてきたような気がします。時間を見つけて菜園の後片付けや枯れた花柄を取り払う作業などをしていますが、なかなか捗りません。
北海道の最高峰・旭岳では初冠雪があったようですが、道南ではまだ雪の降るのは先でしょうから、気長にぼちぼちといった感じで作業を進めています。
P9290001
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

ちょっぴり秋色に

カテゴリ:
9月も明日で20日になり、山の麓もちょっぴり秋色になってきました。
真っ赤になったアキアカネが小枝などで休んでいる姿を見かけるようになり、ラズベリーの葉の一部も色づいてきました。新聞によりますと大雪山系旭岳では紅葉の見ごろを迎えているようですし、ここ道南でもあと1ヶ月もしますと紅葉の時期になっていることでしょう。
P9190030P9190032
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

山椒の実が色づいて

カテゴリ:
朝晩めっきり涼しくなって秋を感じるようになってきました。
昨年2本植えた山椒に初めて実が付き、赤く色づいてきました。5mmほどの小さな実ですが、近づいて見ますと表面に細かい凹凸があることに気づきます。独特の香りもどこか柑橘系のような感じがしますが、実の様子を見てもミカンの仲間であることが分かりますね。もう少ししますと、この実が割れて中から黒い種が出てくるそうです。種子を除いた果肉部分を干し、ミルなどで粉状にしたものが粉山椒なのだそうです。
P9180012
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

プルーンの木の修復

カテゴリ:
台風10号で倒れてしまったプルーンの木の修復作業をしました。幹の径が25cmほどもあり、人間が引っ張ったくらいではビクともしませんので、こんな時はハンド・ウィンチの出番になります。ロープをプルーンの幹にかけ、手前は梅の木に縛り付けて巻き上げますと、面白いように起き上がってきます。そして、倒れないように幹を棒で固定して完了です。こんな太い木をなぎ倒してしまう風の威力って凄いもんですね。
P9070001
今年は春先の防除が遅れたせいか、プルーンの実の半分以上が落ちてしまい、あまり生育が芳しくありません。きっとシンクイムシにやられたものと思います。果物類は虫が食べても美味しいということですから、人間の口に入るようになるまで育てるということは難しいものですね。
P9070016

台風10号の爪痕

カテゴリ:
台風10号の爪痕と云うとちょっと大袈裟ですが、まずは我が家のリンゴのことからご報告いたします。相当に強い風が吹いていましたので、半ばあきらめていたのですが、結果的には10個落下しただけで他は大丈夫でした。何も風よけをしていない私のところでこれだけ残ったのですから、町内のプロの果樹園の被害もそれほど大きなものではなかったように思われます。空中ブランコのように激しく揺すられていましたが、リンゴって意外としぶといものなのですね。

※その後のローカルニュースによりますと、町内の果樹園ではリンゴの実の3割ほどが落下したり、木や枝が折れたり倒れたりして、大きな被害が出ているようです。macoto果樹園は大したことはなかったのですが、地形や風の向きの影響が大きいのでしょうね。
P8310003
裏の雑木林の木が数本倒れていたのと、庭のプルーンの木が傾いていました。雑木林の木は根が浮き上がっているのと、太くてとても起こすことが出来ませんので、チェーンソーで伐採してしまいました。ただ、プルーンだけはパワーウィンチで傾きを直してなんとか元通りにしたいと思っています。
P8310015

台風に持ちこたえられるか

カテゴリ:
迷走を続けていた台風10号ですが、今までに経験したことがないような経路で、北海道南部にも近づいてくるようです。しかも大型で強い勢力を維持したままで上陸しそうな気配ですから心配です。
リンゴもたわわになって、日に日に大きくなってきているのですが、この大型台風にどれだけの実が耐えられるでしょうか。町内には沢山のリンゴ農家がありますし、より台風に近い青森県での被害も気になるところです。なんとか静かに通り過ぎてくれることを祈るばかりです。
P8280008_1P8280011_1

晩夏点描

カテゴリ:
朝晩はめっきり涼しくなって、夕方になると窓を閉めることが多くなってきました。少し前までうるさいほどに鳴いていたセミの声は殆ど聞かれなくなり、代わって虫の音が微かに聞こえてくるようになりました。夏休みが始まったと思っていましたら、あっという間に秋ですね。暦を見ましたらあと数日で9月ですもね。
P8280001P8280003_1

ヤブカンゾウの咲く頃

カテゴリ:
雑木林の中にヤブカンゾウが咲き出しました。これはキスゲの仲間ですが、日本では他にノカンゾウ、ハマカンゾウ、ニッコウキスゲ、ユウスゲなど10種ほどが見られるそうです。木陰に一歩足を踏み入れると、カンゾウの花を微かに揺らすような心地よい風が吹きぬけて、ひと時だけでも暑さを忘れさせてくれます。IMG_3847
IMG_3843-3

色づくウワミズザクラ

カテゴリ:
裏の雑木林にはウワミズザクラがたくさん生えています。樹皮が桜に似ていますが、春に咲く花が総状花序というブラシ状に集まった小さな花で、一般的な桜の花とは異なりますので、容易に区別がつきます。北限が北海道の道央あたりのようですから、同じ北海道でも旭川や稚内には無い樹木かも知れません。
8月に入り、花と同じように房状に付いた黄色の小さな果実(サクランボ)が、少しずつ赤くなって、一部は黒く熟してきました。このように色が変化するのは餌として小鳥が食べてくれることを期待しての作戦かも知れません。果実は食用にしたり、果実酒にしても美味しいらしいのですが、私は食べたことがありません。そうそう、ウワミズザクラの若い花穂(未熟果)を塩漬けにしたものは、アンニンゴ(杏仁子)と呼ばれ、新潟県などでは酒の肴や料理などに使われているそうですね。来年春にでもやってみたいと思っています。
P8130018P8130016
P8130009

あっという間にイガ栗に

カテゴリ:
リオ・オリンピックと甲子園の高校野球の熱戦に一喜一憂していましたら、8月も10日を過ぎてしまいました。日中は30℃近くまで気温が上がり暑いのですが、窓から吹き込む風は朝夕めっきり涼しくなり、なんとなく秋を感じさせます。少し前に花が咲いていると思っていた栗の木ですが、ちょっと見ない間に立派なイガ栗に成長していました。いつも虫食いの多い我が家の栗ですが、今年は少しでもいい栗を拾えればと思っています。
IMG_3818

咲き乱れる紫陽花

カテゴリ:
他の方のブログを見ていたらアジサイがあまりにも綺麗に撮れていて、その写真に刺激を受けて私も家のアジサイを撮影してみました。一雨降ったほうが風情がありそうですが、今の季節は陽ざしに映えるアジサイもいいですね。
それぞれの名前は忘れてしまいましたが、殆どが挿し木で増やしたものです。
P7230019-2
P7230052
P7230057
P7230037
P7230031
P7230022

明日から夏休み

カテゴリ:
セミが鳴き始め、アジサイの咲き乱れる姿を見ていますと、北国にも夏が来たなという気がします。明日からは夏休みのようですから、元気な子供たちの声で近所も少し賑やかになるかもしれません。P7210016

すっきりしない「海の日」

カテゴリ:
今日は「海の日」ということですが、あいにくのすっきりしない空模様になっています。おまけに気温もそれほど上がっていませんので、ちょっと海とは程遠い感じがしています。海が駄目ならプールへ行って泳ぎたいのですが、そこはじっと我慢して、今日は朝から草刈りに精を出しました。丸刃とナイロンの両方を使うのですが、雨上がりの日は埃がたちませんし、葉が水分をたっぷり含んでピンとしていますので、意外と作業が捗ります。それでも一昨日の午後と今日で2日間かかってしまいました。刈った後の全景を眺めてニンマリするのが、weeder(草刈りマン)のひそかな楽しみです。
P71800081-2
IMG_1140-2

意外と綺麗な栗の花

カテゴリ:
沢山ある栗の木がいっせいに花を咲かせています。といいましても苗を買って植えた"筑波"などは少し遅く、勝手に生えている山栗などは早いようです。開花期は独特の匂いがあり、花も地味ですので、あまり注目されることのない栗の花ですが・・・。
ずぅ~っと白い紐状の花がすべて栗の実になるものと思っていたのですが、あれは雄花で、その中に隠れるようにしてポツンとあるのが雌花です。雌花は雄花に比べると圧倒的に数は少なく、よく見るとすでにイガのもとを纏っているようにも思われます。雄花もイソギンチャクの触手のようで綺麗ですね。
P70800201P7080034
丸っこいパイナップルのような形をしたものが雌花。先端に花粉をつけて触手の様にのびているのが雄花。
P7080039
P70800471

山の麓のラヴェンダー

カテゴリ:
ラヴェンダーも咲き出しました。といいましてもまだ殆どが蕾の状態ですが・・・。でも咲く前の蕾の状態が色が濃くて一番きれいかも知れません。ハーブティーやポプリにするための袋入りのドライラヴェンダーには粒々がいっぱい入っていますが、実はこの花の蕾なのですね。ラヴェンダーは花が咲くと色も香りも薄くなるので、蕾のうちに収穫するらしいです。
olympusT-4の顕微鏡モードで撮影してみましたが、蕾の先からポコッと薄紫色の花が出てくる感じで可愛いです。中富良野のファーム富田のラヴェンダーももう少しで見頃を迎えることでしょうね。
IMG_1153P7040008

アジサイが咲き出して

カテゴリ:
早いもので山の麓にもアジサイの咲く季節がやってきました。昨夜までの強い雨と風はおさまったものの、今日は雨上がりのやや湿った天気です。こんな空模様にアジサイは映えますね。
IMG_1122-2

満開のシモツケ

カテゴリ:
シモツケが満開になっています。シモツケという名前は下野国(しもつけのくに / 現在の栃木県)ではじめて見つかったことに由来するらしいです。たった1本の小枝の挿し木からこれだけ大きな株になりましたので、とても繁殖力の旺盛な庭木です。目を近づけないと分からないほどに小さな花ですが、密集するとピンクの絨毯のようで綺麗です。
P6210011
P6210003

二日がかりの草刈り

カテゴリ:
6月に入り、山の麓はすっかり初夏の装いになってきました。遊んでいることが多かったのですが、あれこれと忙しかったものですから、庭の手入れがおろそかになってしまい、草丈が伸びてジャングルのようになっています。そんなことで昨日から2日間かけて雑木林と庭の草刈り、芝刈りに精を出しました。全部の作業を終えて、まだ若草の匂いの残る全景を眺めていると何とも幸せな気持ちになります。ハルゼミやカッコウの声を聴きながらキンキンに冷やしたビールを飲むのが、草刈りの醍醐味かも知れません。
ビールもいいですが、遅れている菜園の植え付けもしないといけないようです。
P6080002-2

スズランの咲くころ

カテゴリ:
庭のスズランが咲いています。とても繁殖力が旺盛な植物で、毎年少しずつエリアを広げています。
私が子供の頃、湯の川のトラピスチヌ修道院の裏手あたりにスズランの群生地があって、毎年スズラン狩りに出かけた覚えがあります。今にして思えばこのスズランは原生種(日本スズラン)だったのではと思っています。私の庭にあるのもそうですが、殆どの園芸種は花の中がやや赤っぽいドイツスズランらしいです。少しだけ切り取って玄関に活けたら、ほのかないい香りがしています。
P5200042P5200052

暑さにめげず頑張っているチューリップ

カテゴリ:
暑いくらいの天気が続いて、一気に初夏に突入したような北海道です。そんな暑さにめげず、雑草にも負けずに、まだ元気にチューリップが咲いています。さすがに花が大きくなって、ひらひらと花びらの散るものが目立っていますが、次の花にバトンタッチするまでもう少し頑張れそうな感じです。
花々がひと段落したらそろそろ下草を刈らなければいけないようです。
P5150082P5150044
P5150042

勿忘草

カテゴリ:
タンポポ一色だった雑木林の中に勿忘草が群落を作って咲き出しました。植えた覚えがありませんので、どこかから種が飛んできて繁茂したのでしょう。とても小さくて目立たない花ですが、何となく印象に残る花です。風が強くて、ピントを合わせるのに苦労しましたが、可愛く撮れましたでしょうか。
山の麓では、エゾハルゼミの声が聞こえたような気がしていました。
P5150033P5150098
P5150050

リンゴの花が満開

カテゴリ:
先日リンゴの花が開花したとお知らせしましたが、このところの陽気でほぼ満開になりました。庭には3種類3本の木があるのですが、実の色具合などとの相関があるようで、それぞれに微妙に色合いが違っていて面白いです。ハナアブがたくさんやって来て蜜を吸っていますので、受粉も上手く行ってるのではと思っています。今年も無袋でやってみようと考えていますし、そのための病害虫の防除も頑張らなくてはと思っています。
P5150021P5150015
P5150018

ハナミズキ

カテゴリ:
昨年初めて咲いたハナミズキが今年も咲きました。なかなか成長しない木で植えた時から少ししか大きくなっていませんが、今年は割と沢山の蕾を持ち数日前から次々と開花しました。花弁は繊細で、すぐ傷んでしまいそうですが、風にひらひらとなびいて綺麗です。
P5150010

リンゴの花も咲き出して

カテゴリ:
今日も朝からピカピカの良い天気でした。午前中のあまり暑くならないうちにロードバイクの練習に出発です。いつもと同じ自宅裏の函館新道・側道を2往復する50km走のトレーニングです。眼下の函館湾、大野平野を眺めながら気持ちよくペダルを漕ぎます。沿道のリンゴ園の林檎の花が沢山咲いて綺麗でした。

我が家の林檎の木にもポツポツと花が咲き出しました。昨年は大小さまざまですが、結構沢山のリンゴを収穫することが出来ました。今年も大きなリンゴが沢山出来ればいいなと思っています。
IMG_1110IMG_1092

山吹色って・・・

カテゴリ:
子供の頃にクレパスのケースに山吹色というのがありましたが、私は黄色に緑が少し混じったような色かなと思っていました。山吹というものを見たことがありませんでしたので、想像するしかなかったのです。
遥か昔にsumiさんがお花で使った山吹の小枝があるというので、花が散りお花としての役目を終えた頃に植えてみました。そうしましたら見事に定着して根を張り、今では庭の一角を占めるほどに繁茂するようになりました。翌年には花をつけましたので、この花を見て山吹色ってこういう色なんだと知ったという次第です。光の加減によって違いますが、黄色にちょっとだけオレンジを混ぜたような色でしょうか。
庭の花の中で5本の指に入るくらいに好きな花です。
IMG_1071-3

ムスカリが満開

カテゴリ:
ここへ引っ越してきたころに数個のムスカリの球根を植えたのですが、それが増えに増えて雑草のようにあちこちに蔓延っています。畑の中にも構わずに花を咲かすものですから、これだけ増えるとちょっと迷惑なのですが、大きな群落として咲いてる姿は、上品な青紫色と相まってなかなかきれいです。
昨年、白のムスカリも植えたのですが、雑草に紛れて見出すことは出来ませんでした。IMG_1066-2

一面のタンポポ

カテゴリ:
数年前からイタドリや笹などの下草を刈っていた雑木林、知らない間にタンポポで埋め尽くされていました。これほどびっしりと一斉に咲くと壮観ですが、せっかく植えたスイセンやチューリップもこの勢いにはお手上げのようです。これがすべて綿毛になったら、それはそれでまた凄いものになりそうです。(^^♪
P50500403

ゴールデンウィークは今日で終わり

カテゴリ:
ゴールデンウィークはあっという間に終わってしまいました。天候が悪かったせいもあるのですが、畑は殆ど捗らず、来週からの好天待ちといった感じです。Uターンラッシュの大渋滞や観光地の賑わいが報じられていましたが、私たちも普段と全く変わらないものの、それなりにゴールデンな日々を過ごしていました。
庭ではサクランボやジューンベリーの花が咲き出して一層賑わいが増してきました。
IMG_1027

雨のみどりの日

カテゴリ:
ゴールデンウィーク連休なか日の「みどりの日」、あいにくの風と雨になった北海道です。
観光やお花見を楽しみにしていた方は残念なことでしょうし、私もロードや畑の出番はないようです。家で本を読んだり、フルートを吹いたりの一日になりそうです。
庭の緑は、この雨を期待していたかのように、生きいきとして春の息吹を感じさせます。
P50400211-2

満開になったソメイヨシノ

カテゴリ:
今日は朝から良い天気で気温もぐんぐん上がりました。
寒さのせいで足踏み状態が続いていたソメイヨシノがやっと満開になりました。八重桜、枝垂桜に続いてジューンベリー、そして大好きなリンゴの花も咲き出すことでしょう。家でお花見、ちょっと贅沢な気分を味わっています。
P5030042-3
P5030022

ゴールデンウィーク初日

カテゴリ:
雨のゴールデンウィーク初日です。用事があって五稜郭公園近くまで2往復しましたが、冷たい雨のせいかゴールデンウィークにしては車も人も少ない感じがしていました。雨にしっとりと濡れた五稜郭公園外堀の桜もなかなか風情があっていいなあと思って眺めていました。
我が家の桜は足踏み状態ですが、周りの緑はこの雨で一気に濃くなりました。
IMG_1022-2

このページのトップヘ

見出し画像
×