カテゴリ:
今年の第153回直木賞を受賞した東山彰良の『流』を読み終えました。
同賞選考委員各氏の絶賛の帯紙に惹かれてページをめくったのですが、文章がやや翻訳文的で粗い感じがしたことと、中盤までダラダラとしてスピード感にかけることが最初の印象でした。(東山さんは5歳の時に日本に移り住んだ台湾国籍の方ということを後で知り納得した次第です。)
物語は、蒋介石率いる国民党とともに中国本土から台湾に移り住んできた「外省人」の家族のお話です。東山さん自身を思わせる17歳の秋生という青年が主人公です。祖父を殺した犯人捜しに執念を燃やすのですが、結末は思わぬ展開に発展します。ミステリー仕立てにしつつ、1970年代以降の台湾の猥雑ながらも生き生きとした世相を見事に描いていて、大戦後の台湾、日本そして中国の歴史を再認識することが出来る点からも読む価値があります。

IMG_0584.jpg