カテゴリ

カテゴリ:白銀は招く スキー

霧氷がきれい

カテゴリ:
七飯スノーパークは積雪105cmとベストのコンディションになりました。オープン時の雪の少なさが嘘のようです。山頂付近の霧氷も一段と輝きを増して美しくなってきました。今日は天候具合を見ての出勤でしたので、スキー場へ着いたのが10時になっていました。

仕事とスキーの隔日交互出勤ですが、静と動のどちらも大好きですので、毎日好きなことをさせていただいていることに心から感謝です。感染症とともに免疫力が話題になっていますが、なんでも好きと思って能動的に行動することが心と身体には大切かなと思っています。
P21900022-2
P21900071-2

ski run with GoPro

カテゴリ:
一昨日撮影したGoPro動画の編集が完了しましたので、Youtubeにアップしてみました。
前述のようにあまり天気は芳しくありませんでしたが、10cmほど積もった新雪の上を一緒に滑っている感覚でお楽しみいただければと思います。山の上で氷点下14℃ほどととても寒い日でしたので、雪が軽くて何となく上手くなったような錯覚に陥ってしまうほどでした。
コースはチャレンジコースといい、クアトロ高速リフトに添ってゲレンデの滑走距離は約2000mあります。天気の良い日は真正面に北海道駒ケ岳、大沼を望むことが出来るとてもロケーションの良いスキーエリアです。
再生時間は3分30秒。途中から音楽が流れますので、音量にご注意ください。

 

真っ白な世界

カテゴリ:
今日も早朝にマイナス12.4℃になった当地です。昨日今日と寒いのですが、積雪は依然として8cmほどしかありません。
天気予報では日差しが望めそうですので、いそいそとスキーへお出かけです。トンネルを抜けたら天気は一変して山頂部は白く霞んでいてガックリです。
午前中粘りましたが、明るくなったのは一瞬で、ほとんど薄曇りの寒いなかの滑りとなりました。積雪は100cmとなり、ゲレンデコンディションは少しずつ良くなってきました。
P2100005-2

視界不良、しかもボコボコ・・・(/_;)

カテゴリ:
暫くぶりにスノーパークへ出勤してきました。
出勤途中もホワイトアウト状態で山頂の様子を気にかけていたのですが、案の定滑り始め早々から視界不良でした。表示の積雪は85cmになってだいぶ良いコンディションになりつつあるのに残念です。
しかも今日はコース全面非圧雪で、10cm程度積もった雪は最初は面白いかなと思ったのですが、やや重めの雪ということもあって、数本滑ったらゲレンデはボコボコ、足はパンパンになってしまいました。
そんな感じで、帰り頃には少し明るくなってきましたが、転ばないようにチョロチョロ滑りのご出勤でした。(^^♪
P2070016
P2070007
P2070003

雪乞いが天に通じた?

カテゴリ:
雪乞いが天に通じたのか、7~8cmほどの新雪がゲレンデに積もりました。
頂上から半分ほどが非圧雪で、一番ゴンドラでしたので、まっさらのフワフワの雪を滑ってきました。こんな素晴らしいパウダースノーを滑ると、何となくいい一日を過ごせそうな気がします。
雪不足でまだ高速クアトロを動かせないような状態で、付随するコースも滑れませんので、早く滑れるような大雪が降って欲しいと思っています。
そうそう、全山が真っ白になるような霧氷も今年は目にしていません。本当に変な冬ですね。
P1170002
P1170013

スキーで転倒・・・?

カテゴリ:
全国的に雪不足が続いていますが、北海道南部の当地も異常な雪不足になっています。
道路は夏のようで走りやすいのですが、スキーヤーは雪乞いをしたいような気持になっています。
ホームゲレンデの七飯スノーパークも人工降雪機をフル稼働してやっと30cmを確保しているような状況です。ゲレンデコンディションも日によって変わり、凸凹や雪塊のゴロゴロがあったりして、お世辞にも良いコンディションとは言えません。

昨日は天気も比較的良かったので、一番ゴンドラに乗り込んで滑ってきました。GoProは初めてスキー板に装着してみました。ちょっとしたアクシデントがありましたが、どんな具合に写っているかご覧いただければ嬉しいです。
再生時間は3分12秒です。音楽が流れますので、音量にご注意ください。

※テキスト変更や再生時間の短縮など少し手直しをしました。再度ご覧いただければと思います。(2020/1/17)

 

少し雪が増えて・・・

カテゴリ:
8時に出かけたら8時半にはスキー場に着いてしまい、一番ゴンドラに乗り込んでスキーを楽しんできました。下界で雨だった一昨日はスキー場では湿った雪になったようで、少し積雪が増えていました。コースは一つ増えて、ゲレンデも滑りやすくなってきました。

慌てて出かけたわけではないのですが、GoProのマウント接続ボルトを忘れてしまい、動画はゴンドラの窓から雪景色を撮ってみただけです。たいして面白い動画ではありませんので、動画から静止画を取り出してみました。私の常識ではビデオなどの動画からの静止画はブレが大きくてあまりきれいには取り出せないと思っていたのですが、GoProの動画からは普通のコンデジで撮ったような静止画が得られることに驚いてしまいました。ワイドのスーパービューですので、立て掛けてあるスキーなど周辺が歪んでいますが、これだけ撮れれば立派なものですね。
GH010158

深刻な雪不足

カテゴリ:
お正月の混雑は避けていましたので、今日が今年最初のスキーでした。
年末から殆ど雪が降っていませんので、前回に比べ地面の露出しているところが拡大したりして、お世辞にもいい状態とは言えませでした。頂上からは1本のコースしか確保されていませんので、まあ滑れるだけいいかなといった感じです。街中は道路が夏のような状態で快適ですが、スキー場にとっては死活問題でしょうね。これからの1週間も天気予報は比較的穏やかな天気のようですから、雪の望みは期待薄です。
深刻な雪不足はスキーなどの観光産業だけではなく、農業などへの影響も心配されています。
P1060008-2

雪不足の中ゴンドラ運行開始

カテゴリ:
雪不足が続いている北海道南部ですが、ほぼ2週間遅れて昨日の29日にゴンドラの運行が開始されました。積雪は15~20cm程度のようで、雪を寄せ集めて山頂から下まで繋げたものと思います。約4kmのロングコースですから、スキー場スタッフの方々のご苦労には頭が下がります。まだブッシュや小石などが露出しているところがありますが、滑走面の傷などは自己責任というのは当然かもしれません。

昨日は風もなくピカピカのスキー日和でしたので、いそいそとお出かけです。ゴンドラ開始日と日曜日が重なったこともあり、すでに9時前から若者ボーダーグループが並んでいましたが、運よく一番ゴンドラにご一緒することが出来ました。10時を過ぎたあたりで並び始めましたので、3本滑って今年の滑り納めとしました。家からスキー場までは30分ほどですし、シーズン券ですから混雑したらそれ以上は滑らないことにしています。PC290005
数日前にヘルメット装着で面白い映像が撮れたGoProですが、昨日はストックに装着してみました。凹型にカーブしているベースマウントがありますので、それにドリルで穴をあけ、スクリューネジでストック上部につくように工作しました。それにフレキシブルに動くボールジョイントバックルというアダプターをつけてカメラに固定します。
PC290012
youtubeに撮影した動画をアップしました。右手のストック上部に装着しましたのでなるべく右手を動かさないようにしましたが、これがなかなか難しいです。スキーにはストックワークも大切ですから、このアイディアはあまり良い手段とは言えないかもしれません。まあ、いろいろと試してみたいと思っています。
それにしましても、撮影した動画をみますと結構迫力がありますね。私の滑りは大人しい方と思いますが、ドライブレコーダーと同様に映像にしますと実際よりもスピード感が増すのは間違いないようです。カメラ位置が雪面に近いということもあるかもしれません。
映像を見て酔わないようにしてくださいね。私は編集をしていてちょっと眩暈がしました。(笑)

映像は3分40秒ほどに編集してあります。視野角はよりワイドのSuperViewに設定しています。音楽が流れますのでご注意ください。

ski video with GoPro

カテゴリ:
昨日、シーズンインしたスキー。GoProをヘルメットつけて撮影してみました。ヘルメットからニョキっと飛び出してちょっと目立ちますが、オジイサンですから恥ずかしいことはちっともありません。(笑)

今シーズンは全国的に雪不足で、北海道南部も殆ど雪がない状態で年末を迎えています。七飯スノーパークも同様に天然雪は殆どなく、人工降雪機がフル稼働してやっと一部のコースだけ滑れる状態にしています。雪質は硬くて、大小の雪塊がゴロゴロと転がって、とても滑りにくいゲレンデになっていますが、滑れるだけでも感謝しないといけません。
シーズンインにしては転ばないだけよかったのですが、GoProの撮影の様子などもご覧いただければ嬉しです。動画の長さは3分です。途中から音楽が入りますのでご注意ください。

ちなみにGoProの設定は、雪面ですのでEV修正を+0.5にしています。レンズは広角です。ゲレンデ状態が良くありませんので、足に相当の振動が来ているのですが、GoProの手振れ補正機能(hypersmooth 2.0)の性能が凄く、殆ど振動のない映像が撮れています。

 

2019-2020 スキー シーズンイン

カテゴリ:
この日曜日にオープンした七飯スノーパーク。仕事などの関係で数日遅れてしまいましたが、今日2019-2020のシーズンインをしました。
平地はわずかな雪ですので、滑れるのか半信半疑だったのですが、人工降雪機をフル稼働させて、ほんの一部のコースだけオープンしていました。人工降雪機ですからバーンは硬く、ゴロゴロとした塊があったりして滑りにくいのですが、半年ぶりのスキーの感触を楽しんできました。この分では大雪にでもならない限り全面的なオープンは無理なようです。早くフワフワの雪で天辺から滑りたいです。
PC250008
PC250005
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

もうスキーシーズン・・・?

カテゴリ:
腰が不調だったものですから、今年のスキーのシーズン券はどうしようかと考えていたのですが、MRIの結果でOKサインが出ましたので、購入することにしました。早割は今月中に購入しないといけませんので、午後からプールへ行く途中にスキー場へ寄って申し込んできました。ぎりぎりセーフです。

数年前から夏ゴンドラも運行していますので、ゴンドラやリフト乗り場周辺はとても綺麗に整備されていました。ドッグランもあり、このロケーションですから、ワンコが生きていたら絶対に連れてきたと思います。
この景色を見ると銀世界のイメージは湧きませんが、順調に雪が降ればあと2ヶ月半後には滑っているんですもね。

そうそう、スイミングも少しお休みしていたのですが、クロールの息継ぎで捻っても、平泳ぎで足を開いても腰の痛みは大丈夫でした。週2スイマーで鍛えますよ。(^^♪
スキーのお仲間さん、2ヶ月半後にお会いしましょうね。
P9250031
P9250036
P9250034

明日からちょっと寂しい

カテゴリ:
今日がスキー場のファイナルデイでした。
朝からやや強い雨でどうしようか考えていたのですが、予報では少しずつ良くなりそうなので思い切って行ってきました。平地の雨は山では雪だったようで、山頂部で5cmほど降り積もっていました。予想通り中間部にかけてはガスで視界不良、そして滑らない雪という春定番のパターンでした。超湿雪ワックスを塗り続けて、なんとか5本滑って今シーズンの締め括りとしました。今日で40回目、仕事のない日は殆どスキーに来ていた感じです。明日からスキーが出来ないと思うとちょっと寂しいです。

それにしましても今シーズンは積雪が100cmを超えた日がありませんでしたので、本当に雪の少ない年だったと思います。4月に入った今の時期までスキーが出来るとは思っていませんでしたので、七飯スノーパークの関係者の皆さんには心から感謝したいと思います。ニセコや本州の有名スキー場のように外国人がわんさと押し寄せるわけではない地元愛好家のためのスキー場といった感じですが、それだけに地元の人を大切にしてくれるスキー場に拍手を送りたいと思います。外国人観光客で潤うのもいいでしょうが、最後に生き残るのは地元の人を大切にして地道に営業努力をするところなのかなと思っています。
P4070028

ハイシーズン並みの雪質

カテゴリ:
あと数日になったスキーシーズン。名残惜しいこともあり、3日ぶりに滑ってきました。
我が家のところでも数センチ降ったので期待して出かけたのですが、期待通りでした。
ゴンドラに乗る前にパトロールの方から「今日はハイシーズン並みだよ」と声を掛けられたのですが、パウダーのまさに1月のハイシーズンよりもいい感じにゲレンデが仕上がっていました。
滑るメンバーはお馴染みさんばかりでパラパラですし、お蔭で昼過ぎまで荒れることもなく最高でした。
最終日の日曜日に滑ると40回になります。仕事をしながらよくこの回数を滑ったものと我ながら感心しています。(^^♪
P4030013-4

再び冬に逆戻り

カテゴリ:
函館の午前11時の気温が1.7℃と寒い日曜日になっています。朝、カーテンを開けましたら、窓の外は2cmほどの湿った雪で真っ白になっていました。
スキー場のほうは予定通りに4月7日までオープンするようですが、仕事の関係で明日・明後日と行けませんので、頑張って行ってきました。
山頂部で15~20cmくらいの新しい雪が積もり、季節外れの思いがけないプレゼントになりました。嬉しい悲鳴と言いたいところでしたが、コース整備の終わった朝方の雪で、湿った重たい雪が自然のままに降り積もったといった感じでした。すぐボコボコになるわ、滑らないわでヒィヒィいいながら滑っていました。本州の柔らかい湿った雪のスキー場ではこのくらいのコンディションは普通なのでしょうが、殆どが粉雪のピカピカに整備されたところを滑っていますので、こんな状態になったらもうお手上げです。5本ほど滑ったら、太腿がパンパンになってギブアップです。
この雪を見たら、あと1、2回は滑りたいなと思っているところです。
P3310014-2

なんとか踏ん張るスキー場

カテゴリ:
午後3時の気温が函館で10.3℃ということで、昨日の寒さから一転して暖かい日になっています。
朝イチから二人してスキーに行ってました。
数本滑った頃から、春先には必ず起きる湿雪による「突然ブレーキ」状態が発生して、結構怖かったです。超湿雪用のワックスをポケットにしのばせていましたが、1本毎に毎回塗らなくてはならず、これも面倒ですので、怖々そのまま滑っていました。
スキー場も雪を運んだりして頑張ってくれていますが、クローズの4月7日まで踏ん張ることが出来るでしょうか。
P3250001-2

ワクシングは「元の木阿弥」

カテゴリ:
函館では13時の気温が13.1℃と5月並みの暖かい日和になりました。
昨日、ワクシングをしましたので、朝からいそいそと出かけて滑ってきました。
日曜日から3日経過しただけなのですが、雪面の状況は一変して、ゴンドラの山頂駅付近でさえ俗に「くさった雪」といわれるベチャベチャの雪質になっていました。
ワクシングの効果で最初は滑っていたものの、経過とともに滑らなくなりブレーキのかかる「元の木阿弥」状態になってしまいました。私は5本、家内は3本と、早めに切り上げて撤退です。
少し前まで「銀パラ」という定番のワックスがあって湿雪には有効だったのですが、今はあまり聞かなくなりました。イマドキのスキー板の滑走面にはストラクチャなるものがあって、その細かい溝に入り込んだりすると厄介なのでしょうか。諸々の理由があって消滅したのでしょうが、こんなに滑らないと「銀パラ」が欲しくなりますね。

スキー場も雪を寄せたりして頑張っていますが、明日はまた高温で雨の予報ですし、4月第1週までのコース維持は望み薄かなと思っています。
P3200008
そして帰り道、スキー場を少し下った畑で沢山の白鳥が餌を啄んでいました。
デントコーン畑のようで、昨秋に刈り取ったあとに残った落豆を食べているようです。大沼の氷もすっかり解けましたし、白鳥が北へ飛び立つ日も近いのでしょうね。
P3200011

新しいワックス・アイロン

カテゴリ:
長く愛用していたワックス・アイロンが昨年末に壊れ、年明けに新しいGallium Waxing Ironを手に入れていました。
10℃を上回るような暖かい日が続いて、さすがにゲレンデの状態が緩んで滑らなくなってきましたので、このアイロンで湿雪用のワックスを塗布してみました。
家内のも含め3台処理したのですが、コンパクトで扱いやすく、温度設定も的確でいいアイロンと思って使っていました。
明日は朝からスキー場へ出勤ですので、どんな滑りが得られるか楽しみです。
P313000911
P319001911

こんなボッチでスキーかよ

カテゴリ:
雪か雨、そして強風と荒れ模様の予報が出ていましたが、朝イチからスキー場へご出勤です。
今日でやっと目標の30回になりました。
平日余裕組の人はこんな悪天候予報のでている日には来ませんので、予想通り駐車場の車は少なくガラガラでした。
ゲレンデは昨日から全体に10cmくらい積もったようで、白くリセットされてワンダフルでした。今の時期にこんないい状態で滑られることに感謝です。
午前中いっぱい滑っていましたが、ゲレンデもゴンドラもほとんどボッチの貸し切り状態。スロープの隅から隅まで大きく弧を描いて、のびのびマイ・ゲレンデを楽しんできました。
P3130006
P3130009

Peak Cafeでパワーをつけて

カテゴリ:
シーズンも残り1ヶ月、今日も二人してスキー場へ日参です。
北海道にしては雪が少なく比較的温暖な道南ですので、函館や七飯の街中は殆ど雪がなくなりました。そんな積雪ゼロのところから車で30分ほど走りますと、そこにはまだ白銀の世界が広がっており不思議な感じがします。そしてスキー場は北斜面のせいか割と良好な状態でゲレンデが保たれていることもスキーヤーとしては嬉しいことです。

山頂のPeak Cafeにはコーヒーを飲む程度にしか寄りませんが、今日は滑り疲れたこともありパワー補給のためにランチにしました。駒ケ岳を望む絶景のビューポイントにあり、カラフルなウェアを纏ったスキーヤーやボーダーを眺めながらのひと時に身も心も満たされた気持ちになります。
ウィンターシーズンはもちろんのこと、夏場も違った雰囲気の景観を望むことができ、ワインを傾けながらのサンセットディナーも素敵なようです。山麓駅から15分ほどゴンドラに揺られますと山頂駅へ到着しますので、スキーをなさらない方もぜひPeak Cafeへお越しになってみてください。
P3080020
P3080016
P3080006

スキー場のネコヤナギの芽も膨らんで

カテゴリ:
3日ぶりのスキー。雨の予報が出ていて心配でしたが、何とか午前中は持ってくれました。
アサイチから12時半頃まで、ゴンドラを10回乗り降りして、ひたすら滑っていました。
函館の正午の気温は8.7℃とここ数日と同様に高い状態でしたが、ゲレンデは思っていた以上に良好で大満足でした。
ただ、コースによっては土がむき出しになっているところがあり、大雪でも降らない限りこういうところはそろそろ限界かなと思っています。
クローズまで残りほぼ1ヶ月、目標の30回を達成したいと思っています。
全国のスキーヤーの皆さんも残りの期間を怪我無く楽しみましょうね。シーハイルです。(^^♪
P3080010

こんな春霞にスキーかよ

カテゴリ:
今日の函館は午後3時に8.5℃になり、積雪もついにゼロになりました。
道路では気の早いロードバイクのお兄さんが快調にペダルを漕いでる姿も見かけました。

そんなポカポカ陽気の日曜日。
仕事の関係で平日にスキーに行けない日がちょっと続いていますので、日曜日ですが代替え出勤ということでスキーへ行ってきました。道路はカラカラの状態ですが、スキー場だけはご覧のような白いエリアが広がり、別天地というか不思議な感じがします。シーズン後半の大きな大会が開かれており、コースが大幅に狭められていましたが、楽しい代替え出勤となりました。

ここ数日、空全体がぼんやりと霞んで、山並みもぼやけています。春霞というと気持ちがいいのですが、正体はPM2.5らしいです。相当に高濃度になっているらしく、注意喚起が出されていますが、マスクをしてスキーというのも何となく変ですもね。
P3030047
P3030040-2
P3030043

雪面は春の陽を浴びて

カテゴリ:
今日の天気予報は全道のすべての地点が快晴のお日様マークで、冬に全部がピカピカになる光景は記憶にないように思っています。そんなピカピカ天気に滑らないのでは悔いが残りますので、今日も二人してアサイチからご出勤です。
山頂部だけ2cmほどの雪が薄っすらと覆っていましたが、他は少しずつ減っていってるような感じです。シーズンはまだ1ヶ月以上もあるのですが、本当に最後まで持つのか心配になってきました。
そういえば、富山湾など日本海沿岸でリュウグウノツカイが例年になく沢山捕獲されているようですね。桜が異常に早く開花したり、夏が極端に涼しいなんてことにならなければいいのですが。
P2270001-2
P2270021

こんな激混み日曜日にスキーかよ

カテゴリ:
日曜日にスキーに行くことはあまりないのですが、今日は天気も良さそうですので特別に振替出勤にしました。大会があったようで、平日は閑古鳥が鳴いている田舎のスキー場もアサイチの一本目から長蛇の激混みの盛況になりました。アサイチのお仲間さんは2本で帰ってしまいましたが、私は少しはましな高速ゲレンデへ逃げて、結果6本滑ってきました。土日しか来られない現役さんやファミリーの邪魔をしたようで、私のような平日満喫グループは日曜日は遠慮しないといけないなと反省しきりでした。
駒ケ岳もくっきり、噴火湾を隔てた対岸の室蘭・伊達方面もきれいに見えていました。
P2240011

2月なのに春スキー気分

カテゴリ:
午後2時の気温が7.3℃まで上昇した函館、積雪は20cmを割ろうとしています。
そんな春のような陽気ですが、今日も二人してスキー場へ日参です。
ゲレンデは圧雪車でがっちりと固められていますから全般にいい感じで滑られる状態に保持されていますが、さすがにところどころブッシュや小石の露出が目立つようになってきました。もう2週間くらい雪が降っていませんし、このところ高温傾向ですから仕方がないのかも知れません。
この先も雪のマークは見当たりませんし、この高温の状態のまま3月に突入のようで、今よりもいいゲレンデコンディションになることは期待薄かなと思っています。
街の人には嫌われそうですが、スキーヤー皆で雪乞いをしないといけないようですね。
P2220009

こんな陽気にスキーかよ

カテゴリ:
今日の函館は最高気温が6.6℃まで上昇し、いっきに春のような気分になっています。これは3月下旬なみの陽気とのことです。

朝の予報ではあまり良い天気情報ではありませんでしたが、思い切ってスキー場へ足を運んでみました。行く道すがら濃い霧に覆われたスキー場山頂を眺めながら車を走らせましたが、予想に反して晴天で風もなく最高のスキー日和になりました。朝方のゲレンデは相変わらず固いものの、高温にもめげずにお昼過ぎまでいいコンディションで楽しむことが出来ました。
春霞のかかった駒ケ岳を望みながらの滑走、春スキー気分で最高でした。
P2200008
P21900021

こんな晴天にスキーかよ

カテゴリ:
お仕事をされている皆さんにはちょっと申し訳ないのですが、眩しいくらいのピッカピカの天気でしたので、私たちは二人して逆方向のスキー場へ出勤していました。私は今日で21回目、家内は11回目とコンスタントに出勤回数だけはこなしています。タイムレコーダーはありませんので、受付で日付の入った証明書をいただいて、それをカードフォルダに差し込んで乗車時に提示します。受付では同時にスタンプを押してもらいます。それが6個貯まると最終日のお楽しみ抽選会の応募券になります。今年は二人して捺印してもらっていますので、今日で32個にもなりました。すでに5枚応募しましたが、来シーズンのシーズン券が当たりますようにと願をかけて箱に入れています。(笑)

雪は殆ど降りませんので、ゲレンデはいつものようにガチガチですが、春のような日差しを浴びてとても気持ちが良かったです。それにしましても、これからの1週間、そして3月も暖かい日が多いようですので、クローズまで雪が持つか心配になってきました。下界の街の方は雪解けが進んでいますから、過ごしやすくていいあんばいなのですが・・・(^^♪
P2180022

こんな厳寒にスキーかよ

カテゴリ:
今日は「最高気温」がマイナス10℃という、冷凍庫の中の方が温かいのではと思うような低温になっています。

そんな突拍子もない天気でしたが、二人してスキー場に突撃です。
スキー場の表示気温はマイナス19℃になっていました。時折ブリザード模様になったりして、とにかく寒かったです。滑っていると体感はさらに数℃下がるでしょうから、フェイスマスクをしていても顔が痛くて大変でした。
さすがに3本滑って「もう、駄目ぇ~」。あえなくギブアップです。
それでも帰りの車中は「何が何でもスキーは楽しい」が合言葉でした。
うふふ・・・お後が宜しいようで。(^^♪
P20600211-2

こんな視界不良にスキーかよ

カテゴリ:
表題は『こんな夜更けにバナナかよ』をパクってみました。(^^♪

これほどまでに視界不良になっているとは予想できずにスキー場に来てしまいました。ピッカピカの日もあれば、こんな悪天候の日もあるのがアウトドア・スポーツですもね。
圧雪した上にやや重めの雪が10cmほど積もったコンディションで、視界不良を除けばそれなりに楽しく滑ることが出来ました。シーズンもほぼ折り返し地点を迎えた感じです。残りも怪我無く楽しく滑りたいと思っています。

そうそう、映画『こんな夜更けにバナナかよ』も観に行こうと思っています。
P2060014
P2060021-3

colorful ski slopes

カテゴリ:
今日も二人でスキー場通いです。
積雪は100cmとほぼベストの状態になりました。
早朝から何台ものバスを連ねて同じユニフォームの男の子が到着しました。
函館市内の私立男子中学校のスキー&ボード学習だったようです。
全国各地から集まった全校生200名あまりが思い思いに楽しそうに滑っていました。
ここの学校の学習方針は個々の生徒の自主性を重視しているようで、ゼッケンもつけていませんし、めいめい好きなようにシュプールを描いたり休憩したりと、活き活きとして楽しそうでした。

この男子中学校はフランスのミッション系ですから、こんなところにもヨーロッパ流の自由や個性、そして自主性を重んじる学習方針が息づいているのかも知れません。
ヨーロッパのスキー・レッスンは、日本ではお馴染みのちょっと滑っては止まるといった手とり足とりの指導ではなく、ひたすら長い距離をガンガン滑らせますからね。
1078

山友と楽しい一日

カテゴリ:
昨日の猛吹雪が嘘のように晴れ渡った七飯スノーパーク・スキー場。
山友のsiさんがホワイトアウトの中を3時間も車を運転してお出でになりましたので、朝から夕方まで一緒に滑っていました。東京出身でしかもスキー板を履くのは20数年ぶりということで、やや不安だったのですが、いざ滑ってみるとブランクを感じさせない颯爽とした見事な滑りに舌を巻いてしまいました。静かな田舎のスキー場ですが、気に入ってくれたようです。
積雪は10cm増えて90cmになり、ベストのコンディションに近づきました。まだ2ヶ月以上もシーズンがありますので、怪我をしないよう楽しく滑りたいと思っています。
P1250005
P1250014

体感は-20℃くらいかな

カテゴリ:
先週で小中学校の冬休みが終わったようで、お爺さんとお婆さんの楽園になっているスキー場へお出かけです。街中は少し積雪があったのですが、スキー場はあまり増えていません。当初に比べ少し良くなっていますが、依然としてところどころに小石やブッシュが露出したハードなバーンのままでした。そんなことでスキー板は10年前の「傷だらけの天使」を履き続けています。このコンディションでは当分はこのスキーのお世話になると思います。

私は12回目、家内は5回目。行く回数だけはコンスタントにこなしていますが、技術的にはまったく進歩なしです。お互いに怪我無く、楽しく滑れればOK派ですので、こんなものかなと思っています。(^^♪

それにしましても寒かったです。-15℃という表示がありましたが、体感は-20℃って感じでした。
P1210045
P1210011

積雪80cm いい感じに・・・

カテゴリ:
昨日は猛吹雪そしてホワイトアウトで大変な一日でした。
今日は一転して強い風も雪も止みましたので、七飯スノーパークへお出かけです。
お昼頃まで滑っていましたが、天気が良かったのは朝の1本だけで、あとは曇り空のスカッとしない天気でした。それでも積雪は80cmになり、ゲレンデコンディションはまずまずの状態になりました。
仕事の日と交互に滑っている感じですが、個人的にはこの動と静のリズムが気に入っています。
このリズムをサポートしてくださっている方々に、そしてこんな素晴らしい景色が見られることに感謝しています。
P11600191
P1180021

凍てつくような寒さのスキー場

カテゴリ:
スキーの方はやっと10回目に到達しました。
町はほんのサラッと降っただけでしたが、スキー場はフワフワの雪が沢山積もっていて、だんだんいいコンディションになってきました。手や足が凍えるほどに寒いですが、滑っていますと寒さなんてふっ飛んでいきます。

ナナカマドの赤い実も粉砂糖をまぶしたような霧氷で真っ白になっています。小枝についた霧氷はカラフルシャワーの白いポッキーのようですね。
P1160032
P1160020

ゲレンデひとり占め

カテゴリ:
今日もまずまずの天気でしたので、スキー場へお出ましです。
10cm上積みされて積雪が60cmなったようで、少し滑りやすくなったような気がします。
いつも滑るコースは自衛隊さんや冬休みの子供のレッスンなどで少し混雑していますので、早々に高速ゲレンデへ回避です。こちらは雪不足で地形の凹凸や小石が露出しており、おまけにところどころアイスバーンですので、スキーヤーやボーダーの姿はほとんど見かけず、ほぼ貸し切り状態でした。
ゲレンデと高速リフトをひとり占めといった感じで、スキー場に申し訳ない気持ちで滑っていました。ただ、スキー板の滑走面は「傷だらけの天使」状態で、その代償は大きいです。(^^♪
P1110024
P1110003

wonderful snow world

カテゴリ:
お正月休みは今日でフィナーレですので、函館七飯スノーパークへ繰り出してきました。
天気予報に反して、ピッカピカの良い天気で最高のスキー日和でした。スノーパークいちおしの霧氷も青空に映えてとても綺麗でした。どこを切り撮っても絵になるって、こんな風景を言うのでしょうね。

この冬からシーズン券デビューした家内も颯爽(?)と滑っています。
P1070033
P1070063
P1070044
P1070054

new year ski

カテゴリ:
年が明けて初めてのスキーです。
当地は雪の少ない年明けを迎えており、スキー場の積雪も50cmほどです。それでもお正月ですから、家族連れなどで賑わってゴンドラへの乗車を待つ人が長蛇の列を作っていました。3回目からは高速ゲレンデへ逃げたのですが、こちらはところどころに地面が出るほどのコンディションで、「わお~」って感じです。滑走面への傷は必至で、今頃の滑走は新しいスキー板を持ち込まないのが賢明ですね。
あと50cmほど雪が欲しいです。山にだけ、限定で・・・(^^♪。
P1030004

-14℃を滑る

カテゴリ:
ちょっと忙しい日々を過ごしていましてオープンから2度目のスキーになります。
ゴンドラに乗るのは今シーズン初めてです。
全国的に寒波が押し寄せて来ているようで、当地のスキー場の掲示では-14℃とありました。
滑っていてもさすがに寒かったです。
寒さのせいか雪質は良かったのですが、積雪がまだ45cmと地面の凹凸がそのまま出ているところがありますので、もう少し雪が欲しいところです。

4月のクローズまでときどき白銀の世界の様子をお届けしたいと思っています。九州など南にお住まいの方は画面を見て凍えないようにしてくださいね。(^^♪
PC280011

winter wonderland

カテゴリ:
仕事がフリーでしたので、昨日オープンした函館七飯スノーパークへ初滑りに行ってきました。
まだ積雪20cmほどで、下の2コースのみのオープンです。ところどころブッシュが出ていたり、地面の凹凸があったりと、あまり芳しいコンディションではありませんが、初滑りですからこんなものかなと思っています。人工降雪機がフル稼働していますが、全コース滑れる日が待ち遠しいです。
PC100008

いよいよシーズンイン間近

カテゴリ:
うっすらと雪景色になったりして、いよいよスキーシーズンが近づいた感じがしています。
そして今日、2018-2019のシーズン券引換証が届きました。今年もシーズン券のもとがとれればいいくらいの気持ちでいますが、日程を調整しつつできるだけ多く滑れればいいなと思っています。
PB240003_1
朝のニュースで青森では積雪21cmと報じられていましたが、当地はまったくのゼロで、午後は小春日和のような陽気でした。函館七飯スノーパーク・スキー場は12月8日オープン予定ということですが、来週火曜日には14℃まで気温が上昇する予報ですので、オープンにこぎつけることが出来るのか心配になってきました。これからの2週間はスキーヤーにとって一喜一憂の日々になります。(^^♪
EOS-2018-11-24-1066

2017-2018 スキー・シーズン終了

カテゴリ:
今日で2017-2018のスキー・シーズンを終了しました。
スキー場には120cmの雪が残っており4月8日までゴンドラが動いているのですが、これからの1週間で仕事がフリーの日は天気が悪そうですので、今日で終わりということにしました。少し寒気が戻っていますので、ゲレンデ・コンディションは今の時期にしては抜群にいい状態です。今シーズンも本当に楽しい思いをさせていただきスキー場には感謝です。

隔日の仕事と交互の日に滑っていた感じですが、なんとか33回も滑ることができて大満足のシーズンでした。毎回持参して記録していたスキーのアプリによりますと、滑った距離の総延長は966.6km、垂直距離(累積高度)は166784.1mでした。
例えて言いますと、滑った距離は日本列島の半分ほど、高度では成層圏(11km~50km)から滑り降りた感じですから、よくまぁ滑ったものだと思います。

庭や菜園のほうも手を掛けて欲しいと待っているような声が聴こえてきますので、明日からはそちらへシフトしようと思っています。
P4020006
P4020001

30回目は春を感じて

カテゴリ:
明け方まで強い雨が降っていましたが、西から晴れてきましたので、今日もスキーです。今日で目標にしていた30回をクリアです。
朝方はしっかり締まった雪でしたが、3本くらい滑ったらグジャグジャの荒れた状態になってしまいました。出掛けに高温度用のワックスをアイロンで塗りつけていきましたので、割と滑ってくれましたが、明日から週末にかけてもワックスなしでは厳しいかも知れません。
ゴンドラの窓を開けても暑いくらいで、少し前までの凍えるような寒さは嘘のようです。クローズまであと2週間、汗を拭きながら頑張って滑ろうと思っています。
P3250016
P3250012-2

まさに春スキー

カテゴリ:
スキーへ行く予定ではなかったのですが、あまりの天気の良さに誘われ、ついスキー場へ足が向いてしまいました。晴天の休日は混雑しますので、お仲間さんへも「3本で帰ります」と宣言したのですが、時間が経過しても意外と混雑しなくて、お昼過ぎまでスムーズにゴンドラに乗り込むことが出来ました。スキー場の積雪は190cmでコンディションはバッチリですが、街中の雪は殆どなくなりましたから、早々にスキーを仕舞い込んだ方が多いのかも知れません。

帰りの道路ではロードバイクで走っている方を数人見かけました。寒いだろうなぁと思いながらも、いよいよロード・シーズンの開幕かなとワクワクしながら眺めていました。私も数日前に新しいパーツ交換のためにショップへバイクを預けています。スキーが終われば、雪山からロードへと駆け出していきます。
P3210018
P3210036

雪割りのほうが疲れます

カテゴリ:
やっと25回目を迎えますので、勇んで行ったスキー場。山の上は雲の中なのか靄がかかって視界が殆どきかない状態でした。おまけに湿り気を帯びた新雪が薄っすらと積もり、これが滑らなくて散々でした。午後も滑るつもりでしたが、意気消沈して午前中で退散してきました。
自然が相手ですからいろいろな日がありますね。
P3120005
スキーはあまり筋力や有酸素の運動にはならないような気がしていますので、昼食後は運動を兼ねて雪割り作業です。このところの暖気でだいぶ解けてきましたが、それでも深いところで私の腰くらいほどの積雪がありますからやり甲斐があります。塊状にして空気層を作っておきますと雪解けが早まりますし、明後日からの一層の暖気にも期待が持てます。
平年の3倍以上もの豪雪になりましたが、春は確実にやってくるものですね。(^^♪
P3120012

晴滑雨読

カテゴリ:
「晴滑雨読」・・・雨が降ったら本を読んで、晴れたらスキー

昨日までの風雨は嘘のように晴れ上がりましたので、今日は朝からスキーです。昨日は雨で気温が高かったので予想はしていましたが、思った通りのゲレンデ・コンディションでした。駐車場は歩くのも大変なスケートリンク状態、ゲレンデも同様にカチカチなうえに氷の塊がゴロゴロと凄いものがありました。これなら本を読んでいた方が良かったかなと思いましたが、「晴滑」と決めた以上はノルマを達成しないといけませんもね。さすがに脚が疲れました。(^^♪

そうそう、ここ七飯スノーパークはクローズが4月8日(日)まで延長になりました。今シーズンは雪がたっぷりとありますので、暖かい陽光のもとのんびりと春スキーが楽しめそうです。
P3100017
P3100020-2

リフトの下は足がつきそう

カテゴリ:
今日も家内と一緒に七飯スノーパークでした。
積雪は10cm下がって220cmになっていましたが、明日以降の雨と暖気でさらに減るかもしれません。クローズまで20日あまりになりましたが、この積雪量の感じではいいコンディションのまま終われそうです。
写真は高速リフトの吹き溜まりになっているところです。支柱部分が埋まってしまいチェアが雪の壁の間をすり抜けて登って行きます。スキーの先が雪面に引っかかったら大変なことになりますから、管理する方は除雪などに神経を使っちゃいますね。

そうそう、昔のスキー場の一人乗りリフトでは、乗り損なったり、途中で落ちたり、乗りながら雪面を滑ったりしたことがありました。スピードは速足くらいのノロノロでしたし、乗り場・降り場で減速をしませんでしたから、信じられないようないろいろなハプニングが起きましたね。
リフトがあるだけで「凄~い」と思った時代ですもね・・・。(^^♪
P3070008-3

みんな雪の中・・・

カテゴリ:
土・日はスキーに行かないのですが、数日来の悪天候と酷い道路状況のせいで急遽仕事がフリーになりましたので、ホームグラウンドのスキー場へ行ってきました。
3本目までは雪面が全く見えない靄(もや)と滑らない雪に難儀したのですが、4本目のゴンドラを降りたらご覧の晴天が待っていました。快調に滑り降りられたのは良かったのですが、ゴンドラ乗り場は長蛇の列。(長蛇と言いましても、乗り込むまでに待つのは10分程度なのですが・・・)
閑古鳥の平日のスキー場に慣れている身には堪えますので、結果的に5本だけ滑って、11時前には切り上げました。
土・日のスキー場は、学生さんや普段働いている若者ファーストかなと思いつつ、スキー場をあとにしました。
P3030012

本数だけは今シーズン最多かな

カテゴリ:
天気予報ではまあまあの空模様のようですから、今日もホームグラウンドのスキー場へ日参です。
期待に反して天気が良かったのは朝の1本だけで、午前中は曇って雪面が良く見えない状況が続いてあまり芳しいものではありませんでした。そんな状態でしたが、昼食の午後1時まで4時間、ゴンドラ(3319m)と高速リフト(1766m)をぶっ通しで滑って、合わせて15本を数えました。
昼食後は打って変わって良い天気になり、午前中でお帰りになったお仲間さんには申し訳ないのですが、午後は最高のスキー日和になりました。つい、得をしたような気持になり、結果的には2時半過ぎまで滑って、今シーズン最多の21本も滑ってしまいました。
アプリのski tracksのデータによりますと、累積の垂直降下(高度差)が10,000mを超えていましたから、一日でエベレストの頂上よりも遥かに高いところから滑り降りた計算になります。
ただ、滑っている正味の時間は1時間余りで、残りの4時間半は椅子に腰かけているだけですから、偉そうなことは言えないのですが・・・。

ふふ・・・Schi Heil (スキー万歳)です。(^^♪
IMG_2489-2

白銀にいだかれて

カテゴリ:
今日も家内とともにスキー場です。
私は20回の節目、家内は6回目です。2月末でやっと20回来ることが出来ました。
天気が良かったのは朝の1、2本だけで、あとは曇りがちで時折粉雪の舞う天気でしたが、昼頃までゲレンデが荒れることもなく、比較的よいコンディションでした。

今日も全国の多くのスキー場で沢山の方々が滑っておられることと思いますが、私たちも白銀の世界に戯れることが出来る幸せを感じて過ごしています。豪雪で何かと大変ですが、スキーがある限り雪国に住んでいて良かったなと思っています。(^^♪
P2260005-2

豪雪も少しは楽しまなくては・・・

カテゴリ:
函館の累積降雪量が史上2位の469cmに達し、積雪量も昨日の段階で82cmと異常な雪の降り方になっています。観測を開始してから今までの累積降雪量は496cmが最高と言いますから、今冬に抜くことは間違いないと思います。

そんな豪雪も少しは楽しまなくてはということで、家内を誘ってスキーへ行ってきました。スキー場も積雪230cmともういらないくらいの雪が降り積もっています。結構高いところにぶら下がっていると思っていたゴンドラですが、眼下の雪面が除雪車で深く削ってありました。このスキー場がオープンしてからの30年来このような光景を見たことはありませんので、今年の雪の凄さにあらためて驚いていました。

晴れたり、曇ったり、時にブリザードと目まぐるしく変わる空模様でしたが、ゲレンデコンディションは良く、楽しく滑りまくっていました。この積雪量なら6月頃まで滑れそうな気がしますね。(^^♪
P2210013

このページのトップヘ

見出し画像
×