カテゴリ

カテゴリ:ガーデニング & 庭仕事

わぁ~、初めてのサクランボの収穫

カテゴリ:
サクランボの花が咲いた時に、まだ一度もサクランボを収穫したことがないと記載しましたが、今日の午後にこんなに沢山のサクランボを収穫しました。いつも病気になったりカラスに食べられたりして、過去何十年も一度も庭のサクランボを食べたことがなかっただけに、とても驚いています。まだ完全に熟していないようなのもありますので、良さそうなものを選んで採取してみました。収穫しながら口に放り込んでみましたが、はじめて口にするサクランボ、美味しいです。それにしましてもカラス君、我が家のサクランボのことは忘れたのでしょうか。(^^♪
P6240017
P6240003
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

綺麗に刈れます

カテゴリ:
今日は予想外にいい天気でしたので、朝から夕方まで草刈り、芝刈り、そして薬剤散布とフルコースの大活躍でした。早速新しい芝刈機も使ってみました。重量は約30kgありますが、以前のものに比べますとコンパクトで、取り回しもしやすい感じです。音もそれほど大きくはなく、これなら都市部で使っても近隣に迷惑をかけないかなと思います。サッチと呼ばれる刈草が残るのを防ぎたいところは集草袋を装着し、雑草のようなところは集草袋を外して刈草を放出しながら刈っていきます。
私のところは芝というよりも雑草ですが、それでも芝刈機で刈ると綺麗に見えますので不思議です。夕方に全部の作業を終えて、青草の香り立つ庭を眺めながら飲むビールの一杯が最高です。(^^♪
IMG_1086
IMG_1100
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

新しい芝刈り機がやってきた

カテゴリ:
もう20年以上も使ってきた芝刈り機ですが、ボディが腐ってついにダウンしてしまいましたので、新しいものに更新しました。今まで愛用していたのはアメリカ製のマレーという会社のもので、沖縄の米軍基地内の家庭で使われていたらしい中古品をオークションで購入したものでした。小型の爆撃機のような凄い音をたて、使い勝手はお世辞にもいいとは言えないものだったのですが、キャブレターを清掃したり、オイル交換などをこまめにしてなんとか20年以上も現役で活躍してもらいました。

今度の新しいものは、国産のミナト電機工業というところの3.5馬力エンジンを搭載したもので、コンパクトでなかなかいい感じの製品です。試運転をしただけで、まだ本格的な稼働はさせていませんが、使用した印象などをレポートしたいと思っています。機械大好き人間としては、こういうエンジン付きの機器を組み立てたりいじっている時が至福のひとときです。
IMG_1069
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

バラが咲いた

カテゴリ:
蕾を大きくしていたバラが咲き出しました。
遊び呆けているものですから、肥料をやるのが遅れたり防除を忘れたりして散々なのですが、そんなハンディにも負けずに今年も綺麗に咲いてくれました。名前はまったく分からず、ただのバラなのですが、次から次に咲き出して、庭中がいい香りに包まれています。まだ蕾のものもありますので、咲き出したものから順次紹介させていただきます。
 IMG_1010
IMG_1024
IMG_1062
IMG_1055
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

今年最初の防除作業

カテゴリ:
少し遅れ気味でしたが、プルーンとリンゴの害虫と病気の防除作業を行いました。プルーンはシンクイムシ、リンゴは赤星病という、それぞれ殆ど避けがたい病害虫への対策が必要になります。規定量の薬剤を溶かして散布するのですが、私の使用している背負自動散布機は満タンにして総重量が25kgほどになりますので、この作業も結構しんどいです。山登りのテント装備でザックを背負った積もりですと、こんなもんかと思えるのですが、ザックと違って背負いにくいですから、やはりこちらの方が負荷が大きいように思われます。まあ、そんなことを考えながらも、無事散布作業が完了しました。この作業が秋まで数回続きます。
P6120004
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

猫額菜園の植え付け完了

カテゴリ:
昨日までの雨がやっと上がりましたので、午後から猫額菜園の植え付けに精を出しました。すでに畝や支柱、ネットなどの準備は完了していましたので、あとはただポットの苗を植え付けるだけで、それほど面倒なことはありません。キュウリやトマトは購入した時からみると倍近くに成長していますし、これから気温も上昇しそうですので、ちょうど良かったかなと思っています。苗や種子の購入代金に見合うくらいの収穫ができればいいのですが、どうでしょう。(^^♪
P6050008
P6050012
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

超過密で凄いことに・・・

カテゴリ:
今の季節、ガーデニング・ファンの方々は頑張っておられることでしょうね。私のところでは前述のように季節外れの冷たい雨など天候不順で出鼻をくじかれています。他のアクティビティや仕事など少し忙しい時期と重なったこともありますので、天候が回復したら一気に遅れを取り戻そうと思っています。

温室の中では「裏赤紫蘇」も沢山発芽して凄いことになっています。早めに温室から出さないとモヤシのようにヒョロヒョロになってしまいますので、近日中に定植しようと思っています。この紫蘇は表面が青紫蘇のような緑色で、裏面は赤紫蘇色という面白い種類です。絞ると目にも鮮やかな赤紫色の綺麗な色が出ますので、我が家では梅干しの材料になったり、紫蘇ジュースになったりと重宝しています。それにしましても超過密状態で、生存競争まっただ中といった感じですね。
P6040028
P6040035
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

光を浴びて元気いっぱい

カテゴリ:
遠くでカッコウの初鳴くが聞こえたと思っていましたら、エゾハルゼミも鳴き出しました。そろそろガーデニング愛好家に負けじと、にわかお百姓さんも頑張らねばと思っているところです。
先日、種子を植えた枝豆などは、その後数日で芽が出たと思っていましたら、あっという間にご覧のような元気な姿に成長しました。インゲンなどは蔓を伸ばしそうな勢いです。
トマトやナスなどはホームセンターから小さな苗を買ってきました。前はトマトなども珍しい種類を種子から育てていたのですが、狭い菜園では一袋の種子の数が多くて無駄になるものですから、今では割高になっても苗購入がいいかなと思っています。ただ、トマトひとつをとってもあまりにも種類が多すぎて、何が違うのか何を植えていいのか分からなくなりますね。まだ定植するには小さすぎるようですから、温室でもう少し大きく成長させてから植える予定です。
IMG_0988
P5200041
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

菜園をスタート

カテゴリ:
遊び呆けていましたが、いよいよ今シーズンの菜園の開始です。猫の額ほどしかありませんが、もう30年以上も相棒をしてくれている可愛らしい耕運機で何度も畑を起こし、コンポストの堆肥と有機石灰を混ぜ込んで準備完了です。トマトなど野菜の苗は殆ど購入しますが、たくさん植える枝豆とインゲンだけはポットに種子を植えて温室で生育します。昨秋に種子を取っておいたマリーゴールドと梅干用の裏赤紫蘇も一緒に植えました。
野菜の苗はすでに売っていますが、私は基本的にビニールを使ったトンネルやマルチングはしませんので、野菜苗の植え付けはカッコウの初鳴きが聞こえるまで待つことにしています。
IMG_0747
IMG_0888
IMG_0889
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

リンゴの木の剪定

カテゴリ:
昨日までとは打って変わり、今日はとても寒い一日でした。
2月も中旬を過ぎましたので、遅れていたリンゴの木の剪定をしました。苗木から育てた3本だけですが、1年間でだいぶ枝が込み入っていますので、出来るだけ満遍なく陽が入るように枝を払っていきます。剪定は思い切ってバッサリととよく聞くのですが、いざ実際にやってみると惜しくなって極力残すようになってしまいます。何とか剪定を完了しましたが、どのくらい花が咲いてくれるでしょうね。
P2190027P2190031
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

ブドウの剪定

カテゴリ:
西日本では大雪になっているようですが、寒いはずの北海道は逆に暖かい穏やかな祝日でした。今日はスキー場も混んでいることでしょうから、お休みしてブドウの剪定作業をしました。いつもの冬ですと、雪に埋まって難儀するのですが、今年は雪が少なく埋まることもなく作業が出来ました。色々な種類10本ほどがあるのですが、一年間で蔓が繁茂して凄いことになります。暖かいせいもあり作業は順調に捗って2時間ほどで完了し、とてもすっきりしました。美味しいブドウがなってくれるといいのですが・・・。
P2110012
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

籠いっぱいのリンゴ

カテゴリ:
さすがにこの寒波では凍ってしまうと思いリンゴを収穫しました。
木が太くなってきていますし、春に咲く花芽の数も多くなっているせいか年々収穫数が増えています。剪定、摘花、摘果そして消毒などをしてきましたが、鳥害や台風などに耐えてよくぞここまで大きくなったものと感慨ひとしおです。大小さまざま、形もバラバラでとても人さまへお見せできるような代物ではありませんが、籠を覗いてひとり悦に入っています。
そうそう、鳥の分は木に残してありますよ。(^^♪
IMG_0081IMG_0086
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

蜜をいっぱい溜め込んで・・・

カテゴリ:
毎朝2個くらいずつ採ってきて食べていますが、寒くなるにつれて少しずつ芯の部分に蜜が含まれるようになってきました。ヒヨドリがやってきて一緒に突いていますから、彼らも甘くなるのを知っているようです。彼らの食べ物に対するカンの鋭さには舌を巻くしかありません。
近くのリンゴ農家ではすでに収穫が終わっているところがあったり、まだ木に沢山のリンゴを付けている農家があったりと様々ですが、品種によって採り入れ時期が異なるのかもしれません。私のところは陸奥、フジ、王林の3本ですが、もう少し木に付けておこうと思っています。柿などはすぐ凍っちゃいますが、リンゴは氷点下になっても結構凍らずら持ちこたえることが出来ますので。
一層赤みが増してきましたので、この上に雪が積もってもきれいでしょうね。
IMG_1519IMG_1526
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

もっと赤くな~れ

カテゴリ:
遅れていた菜園の片付けにやっと重い腰を上げました。すっかり枯れてしまったトマト、キュウリやそれを支えていた支柱を取り外したら何もない状態になって、何となく寂しい感じがします。農家の方も仰っていましたが、今年は作物の出来があまり良くなかったようで、我がmacoto農園もあまり芳しくありませんでした。例年になく台風の上陸がありましたし、夏場の天候の不順が響いたのではと思っています。海も温度が下がらなくて、サンマが不漁らしいですもね。

そんななかリンゴだけは台風に耐え抜いて、一段と赤くなってきました。リンゴ農家ですと売り物にならないほどの小振りですが、自家消費ですから小さくたって至って平気です。数日前から一個ずつ採って食べていますが、やはり手塩にかけて育てたリンゴは美味しいです。(ホントは放任でしたが・・・) はい、手前ミソならぬ手前リンゴです。(^^♪
IMG_1287IMG_1272
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

リンゴ もう少し我慢ですね

カテゴリ:
数日前の旭岳、昨日の黒岳、そして今夜から高い峠では雪になるという予報が出ています。また暖かくなるのでしょうが、少しずつ寒い季節に向かっているようです。
町内の果樹農家の畑では真っ赤に色づいたリンゴがたわわに実っていますが、我がmacoto農園のリンゴも遅ればせながら少しずつ色づいてきました。とてもプロの真似はできませんので、野性児のように育てているのですが、それでも我が家のビタミンの補給をしてくれるだけ収穫できそうな感じです。大小さまざま、色付きもバラバラで、一個一個が個性を主張しているようです。もう少し寒暖に当てて、蜜をたっぷり蓄えさせてから収穫するつもりです。
PA060004
PA060007
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

採り忘れのゴーヤ 禁断の果実?

カテゴリ:
菜園の野菜の収穫も殆どお仕舞の時季を迎えています。少し前に苗を植えたばかりと思っていたのに・・・本当に月日の経つのが早いです。
殆どの野菜の葉は色褪せてきているのですが、ゴーヤだけがまだ青々と葉を茂らせています。温暖なところの作物だけに、今年の暖かさが影響しているのかも知れません。でも、実の出来具合は夏の最盛期にくらべると極めて少なく、葉を掻き分けて探さないと見つけ出せないほどになっています。
今日も3本だけの収穫でしたが、暑いので辛味を効かせたチャンプルーなんかがいいかなと思っています。それにしましても、この奇妙な凹凸と色具合、こんな身体をしたイグアナがガラパゴスにいたような気がしますね。足をつけると歩き出しそう (^^♪
P9250007_1-2
うふふ・・・、葉の間に隠れていて、採り忘れると、こんなことになってしまいます。ちょっと色具合が不気味ですが、熟すと下の方が3つに割れて、中から少しベトつきのある赤い果実が飛び出してきます。実はこの赤い果実が甘くてとても美味しいのです。ゴーヤを栽培していて、かつ採り忘れた経験のある人しか食べられない「禁断の果実」かも知れませんね。
P9260007-2
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

ブドウも元気です

カテゴリ:
少し前に指先ほどの小さな房を摘果したと思っていたら、ちょっとの間にこんなに大きくなっていました。もう殆ど普通のブドウのサイズになっています。春先は花の付きがまばらで今年は全然ダメと思っていたのですが、このところの異常高温で盛り返したようです。逆に暑すぎて実が腐っちゃうかも知れませんが・・・。これからの台風や病害虫に耐えて、実りの秋を迎えて欲しいと思っています。
IMG_3813
IMG_3833

リンゴが一段と大きく

カテゴリ:
8月も一週間が過ぎ、北海道でも30度を超えるような暑い日が続いています。毎日、キュウリ、トマトなどの野菜やラズベリー、ブルーベリーなどの果実の収穫が本格化していますが、リンゴも日毎に大きくなっています。6月~7月の天候不順で今年は芳しくないものと思っていたのですが、このところの天候回復で生育は盛り返してきたようです。摘果が不十分で、ちょっと付け過ぎかなと思うのですが、売ってるようなリンゴを期待しているわけではありませんので、こんなものかと思っています。無袋でどこまで頑張れるでしょうね。
IMG_3819

グーズベリーの収穫

カテゴリ:
子供の頃のおやつだったグスベリ(グーズベリー)が赤く色づいてきました。果実が小さいのと枝に棘があるので、皮のグローブをつけて、枝から一気にこそぎ採るようにして収穫します。大小さまざまですが、たくさん収穫できましたので、すべてジャムにします。色もきれいですし適度の酸味があって美味しいジャムになります。
P7240004-2

ベリーたちの季節

カテゴリ:
早いもので、ベリーたちの収穫の季節がやってきました。
まだ、ぼちぼちといった感じですが、少しずつキイチゴ(ラズベリー)やブルーベリーなどが色づいてきました。真っ黒い実が枝に鈴なりのブラック・カラント(カシス)もたくさん収穫できました。ラズベリーやブルーベリーは冷凍保存して生食で、カシスはジャムになります。
P7130023-2P7130033-2

にわかリンゴ農家

カテゴリ:
3本しかないリンゴの木ですが、ことのほかリンゴの実の生育が毎年気になります。なぜリンゴかと訊かれても返答に困るのですが、リンゴの花が好きなことと、貧乏学生の頃にリンゴの受粉のアルバイトをしたことが忘れられないからかもしれません。
昨年から無袋で栽培していますから、実の生育の様子が手に取るように分かります。今年は毎年発生する赤星病の防除を春先に行ったことが、良好な生育に繋がっているようです。健康そうな果実を眺めていると、こちらまで元気を貰えそうな気がしてきます。リンゴの花も果実も大好きです。(^^♪
P7080006 

ちょっといい感じの菜園

カテゴリ:
暑かったり寒かったり、しかも長雨・・・天候が不順の北海道ですが、菜園の野菜たちは比較的順調に生育しています。トマトは4種類16本の苗を植えましたが、それぞれに実が付いて少しずつ大きくなってきています。キュウリもあと数日で最初の収穫が出来るようです。温室育ちの枝豆も当初のひ弱さを感じさせないほどにぐんぐん伸びています。採りたての枝豆にビール、夏の夕べはこれで決まりですね。(^^♪
IMG_1204-2IMG_1200-2
IMG_1210-2

色づいてきたジューンベリー

カテゴリ:
先日から雑木林の桑の実の収穫をしていますが、第2弾はジューンベリーです。北海道はジューン(June)には収穫できませんが、少しずつ色づいてきました。サクランボを二回りほど小さくした可憐な果実ですが、ほのかな甘みがあって美味しいです。小さいので収穫が大変ですが、手分けして頑張って何とかボウルに2つほど収穫しました。まだ赤いのが多いのですが、これから本格的に熟してくるようです。
IMG_1180IMG_1198
IMG_1218

ルージュ ピエール ドゥ ロンサール

カテゴリ:
「ルージュ ピエール ドゥ ロンサール」という舌を噛みそうな名前のツルバラが満開を迎えました。普通のバラは花の盛りを過ぎると花弁がハラハラと散るのですが、このバラは花弁をつけたまま朽ち果てるという、何とも潔(いさぎよ)くないバラです。そんな種類なのですからピエール君には責任がないのですが・・・(^^♪。 でも、普通のバラの花が数個凝縮したくらいに豪華な花ですので、個々の花を見ても全体として見ても見事ですよ。
P7010005_1P7010006

こんなに大きくなったリンゴ

カテゴリ:
5月上旬に花が咲いたと思っていたリンゴの実が、こんなにも大きくなりました。摘花と摘果が遅れ、しかもこのところの長雨と低温で生育を心配していたのですが、今のところは病害虫の発生はなく、順調に育っているようです。今年も無袋で栽培してみようと思っていますが、どこまで生産農家のリンゴに近づくことが出来るでしょうね。大小さまざまながら、真っ赤なリンゴが鈴なりになることを楽しみにしています。
写真の上がフジ、下が王林です。こんな幼果の頃から肌の色合いが違うんですね。
P6240007
P6240008

初夏の庭

カテゴリ:
6月中旬というのに雨模様の肌寒い日々が続いています。おまけに今日のお昼頃に函館で震度6弱の強い地震があり、多くの方々から電話やメールをいただきました。被害などはありませんでしたので、このまま終息に向かってくれることを祈っています。
そんななか、庭のバラなどが咲き出しました。今年は忙しくて、春先にバラに肥料をやっただけで、消毒などはしていなかったのですが、なんとか綺麗に咲いています。天気が回復したら、花柄取りや消毒作業をしてやらないといけないようです。夏に向かって庭仕事も本格化してきます。
IMG_3760
P6160007
IMG_3767

トマトの植え付け

カテゴリ:
これから雨になるというので、急いでトマトの植え付けをしました。もう10日も前からカッコウが鳴いていますので、気持ちは焦っていたのですが、やっと植えることが出来ました。(カッコウが鳴くと何を植えても良いといいますので) 良かったです・・・(^^♪
温室の中では枝豆が元気に成長しています。こちらもそろそ植えてやらないとヒョロヒョロの正真正銘の「温室育ち」になりそうな感じです。
P6080006-2P6080007-2

今年最初の芝刈り

カテゴリ:
天気は良いものの風の強い日曜日でした。こんな日は庭仕事が一番ということで、今年初めての芝刈りをしました。芝といっても我が家の庭はイネ科の雑草が殆どを占めていますので、雑草芝と云った方がいいかも知れません。でも刈ってしまえば分かりませんので、気にすることはありません。秋まで2~3週間のペースでの芝刈りが続きます。
P5150108

色づく秋

カテゴリ:
家の周りも少しずつ秋色に染まってきましたが、庭のリンゴの実も一段と色づいてきました。
春に可憐な花を楽しみ、摘花、摘果、防除と少しだけ手入れをしましたが、台風や爆弾低気圧に耐えて、よく実りの秋を迎えたと思います。まったくの素人ですので、剪定や摘果が上手く出来ず、ひいき目に見ても売れるようなリンゴではありませんが、これだけ出来たのは初めてですので、嬉しくて毎日眺めています。

IMG_03081.jpg

IMG_03061.jpg

IMG_03231.jpg

梅の収穫

カテゴリ:
春にきれいな花を見せてくれた梅が、こんなに沢山の実をつけてくれました。無農薬ですから、大小さまざま・・・痛んだり虫に食われたりしていますが、素人栽培ですので気にすることはありません。
もう少し熟させてから、梅干しとジャムにします。紫蘇はまだ大きくなっていませんが、どちらも自家製で梅干しになります。さすがに塩は作れませんが、今年はウユニ塩湖の塩がありますので、これで作るのも面白いかなと思っています。「天空の湖」の塩とのコラボレーション・・・ちょっとワクワクしますね。(^^♪

1300x873.jpg

IMG_2557_2015072717361335b.jpg

実をつけ過ぎかな・・・リンゴ

カテゴリ:
私の住む七飯町は西洋リンゴ発祥の地ということもあり、リンゴ栽培の盛んなところです。我が家にも3本だけですが、数年前に植えたリンゴの木があり、少しずつ実の数を増やしつつあります。
実がつき始めた一昨年から袋をかぶせてきましたが、いちいち袋をかぶせることが面倒なことと、過保護にしないということで、今年は無袋に挑戦してみました。という放任主義で見守ってきたのですが、現在は7~8cmくらいになり、まずまずの生育具合のようです。ただ、春先に摘果したのですが、ちょっとケチったようで、少し大きくなってみると、もう少し間引いても良かったかなと思っています。よく言えば「鈴なり」なのですが、今となっては間引けない・・・素人果樹栽培の苦しい胸の内です。(^^♪
台風にも耐えて秋まで育って真っ赤になって欲しいと思っています。

IMG_0118_20150723172023910.jpg

IMG_0140.jpg

カラカラの菜園

カテゴリ:
内地は大雨で大変なようですが、北海道は雨が降ったのはいつだったか思い出せないほどにカラカラの天気が続いています。我が家の菜園もまったく水気がない状態で、少し日差しが強くなると葉っぱが元気なく垂れ下がってしまいます。水をやりたいところですが、こんな時はしっかりと根を張るように、あえて水を与えないようにしています。でも一雨ほしいですね。

IMG_2189.jpg

IMG_2194.jpg

IMG_2199.jpg

少し大きくなったリンゴなど

カテゴリ:
6月も中旬を過ぎ、リンゴ、プルーン、ブルーベリーなどが少しずつ大きくなってきました。リンゴは3cmくらい、プルーンも今のところは順調に生育しているようです。リンゴはあえて無袋でトライしてみることにしました。
昨年は果樹があまり良い出来ではありませんでしたが、今年は何とか秋まで持ちこたえて収穫できればと思っています。

IMG_0071.jpg

IMG_0079.jpg

いちご初収穫

カテゴリ:
家の近くの5号線沿いに露地物のイチゴのお店が沢山並び始めましたが、私のところのイチゴ畑(というほどのものではない・・・)でも、イチゴが色づき始めました。少し肥料をやっただけで、ほとんど手をかけていないので、大きさも形もバラバラですが、それなりに収穫できています。採ってすぐ食べるイチゴは美味しいです。

IMG_2092.jpg

仲間入りした園芸器具

カテゴリ:
かれこれ20年近くも使っているヘッジトリマ(園芸用バリカン)。まだまだ元気で使えるのですが、接続している電気コードが邪魔になったり、誤ってコードを切ったりするものですから、思い切って新しいトリマを仲間入りさせることにしました。刈込幅が550mmの充電式モデル(マキタ MUH550D)で、36Vのリチウムイオンバッテリが2個と充電器がついています。
長さが1mを超え、重量もバッテリを含めて6.4kgもありますので、今まで使っていたトリマと比較しますと相当にごつい感じがします。バッテリは高速充電できますので、交互にバッテリを使うことで、コード式同様に切れ目なく作業を行うことが可能になっています。
充電式とはいえ36Vバッテリから繰り出されるモーターは威力があり、10mm程度の枝ならばバリバリと簡単に刈っちゃいます。コード式トリマのコードの取り回しに苦労されている園芸ファンにお勧めの一品です。

シルバー人材センターの園芸作業員が不足しているようですが、こんなものも使える私に声がかからないかなぁと思っています。(^^♪

IMG_2054.jpg

IMG_2059.jpg

今年初めての果樹の防除

カテゴリ:
リンゴ、プルーンの花が終わり枝先に付いていた小さな実も少しずつ大きくなってきましたので、今年最初の防除をしました。「奇跡のリンゴ」で有名な弘前の木村さんのように無農薬で栽培ができたら素晴らしいと思いますが、私のところでリンゴ、プルーンを無農薬で栽培したら、間違いなく収穫はゼロだと思います。自分たちで食べるものですから、なるべく減農薬で必要最小限にとどめようと思っていますが、基本的に果樹は実がならないと意味がないですもね。

リンゴは長径で1cmほどに成長しました。小さな実をたくさんつけていますが、秋に収穫できるのは何個くらいでしょうね。

IMG_1925.jpg

防除は背負い式の動力噴霧機(動噴)に長いノズルを付けて使っています。自重が15kgほどあり、タンクに15L入りますので、総重量で30kgほどになります。昨日は海でボンベ、ウェイトなど同程度の重量を背負いましたので、ちょっとヨレヨレの状態で噴霧していました。海の中では浮力がありますので重さを感じないのですが、オカの動噴は重いです。(^^♪

IMG_1914.jpg

処暑初候

カテゴリ:
今の時期は、 七十二候では「綿柎開 わたのはなしべひらく」と云うようです。綿の花はどこかで見たような気がしますが、綿を包む萼(がく)が開き始めて、あのふわふわの綿が飛び出してくる時期らしいです。

雨がちでちょっと見ないでいましたら庭の果樹もだいぶ色づいてきました。まだ木が細く幼木なのですが、春先に沢山の花が咲いた大実プルーンは、今年初めて実をつけて申し訳なさそうに5個なっています。長径で5、6cmと普通のプルーンに比べて相当大きい実ですが、お味のほうはいかがなものなのでしょう。

ブドウは春先に強剪定しましたので、今年は駄目かと思っていたのですが、思いのほかいい感じに生育しています。少し肌寒くなり寒暖の差が出て甘味が増してくる出来秋をちょっと期待してしまいます。

IMG_9601.jpg

IMG_9619.jpg

採り忘れると、こんなことに・・・

カテゴリ:
雨上がりの晴れ間ものぞいて蒸し暑い8月下旬の日曜日。のび放題になっていた原野ガーデンの草刈りをしました。刈払機の腰振り運動がスキーのトレーニングにいいかなと思うものの、暑いなか4時間もやや前かがみになって単調な作業をしていると結構疲労がたまってきます。トレーニングには程遠い腰痛だけが残りましたが、明日も頑張らないといけません。

菜園のほうも最盛期の勢いはなくなりましたが、まだまだ元気で毎日新鮮な野菜を収穫しています。
そんななか写真は採り忘れたゴーヤ。茂みの陰になって見つけることが出来ないでいると、こんな状態になっているのがたまにあります。青いゴーヤからは想像も出来ないような形ですが、さすが南方の野菜の雰囲気をもっています。コンポスト行きの運命が待っていますが、しばしその派手な姿に見惚れてしまいました。

****** 写真を撮り終えて ******
さて、捨てようと思っていたら、「その赤いところ甘いはずよ」との家内の声。すかさず赤くプヨプヨした物体を口に入れ味見をしています。半信半疑で恐る恐る私も口に含んでみました。「これ甘くて美味しい」と発したのは二人同時でした。
ゴーヤを栽培している方は、すでにご存知かも知れませんが、未経験の方はぜひお試しください。

IMG_9620.jpg

IMG_9524.jpg

真っ赤に完熟

カテゴリ:
ジメジメするものの気温が25℃ほどなので、蒸し暑いなどといったら内地の人たちに怒られそうな気がします。
少しずつ採っていたトマトが、ここにきて一気に色づいてきました。雨が降り、今まで我慢を強いられていた水分を存分に吸い込んだのか中にはパンパンになって割れ目が入っているのもあります。昔ながらの大玉の「米寿」、中玉のフルーツトマト、細長いミニトマトなど、いろいろ様々8種類16本も欲張って植えたので、眺めているだけで楽しくなります。

IMG_9487.jpg

IMG_9484.jpg

IMG_9491.jpg

家庭菜園でのトマト栽培の魅力は、真っ赤に完熟させてから収穫できることでしょう。次の日までおいたら枝からポトリと落ちるのではと思う寸前まで完熟させてから収穫すると最高です。
秋口までトマト三昧の日が続きそう。夏のうちに飽きるだけ食べておこうと思います。

IMG_9521.jpg

ビー玉のような・・・

カテゴリ:
昨日、今日の天気予報には傘マークがついていたのですが、雨雲はどこへ行ったのか雨は降りませんでした。近くのダムは渇水で農業用水に影響が出ているようなことが新聞で報じられていました。macotoガーデンでも朝夕に散水をしているのですが、天然の雨のようにはいかず、すぐカラカラになってしまいます。
そんな7月下旬を迎えていますが、グースベリーが赤く色づいてきましたので収穫しました。同年代の方は、子供の頃のおやつとしての「グスベリ」は忘れられない果実と思いますが、私も「グスベリ」には懐かしい思い出が沢山あります。可愛いビー玉のようで、口に放り込んでひと噛みすると甘酸っぱい香りが口中に広がります。
この「グスベリ」の正式名がグースベリー(gooseberry)だということを知ったのは自分で育てるようになってからですが、語源はガチョウ(goose)料理に合うことから来ているようです。ガチョウの卵にしては小さいですもね。
まずは凍らせて、その後ジャムにしようと考えています。

IMG_9392.jpg

カラスにやられました

カテゴリ:
近くでカラスが盛んに鳴いているなと思っていましたら、リンゴの袋が10個ほど無残に破られて散乱していました。カラスが引きちぎったようです。中のリンゴとも落とされていたのが数個で、残りはリンゴは殆ど無傷で袋だけの被害でしたので、ちょっとホッとしました。
袋がかかっていると中の生育の状態が分からないのですが、むき出しになったリンゴは、先月袋をかけた頃に比べてだいぶ大きくなっているようです。リンゴらしくなってきましたね。

IMG_9323.jpg

IMG_9329.jpg

まだ近くで鳴いていますので、ホームセンターからこんな光物の鳥除けを買ってきてぶら下げてみました。効果があるかどうか分かりませんが、当分は警戒して近づかないかもしれません。

IMG_9333.jpg

そしてむき出しになっていたリンゴにも袋をかけてやりました。今回は半透明のものですので、中の生育の様子が分かりそうな感じです。

IMG_9344.jpg

ラズベリーの実る頃

カテゴリ:
土がカラカラでしたが、今日のお昼頃から雨が降り出しました。こちらでは恵みの雨になっていますが、沖縄や九州では台風と梅雨前線の活発化により大雨になっているようで、天気はなかなか思い通りにはいかないようです。
そんな7月中旬近くですが、ラズベリーの実が熟してきました。数年前に1株だけだったものが、地下茎で増えて今では結構な数の実をつけるようになって来ました。独特の爽やかな香りと味で、朝のヨーグルトに彩を添えてくれます。

IMG_92981.jpg

IMG_9307.jpg

今年初めてなったカシスです。黒に近い濃紫色の小さな実で、ビタミンCやアントシアニンが豊富らしいです。

IMG_9304.jpg

ブルーベリーも何本かあるのですが、今年は花つきが良かったせいか沢山実をつけています。もう少し大きくなって実が熟したら、採った片っ端から口にポイポイ放り込んで食べるのが楽しみです。

IMG_9305.jpg

ジューンベリーは小鳥に相当食べられてしまいましたので、残りをすべて採取しました。早いのから完熟のものまでいろいろ様々ですが、小鳥と半々に分け合ったということで善しとしましょう。(^^♪

IMG_9310.jpg

ちょっと早かったジューンベリーの収穫

カテゴリ:
6月(ジューン/June)には収穫できませんでしたが、ヒヨドリが盛んについばんでいますので、そろそろと思い収穫してみました。全体にザァーっと見回した感じではちょっと早いかなと思いつつ収穫していましたら、早速脚立の下から家内の"NG警告"が発せられて、あえなく作業中止です。・・・仰るとおりです。もう少し色づかないとねぇ。
とりあえず凍らせて、ヨーグルトと一緒に食べてみることにします。

IMG_9194.jpg

IMG_9201.jpg

気を取り直して、原野ガーデンにある桑の実の収穫です。まだ木が小さくてパラパラしかなっていませんが、手がベタベタするくらいに甘くて美味しいです。同年代の皆さんも桑の実に纏わる思い出があると思いますが、桑の実の汁が服に付くと洗っても取れないんですよね。桑の実を食べて、服を紫色に無残に染めて帰っていつもお袋に叱られたものです。
そんな桑の実ですが、今の子供たちはこの実が食べられることを知ってるのかな。

IMG_9203.jpg

キュウリを初収穫

カテゴリ:
夕方から雨の予想が出ていますので、そろそろ食べ頃の大きさになったキュウリの収穫をしました。少し曲がっていますが、初物としてはまずまずの出来かも知れません。半分に割って味噌をつけて一気に2本くらいバリッといってみたいと思います。

IMG_9125.jpg

IMG_9114.jpg

野性味いっぱいのイチゴ

カテゴリ:
殆ど雑草かイチゴか分からないような状態に陥っているmacotoガーデンのイチゴ園ですが、毎朝小さなボール一杯ほどのイチゴが採れています。大小さまざま、しかもビニールなどは敷いていませんので、土に汚れたり虫に食われたりと、まさに『野性味いっぱいのイチゴ』です。
少しの間、虫とカラス、我が家の犬そして人間によるイチゴ争奪戦が繰り広げられそうです。食べ物の恨みは怖いですからね。(^^♪

IMG_9090.jpg

リンゴの袋掛け

カテゴリ:
6月の北海道らしいカラッとした天気が続いています。
昨日、少し早いかなと思ったのですが、最初の薬剤散布が終わりましたので、リンゴの袋掛けをしました。近くの農協の店舗で、新聞紙で出来た専用の袋を売っていましたので、とりあえず1セット100枚を購入。新聞紙といいましても2重になっていて、内袋はブルーのパラフィン紙のようなもので裏打ちされており、ご丁寧に口を止める細い針金も内蔵されています。3本の木で残った袋が7枚でしたので、93個の実に袋を掛けたことになります。
注意深くやった積もりなのですが、2個落としてしまいました。しかも立派な実でしたので、これだけは特に注意せねばと慎重にやったのですが、袋ごとポトリ・・・。「アッ、ア~ッ」と叫んだものの元に戻る筈がありません。人生ってこんなもんですね。(^^♪

IMG_9072.jpg

こんなに大きくなった果樹

カテゴリ:
6月上旬からの長雨で消毒や害虫防除が出来なかった果樹ですが、数日前の雨が上がった日に今年最初の薬剤散布を行いました。先日の台風のような強い風で落下したり傷ついた実が沢山ありますが、残った実は秋の収穫期まで無事成長してくれればいいなと思っています。
上からリンゴ、プルーン、梅です。リンゴはそろそろ袋掛けをしなくてはいけないようです。

IMG_9022.jpg

IMG_8999.jpg

IMG_8995.jpg

野菜畑の近況

カテゴリ:
昨日から久し振りの良い天気になっています。野菜畑のほうは長雨と日照不足で芳しくなかったのですが、この晴天で少しだけ元気を取り戻したようです。トマトはいろいろな種類を16本植えたのですが、早いものはピンポン玉を少し小さくした程度の実をつけています。キュウリも数本ですが、10cmほどの小さな実が見えています。今年初めてのネット・カボチャは順調に蔓を伸ばしていますが、本当に食べれるような実がなるのか楽しみです。
雨上がりの病気を心配していたのですが、いまのところはその兆候が見えず、一安心をしているところです。

IMG_9001.jpg

IMG_9005.jpg

IMG_9009.jpg

野菜苗の植え付け完了

カテゴリ:
狭い菜園ですが、石拾いをほぼ終えましたので、畝を作って野菜苗を植えました。
豆以外の苗はすべて購入したものですが、いろいろな種類のトマト、ナス、ピーマンを選んでみました。そうそうキュウリ、ゴーヤ、ネット栽培のミニ・カボチャなども数本あります。

IMG_8935.jpg

枝豆は種をポットで栽培し、この程度に大きくなってから移植しました。もうすでに結構大きくなっています。

IMG_8938.jpg

イチゴは収拾がつかない程に広がっているのですが、肥料を沢山やったせいか実を沢山つけています。カラスやうちの犬に食べられないで私たちの口に無事入るといいのですが。(^^♪

IMG_8933.jpg

ジャーマン・カモミール

カテゴリ:
昨年、種から植えたジャーマン・カモミールがあちこちで咲いています。一年草ですが、ローマンよりも丈が高く、花も沢山つけるようです。こぼれ種から増えていくようですので、そのうちにカモミールだらけになるのではと思っています。花を沢山摘んで、レモンバームと一緒にティーポットに淹れたら、微かにリンゴのような香りがして、とても美味しいハーブティーになりました。

IMG_8941.jpg

IMG_8945.jpg

このページのトップヘ

見出し画像
×