カテゴリ:
1327097531.jpg

1327097545.jpg

たまにやる男の料理の第5弾は中華の定番「炸春捲(五目はるまき)」です。今年になって、もう第5弾ですから、少し勢いづいてきた感じがしています。この「炸春捲(五目はるまき)」は、数年前に函館の山の手にある中国料理店「頂狼飯店」で教えていただいた料理の一つです。ポイントさえ押さえれば失敗せずに美味しく作れるので、個人的には好きな料理になっています。

材料はあり合わせの物で良いのですが、今回はタケノコ、玉ねぎ、豚モモスライス、干しシイタケ、エビ、長ネギ、生姜などを入れました。生姜以外はすべて絲(縦に細く)に切ります。調理は、熱した胡麻油で生姜と長ネギを炒めて香りを出し、豚肉を加えて炒め、火が通ったら残りの材料を入れて更に炒めます。そして調味料(醤油、日本酒、砂糖、中華スープ)で味付けをします。仕上げる直前に巻きやすいように適量の片栗粉で汁止めをします。味付けはお好みで良いと思いますが、食べるときに辛し醤油をつけますので、あまり濃い味にしないのがポイントです。


AUTHOR: 歩゜歩゜
EMAIL: galleria.popo@nifty.com
URL:
IP: 124.25.187.185
DATE: 01/21/2012 07:27:34
・・、(・⊆・ そうでしたか?
やはり、本格的なもののようですねー・・

それは、知らなかった(笑)
料理教室めぐりが、この背景にはあったんですね。。

中華は下拵えと、瞬間芸のおもてなしですよね。
ガッと強火で旨味を封じ込めて、ワッと合わせて調味を整える・・もたもたしてられないんですよね。

熱いのを我慢、そして腰と腕を使うし・・力の男の料理の見せ場ですよね。

これは、いい味だろうな~(笑)
・・、どこかで食べた?ベトナム春巻きも、旨かったなー、・・よだれポロリです。(;´・ω・)