カテゴリ:
昨日までの暑さが嘘のように涼しい一日になった北海道です。先日から汗を拭き拭き練習していた「太陽がいっぱい」が賞味期限切れになりそうですので、練習不足でお恥ずかしいのですがアップすることにしました。
監督はルネ・クレマン、主演はあのアラン・ドロンでしたね。日本で公開された時、私は高校生だったと思いますが、どんな内容だったのかあまり記憶には残っていません。ただ映画館に貼られたヨットの舵を握るアラン・ドロンの格好いいポスターとニーノ・ロータの主題曲だけは鮮明に憶えています。明るい地中海が舞台ですが、「ゴッド・ファザー」の主題曲と同じように、どこかもの悲しくて翳を帯びているのが印象的です。

伴奏はweb上で公開されている「フルートとクラシック音楽好きの人に」の音源を使わせていただきました。