カテゴリ

カテゴリ:旅先でのこと

杜の都 その2

カテゴリ:
仙台城址からは循環バス「るーぷる仙台」に乗って三居沢水力発電所に向かいます。
明治21年に運転を開始したといいますから、ゆうに100年を超える歴史のある発電所です。東北初の機械式紡績工場内の白熱灯とアーク灯を灯していたようです。現在は1924年製の発電機と2007年製の水車で稼働を続け、最大発電量は1000キロワットとのことです。日本の水力発電の発祥の地らしく、ガラス越しに今も動き続ける博物館の展示物のような水車や発電機を見ることができます。隣接して三居沢電気百年館があり、電気の歴史や暮らしとの関わり、発電所を支える周辺の青葉山や広瀬川の自然などをわかりやすく紹介しています。
PA080149
東日本大震災の際には、東北で約450万戸が停電し、停電率は東北各県で90%を超えたのですが、東北電力は3日目にしてその約80%を回復させたそうです。先日の北海道のブラックアウトの際もそうですが、大規模停電の復旧作業は、種火と呼ぶ水力発電所をまず立ち上げて、配電網などを慎重に点検しながら随時近くの発電所を稼働させていく手順を踏むらしいです。三居沢発電所も3日目に稼働して種火の役割を果たしたそうです。

お爺さん発電所ですが、いぶし銀のように静かに稼働している姿を見ますと、超格好いいと思ってしまいます。原子力発電所や火力発電所のような逞しさや、太陽光発電や風力発電のようなお洒落さはありませんが、送電網に繋がって細々と発電し活躍する姿は感動的ですらあります。
個人的ですが、私も周りに支えてもらいながら細々と仕事を通じて社会と繋がらせてもらっています。自分に重ね合わせ、いつもサポートしてくださっている方々に感謝し、これからもお互いに頑張ろうねと思わず声をかけてしまいました。(^^♪
PA080145
三居沢発電所をちょっと歩きますと、広瀬川の河原で芋煮会が繰り広げられていました。近くのコンビニの店先には、芋煮会に使う薪の束が積まれてあって、ちょっと驚きでした。使うお肉は、仙台では豚肉、山形は牛肉なのだそうです。お芋は、北海道ですと真っ先にジャガイモがひらめきますが、いずれの地も里芋を使うのが定番のようです。
PA080135
そして今も昔も仙台市民から崇敬を集める大崎八幡宮です。幅の広い石段を登ると400年の歴史を感じさせる荘厳華麗な国宝建造物の本殿が見えてきます。下の写真は本殿の前にある長床です。華麗な本殿に比べしっとりと落ち着いた建物です。長床としては宮城県最古であり重要文化財に指定されています。
PA080161
PA080160
PA080164
そう、「杜の都」といえば定禅寺通りですね。
仙台市中心部を東西700mにわたって大きなケヤキの並木が続いています。両側を車道に挟まれた遊歩道には、エミリオ・グレコなどの彫刻作品が並び、散策をするには最高な場所です。冬にはイルミネーションに輝くそうですから、ぜひ見たいなと思っています。
PA080173

杜の都 その1

カテゴリ:
レンタカーを返さなくてはいけませんので、加美町から仙台市へ向かいます。約50kmの道程です。
レンタカーを返し、あとは駅前から市内を循環するシティーバス「るーぷる仙台」に乗って市内観光です。
まず、伊達政宗公が眠る霊屋「瑞鳳殿」からスタートです。

広瀬川にかかる霊屋橋を渡ると仙台藩祖・伊達政宗公の霊廟・瑞鳳殿が見えてきます。昭和20年の戦災によって焼失してしまったため、現在の建物は昭和54年に再建されたものだそうです。高低差を上手く利用しおり、樹齢数百年かと思われる杉の林に囲まれた境内には二代・忠宗公の感仙殿、三代・綱宗公の善応殿などもあり、こちらも極彩色の壮麗な建築が見事です。
PA080101
PA080110
仙台藩に纏わる資料など約9万点を収蔵している仙台市博物館も必見です。仙台伊達家から寄贈された重要文化財「伊達政宗所用具足・陣羽織」をはじめ、支倉常長に関わる慶長遣欧使節関係資料(ユネスコ記憶遺産・国宝)など見どころがいっぱいの博物館です。
PA080123
歩き疲れてしまいましたし、お昼近くになりましたので、ランチにします。杜の都は牛タンやカキなど美味しいものが沢山ありますね。
PA080126
歩いて仙台城址へと向かいます。天然の要害・青葉山に建つことから「青葉城」とも呼ばれる仙台城ですが、現在建物はなく、あの有名な伊達政宗公騎馬像がかつての天守台で威容を誇っているのみです。
かなりの高低差のある場所にあり、しかも急こう配の道を登っていきますので、徒歩では結構きついです。それにしましても見事な石垣ですね。
PA080127
PA080132

竹鶴の夢を訪ねて

カテゴリ:
"宮城加美町sea to summit 2018"へ参加するために宮城県へ行ってきました。昨年は車にロードバイクなど用具一式を積んで、フェリーで津軽海峡を渡ったのですが、今年は日程の都合で新幹線でのお手軽参加にしました。バイクやカヤックはレンタルで借りることにしました。

朝一番の新幹線に乗りましたら、3時間もかからないで9時半頃には仙台に到着ですから、本当に便利な世の中になったものだと思います。早速、駅前のレンタカー会社に寄り、手頃な車を借りて出発です。1日目の環境シンポジウムまでは時間がありますので、山あいにあるニッカウィスキー宮城蒸溜所を訪ねてみることにしました。

仙台の街から西へ約25km、山形との県境に近い、広瀬川と新川(にっかわ)という二つの清流に恵まれた緑豊かな峡谷の地に宮城蒸溜所はあります。パンフレットによりますと、北海道・余市で第一の蒸溜所をスタートさせてから約30年の月日が流れた頃、竹鶴政孝は新しい蒸溜所建設の地を求めて動き始めたそうです。異なる蒸溜所で生まれた複数の原酒をブレンドすることで、ウイスキーはより味わい深く豊かになるという信念のもと、第二の蒸溜所は夢を実現するためにどうしても必要なものだったようです。竹鶴は初めてこの地を訪れた時、新川の清流でブラックニッカを割って飲んだと言いますから、この山あいの風景とともに水にもぞっこん惚れ込んだのでしょうね。ブラックニッカは貧乏学生の頃の愛用酒ですから懐かしいです。

試飲のできるガイドつき見学コース(約70分)があります。
PA060006
PA060009
PA060012
PA060015
PA060021
PA060029
PA060033
PA060036
PA060037

絶景の城ヶ倉大橋

カテゴリ:
酸ヶ湯温泉駐車場で登山の装備を片付けていると、snowman-sさんから「macotoさん、城ヶ倉大橋が紅葉で綺麗だから行ってみましょう」とのこと。彼女の車のあとを付いていくと、ややしばらくして絶景ポイントが見えてきました。360度見渡す限りの紅葉に、思わず「わあ~、凄い」と叫んでしまいました。
全長360mの城ヶ倉大橋は、上路式アーチ橋としては日本一の長さを誇るようで、下を流れる渓流からの高さは122mといいますから、目が眩(くら)むほどです。登ってきた八甲田大岳は雲の中で全貌は望めませんでしたが、雲間から差し込む日差しが紅葉に彩られた山肌を照らし、それはそれは見事な光景でした。

お世話になったsnowman-sさんとは来年の再会を約束してここでお別れです。夕方のフェリーに乗って、夜半前には七飯の自宅へ帰ることが出来そうです。リフレッシュ出来ましたし、明日からの仕事も忙しいようなので頑張らなくてはと思っています。楽しい5日間の東北の旅でした。
PA120477
PA120469
PA120482
PA120483
PA120485

PA120470
PA120463

国道102号(十和田道)を通って八甲田へ

カテゴリ:
今日(10月12日)は、今回の旅の最終日です。
八甲田へ登る予定ですので、朝6時に十和田湖畔の山の家を出発です。昨夜までの雨は上がっていますが、湖畔に白い波が押し寄せるほどに強い風が吹いています。
湖畔の周遊道路の紅葉は見事ですし、国道102号(十和田道)の紅葉も目を奪われるほどに綺麗です。
写真は途中の平川市平賀町の浅瀬石川にかかる清流橋と葛川大橋のモニュメントとそこから望まれる紅葉です。
PA120352
PA120360

土砂降りの奥入瀬渓谷

カテゴリ:

10月11日も朝から相変わらず雨が降り続いています。 今日は奥入瀬渓谷の歩きを予定していますので、朝食を摂って準備を整えて出発です。奥入瀬渓谷は学生時代に来て以来ですから、もう50年近くも経っての再訪です。その時は一部しか歩いていませんので、今回は下流の焼山から十和田湖畔の子ノ口までの14kmを歩いてやろうという目論見です。
まずは車を中間部の石ヶ戸休憩所の駐車場へ入れて身支度をします。土砂降りの雨ですから、上下のレインウェアにスパッツ、そして傘という完全武装で遊歩道へ踏み入れます。案の定、遊歩道はぬかるんだ泥んこ状態で、瞬く間に靴は泥団子になってしまいます。
なんとか子ノ口に到着し、そこからバスで最下流の焼山へ下ります。バスは景勝地で一時停止してくれますし、アナウンスもありますから、歩くのとはまた別の視線で渓谷を眺めることが出来ておすすめです。バスは15分ほどで焼山に到着します。下車後、近くのレストランで昼食を摂って、ここから車を停めている石ヶ戸を目指して再び泥んこになりながら歩きはじめます。
最初から最後まで土砂降りで、八幡平と同じくカメラのレンズを拭きながらの道中でした。ちょっと紅葉には早かったようですが、日本有数の渓流美の雰囲気だけでも味わっていただければ幸いです。
PA110238
PA110241
PA110242
PA110261
PA110266
PA110275
PA110276
PA110286
PA110304
PA110310
PA110221
PA1103111
PA110321

紅葉真っ盛りの十和田湖

カテゴリ:
八幡平からアスピーテラインを経由して秋田側へ下り、十和田湖畔を目指します。
相変わらず天気が悪く、落ち葉が積み重なって路面状況もひどい状態でしたが、何とか無事に十和田湖畔の山の家に到着です。十和田湖は本当に久しぶりですが、いつ来てもいい湖ですね。そして湖面と紅葉のコラボレーションが素晴らしく、どこを見ても見飽きることがありません。今がヒメマスの釣り期としては最高らしく、釣り糸を垂れる人も沢山見かけました。
PA100211
翌朝、少し早く起きて湖畔を歩いてみました。雨の朝の紅葉も一段と色が鮮やかで、目を奪われるほどに見事です。
PA120335
PA120342
PA120346

雨のアスピーテライン

カテゴリ:
「加美町sea to summit」を終え、その日のうちに岩手県を目指して北上し、夜は盛岡近郊の繋温泉に宿泊です。
翌朝(10月10日)、天気予報では朝から雨模様ですが、八幡平に登る予定ですので、朝食を摂ったあとにホテルを出発です。松尾八幡平ICを降りた頃から雨脚が一段と強くなって、標高が高くなるにしたがって、ガスも濃くなってきました。紅葉の見頃の時期と思いますが、周囲の山々の遠望がまったくきかず、ちょっと残念なアスピーテラインのドライブでした。それでも雲間からのぞく紅葉がいい雰囲気を醸し出して綺麗です。
 PA100158
PA100160
PA100176
PA100180
PA100203

北海道の食材は美味しい

カテゴリ:
札幌のホテルで2泊したのですが、外に出るのが面倒になり、いずれの夕食もホテルのレストランでいただきました。朝夕とも和食でしたので、4食ともオール和食になり、2日間和食三昧の日々を過ごしていました。北海道の新鮮な食材を生かした和食は美味しく、生まれ育った北海道の味覚をこうして身近で味わえる幸せを感じています。
でも4食とも和食となると、さすがに昼食はパンやパスタなどを食べたくなります。(^^♪
P6120021
P6120034

横浜・山手 西洋館散歩 -3

カテゴリ:
イギリス人貿易商B.R.ベリックの邸宅ベーリック・ホールもいい建物ですね。スパニッシュスタイルという3連アーチや、イスラム様式のクワットレフォイルと呼ばれる小窓なども素敵です。平成12(2000)年まで、セント・ジョセフ・インターナショナル・スクールの寄宿舎として使用されていたようで、寄宿舎時代の邸内で遊ぶ元気な子供たちの写真が沢山残されていました。
IMG_3707
IMG_3710
IMG_3713

横浜・山手 西洋館散歩 -2

カテゴリ:
イギリス館はコロニアルスタイルの白い壁と赤い屋根瓦のコントラストが美しい建物です。周囲にベランダを廻らせて、強い日差しを避け通風をよくするように設計されているようです。実際にこんな瀟洒な邸宅に住んでみたいですね。でも、お手伝いさんを何人も雇わないととても維持は出来ないでしょうね。 (^^♪IMG_3681
IMG_3684
IMG_3695
IMG_3709

横浜・山手 西洋館散歩 -1

カテゴリ:
学会2日目も午前のシンポジウムやお昼のランチョンセミナーに参加し、少し涼しくなってから散策に出かけてみました。雨上がりのスカッとした晴天ですので、ぶらぶら歩いて山手の西洋館を訪ねてみることにしました。何度か訪れていますので、主に花々を見るつもりでの散歩です。
イギリス館、エリスマン邸、べーリック・ホールなどの素敵な建物が点在し、そのいずれの庭先にも見事なガーデンが広がっています。そして邸内にさりげなく活けられている花々にも心が和みます。
IMG_3678
IMG_3706
IMG_3685
IMG_3682

平山郁夫さんのステンドグラス

カテゴリ:
今回の学会場になっているパシフィコの大ホールのエントランスロビーには平山郁夫さんの大きなステンドグラスがあります。月に3度ほど17時から公開されていますが、ちょうど今日が公開日に当たり照明が入りますので見てきました。1994(平成6)年6月2日の「開港記念日」の天空の星空をイメージして製作された世界最大規模(幅13~19m×高さ14m)のステンドグラスだそうです。タイトルは、「星座 '94横浜」といい、神話の世界の天の川、乙女座、天秤座、蠍座、ヘビ使い座など様々な星座が描かれています。エントランス横には、平山さんの長女である平山弥生さんの詩「風と少年」が添えられています。引き込まれるほどに美しいステンドグラスです。
IMG_3649
IMG_3657
IMG_3653

みなとみらい -3 横浜ランドマークタワー

カテゴリ:

「みなとみらい」と言ったら、ランドマークタワーですから、早速登ってみることにしました。パンフレットによりますと、1990年3月20日に着工し、1993年7月16日に開業したとあります。高さ296.33m、超高層ビルとしては2014年に開業した大阪市の「あべのハルカス」に次いで日本で2番目だそうです。エレベータもえらく速く、20秒ほどで69階の展望台フロア「スカイガーデン」に到着します。
あいにく小雨が降り、おまけに夕方ですので、視界があまりよくありませんが、眼下には学会を開催しているパシフィコとグランドインターコンチネンタルホテル、山下公園、中華街、横浜球場などが見えています。天気の良い日は富士山も見えるらしいですね。
IMG_3637
IMG_3642
IMG_3643

初めての新幹線

カテゴリ:
仕事関連の学術集会に参加するために横浜に来ています。今回は初めての北海道新幹線で往復することにしました。朝一番の電車は、新函館北斗を出発する時には閑散としていましたが、南へ行くにしたがって、結構席が埋まってきました。青函トンネル内は少し遅いかなと思いましたが、それ以降は本当に速いです。あっという間に東京に着いてしまいました。
IMG_3523
IMG_3525
IMG_3526

中部国際空港 セントレア

カテゴリ:
帰りは中部国際空港セントレアにだいぶ早く着きましたので、空港内を散策してみました。デッキは広々して間近で飛行機の離発着が眺められることもあって、望遠カメラを提げた大勢の人々で賑わっています。駐機場にもたくさんの飛行機が並んでおり、さすが中部地方の国際空港といった感じです。手前のルフトハンザとANAは分かりましたが、他の飛行機はどこのものか分かりませんでした。LCCが増えて殆ど覚えられませんが、垂直尾翼のロゴはカラフルですし、見知らぬどこかへ連れて行ってくれるようで見ているだけで楽しくなります。

IMG_3281.jpg

帆船「日本丸」にちょっと立ち寄り

カテゴリ:
散歩の途中に、みなとみらい21地区にある帆船「日本丸」に立ち寄ってみました。あいにくの大雨でしたが、若い頃にこの船で訓練を受けたという元船長さんがボランティアで船内を案内してくださいました。すでに建造以来80年以上も経っている船ですが、優秀な船乗りを育てるという当時の日本の意気込みが感じられる素晴らしい船です。

DSCN6464.jpg

資料によりますと、日本丸は昭和5(1930)年に建造された練習帆船で、昭和59(1984)年まで約54年間活躍し、地球を45.4周する距離(延べ183万km)を航海し、11,500名もの実習生を育ててきたそうです。昭和60(1985)年4月より、みなとみらい21地区の石造りドックに現役当時のまま保存されているそうです。

DSCN6458.jpg

DSCN6448.jpg

DSCN6456.jpg

大雨の横浜

カテゴリ:
学会があり、横浜へ行ってきました。着いた日から大雨警報が出るほどの土砂降りの雨でしたが、折角ですのでホテルの近くを少し歩いてみました。中華街から山下公園、みなとみらい地区とぐるっと一周です。横浜を訪れるのは8年ぶりくらいですが、いつ来てもいい街です。

DSCN6374.jpg

DSCN6381.jpg

DSCN6443.jpg

DSCN6444.jpg

中之島界隈  ・・・大阪

カテゴリ:
グランキューブの近くにも興味深い施設があります。ほんの少し歩きますと大阪大学中之島センターがあり、現在休館中の適塾の資料が「適塾と緒方洪庵-適塾臨時展示-」として無料で閲覧することが出来ます。さらに少し歩きますと完全地下型の国立国際美術館のオブジェ、そして大阪市立科学館の建物が見えてきます。


1383760821.jpg

1383760833.jpg

淡路島へ

カテゴリ:
少し足を延ばして兄夫婦が住んでいる淡路島へ行ってきました。大阪から電車で1時間、明石海峡大橋に近い兵庫県の舞子で下車して、高速バスに乗り換え、40分ほどで目的地の津名港に到着です。兄夫婦と久し振りに再会し、楽しく歓談しつつ島内を案内してもらいました。段々畑の中に黒瓦の大きな屋敷が点在するのどかな農村風景と、洲本市や淡路市などの市街地が適度に混在しており、住みよい感じのするところでした。
そんな見どころいっぱいの淡路島ですが、まず函館の恩人といっても過言ではない高田屋嘉兵衛の顕彰館のある五色町のウェルネスパーク五色へ連れて行ってもらいました。手入れが行き届いてとても気持ちのいい公園の中に菜の花ホール(高田屋顕彰館・歴史文化資料館)があります。

1383672111.jpg

1383672116.jpg

1383672120.jpg

顕彰館からほど近いところに高田屋の跡を継いだ弟・金兵衛とともに眠る嘉兵衛のお墓があります。偉大な人生を送った嘉兵衛にしては思いのほか質素ですが、地下には長い石材を使った石室が造られていて、そこに丁重に埋葬されているそうです。

1383672126.jpg

公園内には、阿久悠さんの自叙伝的小説として有名な『瀬戸内少年野球団』の少年たちをモデルにした像もあります。忘れていましたが、阿久悠さんも淡路島のご出身だったのですね。

1383672131.jpg

明石海峡大橋を越えて夕焼けに染まる淡路島を帰りの舞子バス・ターミナルから遠望しています。周囲100キロ、琵琶湖ほどの島とのことですが、今回連れて行ってもらった他にも沢山の見どころがあるようですから、次回はゆっくり滞在して廻って見たいと思っています。

1383672142.jpg

ホテルの近くで ・・・大阪

カテゴリ:
宿泊したホテルの真向かいに素敵な建物がありました。
赤い煉瓦の建物は、1912年(明治45年)に建築家・辰野金吾により建てられた「旧大阪教育生命保険ビル」です。 赤煉瓦の外壁に白い石によるラインがはしるデザインは辰野式と呼ばれたもので、明治時代後期の貴重な建物だそうです。
お隣の純和風の建物は、あの高麗橋・吉兆本店です。創業者・湯木貞一の「一期一会のおもてなし」を継承しているという料亭です。一度はここの懐石料理を味わってみたいと思っていましたが、ランチを20回以上我慢しないと味わえないお値段だそうです。

1383595540.jpg

1383595547.jpg

地下鉄の駅に行く途中に史跡・重要文化財の適塾がありました。ちょうど耐震化工事が始まるということで内部見学は出来ませんでしたが、外観と周囲の史跡公園は眺めることが出来ました。ここは蘭学・医学者の緒方洪庵が開いた塾として有名ですが、門下生の中には幕軍として五稜郭に立てこもり後に明治の外交で活躍した大鳥圭介や我が国で初めて赤十字博愛精神を実践し箱館病院を開院した高松凌雲もいたそうです。

1383595553.jpg

1383595557.jpg

もう少し歩きますと、堂島川と土佐堀川に挟まれたところに赤レンガの壁に青銅のドーム屋根が美しい「大阪市中央公会堂」が見えてきます。莫大な私財を投じながら、完成を待つことなくこの世を去り「義侠の相場師」ともいわれた株式仲買人・岩本栄之助が1918(大正7)年11月に建てた建物です。完成後はコンサートやオペラ、講演会などが開催され、大阪の文化の発信地となってきたそうです。

1383595563.jpg

1383595567.jpg

天王寺界隈 ・・・大阪

カテゴリ:
学会があり大阪へ行ってきました。会期よりもちょっと早く入りましたので、少し大阪市内を見学することが出来ました。まず行ったのが天王寺公園内にある大阪市立美術館。ちょうど「大阪の至宝展」をやっていましたので見てきました。大阪市立美術館・博物館が所蔵する主要なコレクションおよび関西を発祥とする私立美術館の名品およそ160点を一堂に集めたという特別展です。国宝や重要文化財が数多く含まれた見ごたえのある展覧会でした。

1383588506.jpg

1383588515.jpg

1383588522.jpg

美術館から歩いて行ける聖徳太子建立七大寺の一つとされている四天王寺へも行ってみました。『日本書紀』によれば推古天皇元年(西暦593年)に造られ始めたという古いお寺です。「四天王寺式伽藍配置」といわれ、一直線の配置された中門、五重塔、金堂、講堂を回廊が囲む様式で、最も古い建築様式の一つのとのことです。

1383588528.jpg

1383588532.jpg

谷中の猫たち

カテゴリ:

根津、谷中界隈が好きで、今回も「谷中ぎんざ」、「よみせ通り」をぶらぶらしてみました。

1338886167.jpg

これぞ下町の商店街といった風情の残る「ひぐらしの里 谷中ぎんざ」へ。まずは「夕焼けだんだん」から。細い道幅の両脇に小さなお店がひしめくように並んでいます。お肉やさん、八百屋さん、お総菜屋さん、雑貨屋さんなどが並んでいて歩いているだけで楽しいです。屋根の上の猫は置物です。

1338886201.jpg

1338886225.jpg

1338886247.jpg

京王プラザから東京都庁を展望

カテゴリ:
所属する学会の総会が京王プラザ・ホテルで開催され出席しました。今回は一人なので移動が面倒なこともあり、同ホテルに宿泊しました。はるか昔、東京で勉強していた頃に新宿で大きな建物と言えば京王プラザが唯一の建物だったように記憶しています。真正面に見える東京都庁や周囲のビル群を眺めると、あらためてその変貌に驚いてしまいます。

1307467313.jpg

石垣島へ

カテゴリ:
3度目の沖縄は石垣島にしました。船で竹富島、西表島まで行ってみましたが、どこも綺麗な海で素晴らしいの一言です。亜熱帯の潮風に吹かれて東シナ海の夕日を眺め、静かに波が打ち寄せる白い砂浜に佇んでいると、とても幸せな気分になります。

1307226946.jpg

1316299484.jpg

2度目の沖縄 オクマリゾート

カテゴリ:
2度目の沖縄はオクマリゾートにしました。元は米軍のキャンプということもあり、広々とした敷地に大小のコテージが点在し、とても素晴らしいロケーションです。梅雨中ということでしたが、天気にも恵まれ海水浴も楽しんできました。のんびりと海を眺めていてもいいところです。

1322776859.jpg

1321959781.jpg

1322776872.jpg

このページのトップヘ

見出し画像
×