カテゴリ

カテゴリ:白銀は招く スキー

2017-2018 スキー・シーズン終了

カテゴリ:
今日で2017-2018のスキー・シーズンを終了しました。
スキー場には120cmの雪が残っており4月8日までゴンドラが動いているのですが、これからの1週間で仕事がフリーの日は天気が悪そうですので、今日で終わりということにしました。少し寒気が戻っていますので、ゲレンデ・コンディションは今の時期にしては抜群にいい状態です。今シーズンも本当に楽しい思いをさせていただきスキー場には感謝です。

隔日の仕事と交互の日に滑っていた感じですが、なんとか33回も滑ることができて大満足のシーズンでした。毎回持参して記録していたスキーのアプリによりますと、滑った距離の総延長は966.6km、垂直距離(累積高度)は166784.1mでした。
例えて言いますと、滑った距離は日本列島の半分ほど、高度では成層圏(11km~50km)から滑り降りた感じですから、よくまぁ滑ったものだと思います。

庭や菜園のほうも手を掛けて欲しいと待っているような声が聴こえてきますので、明日からはそちらへシフトしようと思っています。
P4020006
P4020001

30回目は春を感じて

カテゴリ:
明け方まで強い雨が降っていましたが、西から晴れてきましたので、今日もスキーです。今日で目標にしていた30回をクリアです。
朝方はしっかり締まった雪でしたが、3本くらい滑ったらグジャグジャの荒れた状態になってしまいました。出掛けに高温度用のワックスをアイロンで塗りつけていきましたので、割と滑ってくれましたが、明日から週末にかけてもワックスなしでは厳しいかも知れません。
ゴンドラの窓を開けても暑いくらいで、少し前までの凍えるような寒さは嘘のようです。クローズまであと2週間、汗を拭きながら頑張って滑ろうと思っています。
P3250016
P3250012-2

まさに春スキー

カテゴリ:
スキーへ行く予定ではなかったのですが、あまりの天気の良さに誘われ、ついスキー場へ足が向いてしまいました。晴天の休日は混雑しますので、お仲間さんへも「3本で帰ります」と宣言したのですが、時間が経過しても意外と混雑しなくて、お昼過ぎまでスムーズにゴンドラに乗り込むことが出来ました。スキー場の積雪は190cmでコンディションはバッチリですが、街中の雪は殆どなくなりましたから、早々にスキーを仕舞い込んだ方が多いのかも知れません。

帰りの道路ではロードバイクで走っている方を数人見かけました。寒いだろうなぁと思いながらも、いよいよロード・シーズンの開幕かなとワクワクしながら眺めていました。私も数日前に新しいパーツ交換のためにショップへバイクを預けています。スキーが終われば、雪山からロードへと駆け出していきます。
P3210018
P3210036

雪割りのほうが疲れます

カテゴリ:
やっと25回目を迎えますので、勇んで行ったスキー場。山の上は雲の中なのか靄がかかって視界が殆どきかない状態でした。おまけに湿り気を帯びた新雪が薄っすらと積もり、これが滑らなくて散々でした。午後も滑るつもりでしたが、意気消沈して午前中で退散してきました。
自然が相手ですからいろいろな日がありますね。
P3120005
スキーはあまり筋力や有酸素の運動にはならないような気がしていますので、昼食後は運動を兼ねて雪割り作業です。このところの暖気でだいぶ解けてきましたが、それでも深いところで私の腰くらいほどの積雪がありますからやり甲斐があります。塊状にして空気層を作っておきますと雪解けが早まりますし、明後日からの一層の暖気にも期待が持てます。
平年の3倍以上もの豪雪になりましたが、春は確実にやってくるものですね。(^^♪
P3120012

晴滑雨読

カテゴリ:
「晴滑雨読」・・・雨が降ったら本を読んで、晴れたらスキー

昨日までの風雨は嘘のように晴れ上がりましたので、今日は朝からスキーです。昨日は雨で気温が高かったので予想はしていましたが、思った通りのゲレンデ・コンディションでした。駐車場は歩くのも大変なスケートリンク状態、ゲレンデも同様にカチカチなうえに氷の塊がゴロゴロと凄いものがありました。これなら本を読んでいた方が良かったかなと思いましたが、「晴滑」と決めた以上はノルマを達成しないといけませんもね。さすがに脚が疲れました。(^^♪

そうそう、ここ七飯スノーパークはクローズが4月8日(日)まで延長になりました。今シーズンは雪がたっぷりとありますので、暖かい陽光のもとのんびりと春スキーが楽しめそうです。
P3100017
P3100020-2

リフトの下は足がつきそう

カテゴリ:
今日も家内と一緒に七飯スノーパークでした。
積雪は10cm下がって220cmになっていましたが、明日以降の雨と暖気でさらに減るかもしれません。クローズまで20日あまりになりましたが、この積雪量の感じではいいコンディションのまま終われそうです。
写真は高速リフトの吹き溜まりになっているところです。支柱部分が埋まってしまいチェアが雪の壁の間をすり抜けて登って行きます。スキーの先が雪面に引っかかったら大変なことになりますから、管理する方は除雪などに神経を使っちゃいますね。

そうそう、昔のスキー場の一人乗りリフトでは、乗り損なったり、途中で落ちたり、乗りながら雪面を滑ったりしたことがありました。スピードは速足くらいのノロノロでしたし、乗り場・降り場で減速をしませんでしたから、信じられないようないろいろなハプニングが起きましたね。
リフトがあるだけで「凄~い」と思った時代ですもね・・・。(^^♪
P3070008-3

みんな雪の中・・・

カテゴリ:
土・日はスキーに行かないのですが、数日来の悪天候と酷い道路状況のせいで急遽仕事がフリーになりましたので、ホームグラウンドのスキー場へ行ってきました。
3本目までは雪面が全く見えない靄(もや)と滑らない雪に難儀したのですが、4本目のゴンドラを降りたらご覧の晴天が待っていました。快調に滑り降りられたのは良かったのですが、ゴンドラ乗り場は長蛇の列。(長蛇と言いましても、乗り込むまでに待つのは10分程度なのですが・・・)
閑古鳥の平日のスキー場に慣れている身には堪えますので、結果的に5本だけ滑って、11時前には切り上げました。
土・日のスキー場は、学生さんや普段働いている若者ファーストかなと思いつつ、スキー場をあとにしました。
P3030012

本数だけは今シーズン最多かな

カテゴリ:
天気予報ではまあまあの空模様のようですから、今日もホームグラウンドのスキー場へ日参です。
期待に反して天気が良かったのは朝の1本だけで、午前中は曇って雪面が良く見えない状況が続いてあまり芳しいものではありませんでした。そんな状態でしたが、昼食の午後1時まで4時間、ゴンドラ(3319m)と高速リフト(1766m)をぶっ通しで滑って、合わせて15本を数えました。
昼食後は打って変わって良い天気になり、午前中でお帰りになったお仲間さんには申し訳ないのですが、午後は最高のスキー日和になりました。つい、得をしたような気持になり、結果的には2時半過ぎまで滑って、今シーズン最多の21本も滑ってしまいました。
アプリのski tracksのデータによりますと、累積の垂直降下(高度差)が10,000mを超えていましたから、一日でエベレストの頂上よりも遥かに高いところから滑り降りた計算になります。
ただ、滑っている正味の時間は1時間余りで、残りの4時間半は椅子に腰かけているだけですから、偉そうなことは言えないのですが・・・。

ふふ・・・Schi Heil (スキー万歳)です。(^^♪
IMG_2489-2

白銀にいだかれて

カテゴリ:
今日も家内とともにスキー場です。
私は20回の節目、家内は6回目です。2月末でやっと20回来ることが出来ました。
天気が良かったのは朝の1、2本だけで、あとは曇りがちで時折粉雪の舞う天気でしたが、昼頃までゲレンデが荒れることもなく、比較的よいコンディションでした。

今日も全国の多くのスキー場で沢山の方々が滑っておられることと思いますが、私たちも白銀の世界に戯れることが出来る幸せを感じて過ごしています。豪雪で何かと大変ですが、スキーがある限り雪国に住んでいて良かったなと思っています。(^^♪
P2260005-2

豪雪も少しは楽しまなくては・・・

カテゴリ:
函館の累積降雪量が史上2位の469cmに達し、積雪量も昨日の段階で82mと異常な雪の降り方になっています。観測を開始してから今までの累積降雪量は496cmが最高と言いますから、今冬に抜くことは間違いないと思います。

そんな豪雪も少しは楽しまなくてはということで、家内を誘ってスキーへ行ってきました。スキー場も積雪230cmともういらないくらいの雪が降り積もっています。結構高いところにぶら下がっていると思っていたゴンドラですが、眼下の雪面が除雪車で深く削ってありました。このスキー場がオープンしてからの30年来このような光景を見たことはありませんので、今年の雪の凄さにあらためて驚いていました。

晴れたり、曇ったり、時にブリザードと目まぐるしく変わる空模様でしたが、ゲレンデコンディションは良く、楽しく滑りまくっていました。この積雪量なら6月頃まで滑れそうな気がしますね。(^^♪
P2210013

積雪2mになったスキー場

カテゴリ:
1週間ぶりに家内を誘ってスキーへ行ってきました。
今年の函館は札幌を上回る積雪で、脆弱な除雪・排雪体制も相俟って、市内は幹線・脇道を含めてどこもひどい状態に陥っています。この大雪でスキー場だけは大喜びかと思っていたのですが、除雪費や暖房費がかさんで、ここも大変なようです。大喜びしているのは、スキーヤーとボーダーだけかも知れませんね。
そんな大雪のスキー場ですが、積雪表示がついに2mに達していました。これだけの雪があれば、4月上旬のクローズまで大丈夫でしょう。あと1ヶ月半のシーズン、大台の30回を達成できるでしょうか。
P2160006-1-3-2

粉雪が降り積もってフワフワ・・・

カテゴリ:
今シーズンやっと15回目になりました。もとが取れないかもと思っていたのですが、これで何とかシーズン・ノルマはクリアです。(笑)

天気予報に反して朝から細かい雪が降り続いていましたが、ゲレンデは圧雪した上に10cmほどの粉雪が降り積もって、最高のコンディションでした。ここのスキー場は早朝に踏み固めてしまいますので、このような状態の滑走はめったに出会うことはありません。3本くらい滑ったら気温が上がってボコボコになってきましたので、朝イチさんだけへのご褒美だったかもしれません。
P2090009

極寒の銀世界へ

カテゴリ:
数年に一度という強烈な寒波に覆われている日本列島ですが、昨日は函館でも-13.7℃と凍えるような寒さでした。今日は少し気温が上がったようですが、それでも依然として冷凍庫の中に入ったような状態が続いています。
雪も相当に降り、ゲレンデ・コンディションが良くなったようですから、スキーに出かけてみました。休みの日は頑張って出かけるようにしていますから、何とか11回目を数えるまでになりました。職場の人達からは「羨ましい~」と言われるのですが、スキー仲間からは「まだ、そんなもん」と鼻であしらわれてしまいますので、何となく複雑な心境です。(笑)

スキー場の表示で-14.0℃となっていましたが、滑っている体感はもっと下がっているような感じでした。とにかく寒くて、爪先も指先も感覚がなくなるほどでした。寒すぎてスキー板も滑らないような感じがしていましたが、それでも銀世界に飛び込んでいく爽快感はたまらないです。
P1260008

スキー用アプリの正確度は?

カテゴリ:
昨日のスキー場でのゴンドラ内でのこと。私の使っているスキー用アプリ「ski tracks」の正確度についてスキー仲間へふってみました。スキー場へ出かけるたびに使っているのですが、計測結果の最高スピード表示がちょっとオーバーなのではと思っていたからです。
15分間のゴンドラの中は、それぞれの想像が錯綜して一向にまとまりません。(笑) 「車でも80km/hを出すと緊張するよ」という言葉に頷き、半信半疑というか結論が出ないままゴンドラを降りたのですが・・・。

そんなこともあって、今日の仕事帰りに車で計測してみようと思い立ちました。車には正確なスピードメーターがついていますし、それと対比するのが一番だと思ったからです。
函館以外の方は地理がよく分からないので恐縮ですが、非常勤で勤務している湯の川の職場から自宅のある七飯町までの約20km間を計測対象にしました。ルートは産業道路を赤川まで来て、赤川インターから高速道路に入って七飯本町インターで降りるといういつもの通勤コースです。
IMG_2394
このところの暖気で路面は殆ど乾いていますので、車のメーター表示で産業道路は55km/h前後、高速道路(函館新道)は90~100km/hで走行しました。「ski tracks」のほうも加速と停止の繰り返しが綺麗な山になっていて、正確にプロットしているように見えます。
IMG_2385
あくまでも道路走行ですので、滑走距離や垂直下降、斜度などは参考になりませんが、肝心の最高速度が93.1km/hと表示されていることがお分かりいただけると思います。高速道路を走っている時に計測されたものと思います。前述のように車のスピードメーター表示で95km/h前後で走っていましたので、この結果からほぼアプリの計測は正しいと考えていいのではと思っています。

未だどのようなメカニズムで計測しているのかよく分かりませんが、私の考えではGPSを一定間隔で細かく区切って、その区間の通過タイムから割り出しているのではと予想しています。どうでしょう。
メカニズムに詳しい方に教えていただければ嬉しいです。
IMG_2384

今年の〆は白銀の世界で

カテゴリ:
今の時季の北海道は雪の話題しかありませんので、今年の〆もいつものように白銀の世界からです。
朝、出がけの家のところは晴天だったのですが、車で20分ほどのスキー場はご覧のような低い雲の垂れこめたあいにくの天気でした。1週間ほど目立った雪が降っていないせいか、やや硬めのバーンになっていますが、すべてのコースが滑れる状態になって、まあまあいい感じです。
年末年始のお休みで白銀の世界に繰り出す若い人や家族連れが目立ってきており、少しずつ賑わいをみせてきました。長いようで短いウィンターシーズンですので、寒さに負けずに存分に楽しみたいと思っています。

こんな白銀の世界しかない北の小さな町からですが、年末のご挨拶を申し上げます。
来年も良いお年でありますようお祈り申し上げます。
PC300006

白銀の世界へ

カテゴリ:
昨日(22日)も白銀の中でした。
このところずっと天気が芳しくなかったのですが、久しぶりに青空がのぞきました。抜けるような青空のもと、新雪が木々に降り積もって、梢の白さが一層眩しく感じられます。雪質は気持ちの良いパウダーですし、ゲレンデのコンディションは最高です。
PC220011-3

スキー&ボード用の面白いアプリ

カテゴリ:
日曜日はあまりスキー場へ行かないのですが、天気が良さそうなのと新しいアプリを使ってみたくて出かけてきました。

skiのアプリといいましても、私の場合はただ単に滑った回数をカウントできるものがあればいいなと思い探したにすぎません。いつも指を折ったり、雪面にストックで印をつけたりして回数を数えていたのですが、せっかくスマホを持っているのですから、電卓のようなもので毎回カウントできればと思っていました。
今の時代のスマホというかアプリの進歩は凄いですね。見つけたのは"ski tracks"というものです。無料のアプリも沢山ありましたが、少しお金を出した方がいいのかなと思い、99円で購入しダウンロードしました。無料のアプリで英語版のものもありましたが、これは日本語で対応してくれますので助かります。

早速、ゴンドラに乗り込んですぐにオンです。GPSと高度計が作動していることがリアルタイムで分かります。あとはポケットに入れて帰る時まで計測すればOKです。最高速度や滑走距離、斜度、回数などが毎回自動的に記録されていきます。最高速度が2回目に滑った時に78.9km/hと表示されましたが、どのようにして速度を計測しているのでしょうね。滑っているとそれほどスピードが出ているという体感はありませんが、車でも80km/hを出したら怖いですから、これが本当だとしたら、ちょっとビビッちゃいます。

日毎のデータはすべて累積されますから、シーズンを通して振り返るときに面白いかも知れません。スキーやボードをされる方におすすめのアプリと思います。
PC170016
PC170017
PC170018
このアプリのデータによりますと、今日は9:01にゴンドラに乗り込み、11:16に駐車場に戻ったことになります。ゴンドラに5回乗りましたが、3回目以降に混んできて待ち時間が長くなったことも分かります。
すでにトップシーズンのような素晴らしい雪質で、白銀の世界を満喫しています。
PC170014

17~18シーズン 初滑り

カテゴリ:
先週の土曜日にオープンしたスキー場。今日、17~18シーズンの初滑りをしてきました。
例年の今頃ですと、下のリフトのみでの暫定オープンが普通ですから、初日からゴンドラが稼働していることからも異常に雪の多いシーズンインになっていることが分かります。午前中いっぱい滑ってきましたが、やはりウィンタースポーツは楽しいです。
年齢とともに暖かい南の地に憧れを抱くようになってきましたが、この白銀の世界と爽快な気分を味わうと北国からは離れることが出来ないなと思ってしまいます。(^^♪
PC150010-2
PC150014-2

スキーのファイナル・デイ

カテゴリ:
すっきりと晴れ渡った日曜日、スキーのファイナルを迎えました。午後からはお楽しみ抽選会があることもあって久し振りに大勢のスキー客を迎えたスキー場で滑ってきました。お遊びですから、やはり賑やかな雰囲気のほうが高揚感があっていいですね。私は後半に頑張った甲斐があって、27回行くことが出来ました。目標は30回だったのですが、怪我もなく楽しく滑れましたので、まあいい感じかなと思っています。
スキーが終わると夏のアクティビティやガーデニングに移行しますので、これからも忙しくも楽しい日々を過ごしていきたいと思っています。
P4020025
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

山は一夜にして真っ白に

カテゴリ:
天気予報が良い方に変わりましたし、仕事もフリーでしたので、今日もスキー場です。昨日の函館や七飯は雷を伴った雨でしたが、スキー場は山頂で20cmの降雪があったそうで、朝のスキー場はご覧のような白銀の世界に一変していました。一昨日の滑らない状態も解消されていて、わざわざワックスを塗る必要もなかったかなと思って滑っていました。あとは明後日のファイナルで今シーズンの滑り納めになります。
P3310001-3
P3310005-3
P3310013-3
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

ファイナルまでもう一、二度は行きたいなぁ

カテゴリ:
いよいよ、今度の日曜日が今シーズンのスキーのファイナル・デイになります。
そんなことで、家を出る時にはやや強めの雨まじりのミゾレでしたが、スキー場へ車を走らせました。家から30分ほどでスキー場に着きますが、トンネルを抜けたあたりから空が明るくなり、スキー場の山頂付近も春霞がかかっているもののぼんやりと日が差しているようでした。そのスキー場、積雪はまだ140cmもありゲレンデで地面が見えているところは殆どありませんから、今シーズンは凄いと思います。
麓で雨だったものはスキー場では湿雪だったようで、これがくせ者でまったくと云ってよいくらいに滑りませんでした。おまけに所々で急ブレーキがかかり、これが結構膝にきます。お昼まで滑ってきましたが、午後まで滑る気力は残っていませんでした。悔しいので、帰って来てから湿雪用のワックスをアイロンで掛けましたが、さて滑るようになるでしょうか。ファイナルまでもう一、二度は行きたいと思っています。
P3290031-3
P3290035
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

まだまだ絶好調

カテゴリ:
今日でやっと23回目になりました。庭の雪はすっかり解けて春の佇まいになりましたが、スキー場はまだ145cmの積雪があり絶好調です。毎日、圧雪車でがっちり固めていますので、転んだらダメージがありそうですが、この時期の雪質としてはいいほうなのかもしれません。ファイナルまで10日ほどになりましたが、何とか頑張ってあと3回は来たいと思っています。雲の形や雪原に映る影の感じもめっきり春めいてきましたね。
P3240025

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

日曜日くらいは混まないと・・・

カテゴリ:
日曜日など休日には出かけないのですが、シーズンの残りが少ないのと、この雲一つない晴天には勝てずにスキー場へ車を走らせました。3月中旬とはいえさすがに日曜日ですね、家族連れなどで賑わっていました。いつものマイゲレンデ状態しか知らないものですから、ゴンドラ乗り場に出来た順番待ちのちょっぴり長い列が新鮮なものに映りました。
来シーズンのニューモデルのスキーの試乗会も開かれておりましたので、ちょっとだけ覗いて見ました。欲しいスキーがありますが、我が家の緊縮財政では手を出すことは出来ません。(^^♪
噴火湾の向こうに見る羊蹄山、今までで一番くっきりかな。
P31900201

P31900261
P31900121
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

ちょっと滑り過ぎかな・・・

カテゴリ:
七飯スノーパークは今日もピカピカの良い天気でした。いつものように朝イチから昼食を挟んで2時過ぎまで滑りまくっていました。ゴンドラに乗り込んだのが今年最多の15本を数えましたので、スキー場からイエローカードを出されるのではとビクついて滑っていました。(^^♪ 全長4kmですから、総距離60kmを滑ったことになります。家内は、「そんなに滑って飽きないの」と言いますが、答えは「ア・キ・マ・セ~ン」。 重力に任せて滑り下りるだけなのですが、なぜスキーはこんなに楽しいのでしょうね。
P3170015

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

気持ち良過ぎ・・・春スキー

カテゴリ:
朝イチから滑り始めて、昼食もとらずに2時近くまでぶっ通しで滑っていました。昨日の雨でゲレンデ状態は期待していなかったのですが、山は雪だったようで新雪が薄っすらと積もってほぼパウダーのベストコンディションでした。昼過ぎからはゲレンデに殆ど人がいないマイゲレンデ状態になりましたので、身も心も飛んでけ~なんて感じで快調にバンバン飛ばしていました。ニセコなど混んでるところではこんな芸当は出来ませんが、こんなところが田舎のスキー場のよいところです。今日の回数は・・・気持ち良過ぎて忘れてしまいました。(^^♪

少し春霞がかかっていますが、噴火湾の対岸に昨年の初夏に山友のsiさんと一緒に登った羊蹄山をはっきりと望むことが出来ました。その左手にうっすらと見えているのはニセコ連峰の山並みでしょうね。
P3150026
P3150032
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

春スキー、まだまだ快調

カテゴリ:
18回目のスキー、やっと20回の節目達成が見えてきました。家内は7回目とやらで、何となく満足しているようです。
昨日に続いて気温が高く、ゲレンデのコンディションを心配していたのですが、積雪はまだ150cm、バーンも締まって素晴らしいコース状態でした。春休みに入ったようですが、若い方を含めて来場者はめっきり減ってしまいました。そんな中でもきらびやかなスキーウェアを纏ったお爺さんやお婆さんはほぼ皆勤ですから、まさにシニア世代のパラダイスになっています。ゴンドラの中で、フェースマスクとゴーグルを外さない限り、皆さん20~30歳台に見えるほどにパワフルで上手いですから凄いです。お爺さんの仲間としては、クローズの日まで負けないように滑ろうと思っています。(^^♪
P3150016-2
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

積雪145cm・・・まだまだ大丈夫

カテゴリ:
朝に家を出る時は、前が霞むくらいの雪が降っていましたので、止めようかと思ったのですが、せっかくの休みですし、滑りたいという欲望を抑えきれずにスキー場へ向かいました。案の定、スキー場も日差しが覗いたり、雪が降りだしたりと落ち着かない天気の一日でした。函館市内は殆ど雪が無くなりましたが、タイトルにも書きましたようにスキー場は145cmの積雪があり、まだまだ大丈夫そうです。新雪がうっすらと積もり、先日のガリガリが嘘のようにパウダーのとてもいいコンディションでした。
そうそう、「macotoさん、何回来たの・・・?」と何度か訊かれました。こっそり「シーズン券のもとくらい」と小さく俯きながら囁く私でした。うふふ・・・
P3080012P3080015
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

やっと15回目

カテゴリ:
朝から風が強いものの比較的良い天気でしたので、七飯スノーパークへ行ってきました。
ゴンドラの中でお仲間さんが「昨日は一日中滑っていたいくらい良かったよ」という言葉がむなしいくらいに今日のゲレンデ・コンディションは凄いものがありました。昨日の暖気(プラス9℃)が一気に凍って、ガリガリ、ゴロゴロの連続で、1本滑った段階で「もう帰ろう」気分になってしまいました。でも根が貧乏性ですから、中腹よりも上の高速リフト・ゲレンデに場所を変え、ヘロヘロになりながらもお昼まで滑ってきました。山にだけもうひと雪降らないかなぁと思っています。やっと達した15回目、過酷な一日でした。ふぅ~(^^♪
P3030006_1P3030009
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

これ以上は望めないスキー日和

カテゴリ:
天気予報通り移動性の高気圧に覆われて、これ以上は望めないスキー日和になった七飯スノーパーク。「雲一つない」というのはこんな日を云うのかなと思っていました。気温が低いせいかお昼近くになってもゲレンデは荒れずに快適なままでした。明後日からは3月、いよいよ春スキーのシーズンに入ります。雪の中に埋めて冷やした缶ビールで、青空に向けて「カンパーイ」なんてことも昔やったなぁ・・・なんて思い出しています。今度、家内の車で行って、やってみようと密かにたくらんでいます。(^^♪
P2270008
P2270028
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

吸い込まれそうな青空

カテゴリ:
天気予報が良い方向に外れてくれたようで、七飯スノーパークは風のない晴天に恵まれました。まさに願ってもないスキー日和です。下の方は昨日の雨が凍ってガリガリでしたが、私が主に滑っていた中腹よりも上のゲレンデはパウダーで雪質も最高でした。
ニセコや富良野などのスキー場は、オーストラリアや中国系のスキーヤーで賑わっているようですが、ここは地元の方々がメインで、平日は私のようなお爺さん、お婆さんばかりです。しかも滑っている絶対数が少ないですから、殆どマイゲレンデ状態です。そんなお爺さんやお婆さん、ヘルメットとフェイスマスクをつけて颯爽と滑る姿からはお年を感じさせませんし、皆さん若々しくて凄いです。きらびやかなスキーウェアの中身は少しずつ萎(しな)びてきていますが、この吸い込まれるような青空と白銀の世界を見ると、心の皺だけでもピーンとするような気がします。
P2240009P2240013
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

これからは余裕でシーハイル

カテゴリ:
数日に渡って雪が降っていましたし、今日の天気予報は晴れマークが出ていましたので家内とスキーへ行ってきました。天気はまずまず、雪質も良くて、気持ちの良いスキー日和でした。家内は4回目、私は12回目ですので、私のシーズン券はめでたくモトをとったことになります。根が貧乏性ですからこのへんはしっかりしています。(笑) まだ2月下旬、そして3月いっぱいとシーズンが残っていますし、これからはいわゆる「オマケ」という気持ちで、余裕でシーハイルです。(^^♪
P22200061
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

室蘭までくっきり

カテゴリ:
朝から天気があまりよくありませんが、フリーでしたので思い切ってスキーへ行ってきました。日差しには恵まれませんでしたが、風はなく、思った以上に雪質も良くて、午前中のみ楽しんで先ほど帰ってきました。天辺まで上がってみましたら、噴火湾越しに対岸の室蘭方面がくっきりと見えていました。海の上の水平線上に白っぽく見えているのが対岸の山並みです。羊蹄山も山麓がくっきりと見えていましたよ。
お昼を食べましたので、これから泳ぎに行って、そのあとは温泉です。貴重なフリーの日は慌ただしく過ぎていきます。(^^♪
P2100006

やっと8回目

カテゴリ:
今日はあまりパッとした天気ではなかったのですが、家内と一緒にスキー場へ繰り出してきました。今日で8回目ですから、目標の30回はほとんど絶望的で早々とギブアップ宣言です。少し前に雪が降ってオープンしたと思っていたスキーシーズンも早いもので残り2ヶ月を切ってしまいました。もう少し足繁く通わないといけないかなと思っているところです。
P2080009

雪煙シュプール

カテゴリ:
今日はフリーですし、昨日よりも気温が上がったようですから、家内と一緒にスキーでした。私は7度目、家内は今年初めてのスキー場です。首都圏の高校生と思われる団体さんが400人ほど入っていましたが、閑散としている平日ですから、このくらいが賑わいがあってよい感じです。

渋る家内にカメラを渡し、何か美味しいものを奢る約束をして、滑るところを何枚か撮ってもらいました。普段どんな格好で滑っているのか分かりませんが、写真に撮ってもらうと、あれこれ口で言われるよりも、自分の滑りがよく分かります。もう少し力を抜いてリラックスして滑っていると思うのですが、年甲斐もなくカメラを意識して固くなっているようです。もう少しメンタル面から鍛えないといけないようですね。(^^♪
P2030134

-14℃ 体感はもっと寒い・・・

カテゴリ:
朝から風がなく薄日が差すようなスキー日和の天気でしたが、今日のスキー場は寒かったです。掲示されていた気温は-14℃でしたが、実際に滑っているときに感じる体感温度はこれよりも数度下がるものと思います。
本州ことに西日本で大雪になっているようですが、こちらではほとんど降っておらずピステンで圧雪することもあり結構固いバーンになっています。こんなバーンで転んだら痛いだろうなという不安がよぎりますが、めげずにガンガン滑っています。
先日まで山全体を白く彩っていた樹氷(霧氷)は、寒いわりには乾燥しているせいか、まったく見られませんでした。今日で6回目、まだお仲間の方々の1/5も行ってませんので、これから少し回数を稼ぎたいと思っているところです。
P1250007

ピカピカの天気が気持ちいい

カテゴリ:
天気予報が大外れで、朝から風もなくピカピカの天気でした。今日も樹氷が眩しいスキー場と常夏のプールで一日を過ごしてきました。
まずは午前中のスキーということで、3時間で7本滑ってきました。滑走距離が4kmありますので、28km滑ったことになります。といいましても山頂から5分ほどで滑り降りてきますので、実質の滑っている時間は計35分ほどで、残りは20分ほどかかるゴンドラの中ということになります。7本ということはゴンドラの総時間が140分にもなりますが、ただ座っているだけですから、これはスポーツなのとちょっと疑問にもなってしまいます。近頃のスキーはカービング仕様ですから、簡単にいいますと体重移動だけで曲がってくれるようになっています。昔はやれずらしだの横滑りだのといって結構疲れたものですが、それがない分、スキーで疲れるということは私のようなレベルでも少なくなったように思います。カロリー消費は飴玉2~3個程度かなと思っています。
一方の午後からのスイミング、1500~2000mほど泳ぐのですが、こちらはスキーに比べて数段疲れます。全身に水圧がかかるせいもあるのでしょうが、結構いい運動をしているという気持ちになります。スキーはそれなりに危険をともなうスポーツですが、その点スイミングは溺れない限り安全ですので、中高齢者にとってはアドバンテージのあるスポーツかなと思っています。
P1200015
P1200017

やっと4回目のスキー

カテゴリ:
今日はフリーでしたので、スキーとスイミングを楽しんできました。選んだようにフリーの日の天気が芳しくなく、今シーズンは今日で4回目ですので、目標の30回はちょっと無理のような感じになってきました。目標はあくまでもモチベーションのためですので、何回でもへっちゃらなのですが、スキー好きおじさんとしては出来るだけ滑りたいなと思っています。
今日は薄日が差す程度でしたが、風は殆どなく絶好のスキー日和でしたし、積雪は多く雪質も良くなって最高のゲレンデコンディションでした。気温が高いせいか樹氷は見られませんでしたが、それでもスノーホワイトの世界に大満足です。お昼過ぎまでたっぷり滑って帰宅し、昼食後は家内を誘ってプールでスイミングです。外の雪景色を見ながらゆったりと泳ぐのは、スキーとはまた別の世界でこちらも気持ちがよかったです。
P1180001-3
P1180007
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

初滑りと初泳ぎ

カテゴリ:
昨日は非常勤の初仕事、そして今日は一日フリーでしたので、今年のスキー初滑りと初泳ぎを楽しんできました。朝から風のない良い天気で絶好のスキー日和です。家のところは殆ど雪がありませんが、同じ町内でもスキー場に近づくにつれ新雪が10cmほど降り積もっており、車を走らせながら絶好のゲレンデ・コンディションの予感にワクワク感が高まってきます。ゴンドラで15分かけて山頂に到着し、スキーを装着して滑りだしたら予想通りのパウダー・スノーです。粉砂糖のような軽い雪で、体が浮くような感じで気持ちよくターンしてくれます。

スキーは12時前で引上げ、家へ帰って昼食を食べてから、午後は家内を誘ってプールで初泳ぎです。3時間程度のゲレンデ・スキーでは殆どエネルギーの消耗はありませんが、プールで1時間も泳ぐと結構疲れますので、ちょうどいい感じです。スキーでは割と力を抜いて滑っているのですが、水泳では無駄なところに力が入っているからなのかもしれません。3月末までのフリー日はこんな感じです。
P1060016P1060028
P1060017
P1060022

peak cafe へ

カテゴリ:
週3の非常勤の仕事納めは現役の方よりも1日早い昨日でしたので、今日は七飯スノーパーク・スキー場です。行く予定ではなかったのですが、朝起きてから空を見たら晴れていましたので、それっということで車を走らせました。なんたって30分もかかりませんので、いつもこんな調子です。
朝のうちは薄曇りの天気でしたが、次第に晴れてきて真っ白な樹氷が青空に映えてとても綺麗でした。つい調子に乗って昼食を挟んで5時間も滑ってしまい、帰って来てからも少し太腿がはっているような感じです。
昼食は山頂に今シーズンから出来たpeak cafeでいただくことにしました。ちょっとお洒落でスキー靴を履いたまま入るのは気がひけるような・・・まあそんな感じです。寒かったり疲れたりしたら、ちょっとひと休みして珈琲などをいただくのもいいかも知れません。
PC280077
PC280044
PC280030
PC280068
PC280090
PC280083

ピカピカに晴れた七飯スノーパーク・スキー場

カテゴリ:
雪不足が懸念されていた七飯スノーパーク・スキー場ですが、ゲレンデは見事に仕上がっていました。お仲間さんはゴンドラが本稼働する前から滑っていたようですが、私は今日が今シーズンの初滑りです。冬休みに入って最初の日曜日ということもあって大勢のスキーヤーやボーダーが来場し、ゲレンデに思い思いのシュプールを描いていました。
町内のスキー場ですので、少しだけ宣伝をしますと・・・
ゴンドラは、日本最長クラスの3319mもあって山頂から一気に4㌔も滑ることができます。真正面に駒ケ岳、さらに天気の良い日には噴火湾越しに洞爺湖周辺の山々や羊蹄山まで望むことも出来ます。ちょっと単調で物足りないと言う人もおりますが、ロケーションの良さとまあまあの雪質ですので、私のホームグラウンドにはぴったりのスキー場です。
今冬から山頂部に「peak cafe」が出来ましたので、珈琲を飲みながらのんびりと滑りたいと思っています。シーズン券のもとをとるだけ来られるか心配なのですが・・・(^^♪
そうそう、首都圏や関西などの方々には考えられないでしょうが、私は殆ど午前中の数時間だけ滑って帰ってきます。家から30分もかかりませんので、昼飯前にちょっと行って滑ってくるといった感じです。庭先かマイ・ゲレンデってとこですね。
PC250003

スキー板のチューンナップ

カテゴリ:
久し振りに小春日和の良い天気ですし、仕事もフリーでしたので、スキー板のチューンナップをしました。昨シーズン終了後にワックスを塗って保管していましたが、エッジの調整はしていませんでしたので、今日はエッジの研ぎ出し作業です。
まず、作業台にバイスをセットしてスキー板を固定します。エッジの角度調整器は88度と89度を持っていますが、今回は88度にファイル(ヤスリ)を付けて研ぐことにしました。あまり強く押し付けますとエッジが減りすぎますので、軽く押し付ける程度の力でヤスリの目に沿って均一に動かすことがコツです。業者さんに出しますとトップとテールを丸めることがあるようですが、私はそのままにしています。滑ってみてあまり感じが良くない場合は再調整が出来ますので、このへんがセルフ・チューンナップの良いところかも知れません。家内の板1台、私の板3台ですが、2時間もあれば完了です。意外と簡単にできますので、おすすめです。

まったく雪がありませんが、あと10日余りでオープン予定の町内のスキー場は大丈夫でしょうかね。
PB300008PB300021

谷回りが上手くなる・・・?

カテゴリ:

あと数日で12月、各地でスキー場がオープンしたというニュースを耳にするようになりました。私の住む町にあるスキー場も12月10日にオープン予定になっています。そんなことでそろそろスキーの話題でも。

ski journalの11月号に載っていたようですが、『異次元のターンが手に入る。たった2つのこのパーツで』というフレーズが気になっていました。製品名は『ステルステック』、わずか3cm四方の薄いパーツを装着するだけで、ポジションが安定し、大きな内傾角度でのターンをコンパクトにして、ゲレンデスキーヤーの谷回りを簡単にするというのが謳い文句です。
開発したのは千歳市の「ブレイン」というハウスメーカーといいますから驚きです。北見工業大学・冬季スポーツ科学研究推進センターとの5年間の共同研究の末に生まれた製品らしいです。 ブーツのフットベット(プラスチックの中敷きのような物)の裏に貼りつけて使用します。

注文していたら昨日ご丁寧な手書きの購入お礼の手紙とともに製品が届きました。
私はまだ貼り付けていませんし、もちろん使ったこともありませんが、厚さ1mmほどの薄っぺらいプラスチック板に本当に謳い文句のような効果があるのか半信半疑で眺めています。私の技術では体感できそうもないような気もしていますが・・・。まあ、売り上げの一部はアルペンスキー選手の育成に充てるようですし、地元の中小企業が意欲的に頑張って製品化に漕ぎつけたのですから、寄付で終わってもいいかなと思っています。
PB2800001
PB2900006
0008

まさに春スキー

カテゴリ:
今日のスキー場は、滑るたびに汗が噴き出すような陽気でした。朝のうちはきれいに均してくれていたゲレンデも数本滑る間にグジャグジャ状態で、おまけにブレーキがかかるほどに滑らなくなりました。例年のことながら春のお彼岸が近づくと、まさに汗を拭き拭きの春スキーへ突入です。ゴンドラ内ではヘルメットを外し、ウェアのジッパーも開けてクールダウンです。フゥーッ、暑い~。
P3180033-2

あと何日滑れるかなぁ

カテゴリ:
天気予報ではピカピカの予報でしたので、家内とスキーに行ってきました。家のところではそれほどでもなかったのですが、スキー場は風が強く、しかも曇りがちで、見事に天気予報はハズレでした。それでも汗ばむほどに気温が高く、お昼頃には水分を帯びてスキーが滑らなくなりました。滑る前に湿雪用のワックスを毎回塗りましたが、肝心の下の方に来るとワックスが剥がれてしまいあまり効果はありません。スキー場は今月末までですが、私はあと何日滑れるかなぁ。
青い空と白い雪、思い思いのシュプール・・・スキーは気持ちがいいです。
P3160012-3

一転して寒くなったスキー場

カテゴリ:
一昨日は10度近くまで気温が上がって春本番のような陽気だったのですが、今日は一転して寒い一日になりました。おかげでゲレンデはガリガリ状態で、気を抜くと自分が思っている以上のスピードが出てしまいます。曇ったり、雪がちらついたり、雲間から日差しがのぞいたりと目まぐるしい天気でしたが、つい休憩を忘れてしまうほどに滑り続け、気が付いたら1時になっていました。
寒いものの雪景色にもどこか春の足音が近づいているように感じられます。
P3090008-3

春の陽気になったスキー場

カテゴリ:
函館で10度ほどまで気温が上がりましたが、七飯スノーパークも11時頃には朝靄もすっきり晴れて、春の陽気になりました。お昼頃にはザクザク雪になりましたが、春の陽光を浴びてのスキーは真冬とは違った心躍るような感じになります。雪に埋めたビールがあるともっといいのですが、帰りの車の運転がありますからね。マンタンさんとゴンドラで一緒になりましたし、楽しいスキー三昧の一日でした。
P3070004-3
P3070007-2

年中スキーシーズンならいいのに

カテゴリ:
ホームグラウンドのグリーンピア大沼が今週末でクローズということもあり、家内と七飯スノーパークへ行ってきました。私は2度目ですが、彼女は今シーズン初めてのスノーパークですので、ちょっとワクワクしているようでした。ゲレンデの途中で立ち止まっていたので声をかけたら、足がつりそうというのでお昼で終わりにしましたが、私はもう少し滑りたいというのが本音でした。でもこのくらいで止めておくのがいいのかも知れません。スキーをしていると一年中スキーシーズンならいいのにと思ってしまいます。
P3040125-3

久し振りのスノーパーク

カテゴリ:
3月に入ってシーズンも終盤を迎えたスキー。今シーズンはじめて七飯スノーパークへ行ってきました。薄日が差したり雪が降ったりと目まぐるしい天気でしたが、雪質はまあまあ良くて楽しく滑ってきました。昼食を挟んでの5時間、近年ではこんなに本数を滑ったことはないのですが、久し振りにたっぷり滑れて満足の一日でした。
P3020004-2

ゲレンデを独り占め

カテゴリ:
天気予報では午前中はまあまあの予報ですので近くのスキー場へお出かけです。今日もスキーのあとはスイミング・アンド・スパですから、大道具や小道具をわんさと積んでの出発です。小学校のスキー学習もそろそろ終わりの時期なのかいつもは賑わっているスキー場は閑散としています。
家内は写真のように広いゲレンデを独り占めしてガンガン滑っています。私は後半のプールでバチャバチャすることがメインですので、エネルギーを温存してあまりがつがつ滑らないようにしています。
P2220047-2

スキーは準備体操から

カテゴリ:
朝から風がなく絶好のスキー日和ですので、家内とスキーに行ってきました。私はシーズン券ですが、まだ6回目ですので、今年はスキー場への寄付でクローズを迎えそうな気配です。
先日からスキー2時間、スイミング1時間、温泉そして昼食という、どこかのリゾートで過ごすような豪華な(?)スケジュールで楽しんでいます。リゾート気分といいましても、当日支払ったのは、家内のリフト2時間券の600円のみで、あとは会員券や貯まったポイントで賄っています。貧乏人はこのへんの楽しみ方がうまいんです。
ただ、それぞれの二人分の道具が必要ですので、ドサ廻りの旅芸人のように、スキーと水泳パンツといった、どう見てもマッチングしないものを車にどっさり積んで出発します。「ふふ、なんか変だねぇ」と言いつつも、満更でもなさそうです。私たちはどこか世間の常識からずれているところがあります。(^^♪

近くの小学校のスキー学習がいつものように行われて賑わっています。まずは、くっきりと聳える駒ヶ岳を背景に準備体操をして、身体を整えてから、いざスタートです。
P2080001

このページのトップヘ

見出し画像
×