カテゴリ:

中尾仁彦さんが主宰している箱館歴史散歩の会へ参加さていただきました。第89回となる今回は「西部地区の国指定重要・登録文化財巡り」と題して5カ所の重文と3カ所の登録文化財を訪ねてきました。古来の和風の文化と中国や欧米の文化を積極的に取り入れて独特の風景を醸成させた函館西部地区に点在する文化財を中尾さんの詳しい解説のもとに堪能することが出来ました。
下の写真は、太刀川家住宅店舗(国指定重要文化財)です。明治34年。米穀店であった店舗は現在はお洒落な喫茶店になっています。

1350667311.jpg

続いて旧北海道庁函館支庁庁舎(北海道有形文化財)。明治42年竣工で、現在は函館市写真歴史館となっています。2Fの展示室ではペリー艦隊付きの報道写真家ブラウンが1854年4月に撮影した日本最古の銀板写真(ペリーを応接した3人の松前藩士)《複製展示》を見ることが出来ます。(国指定重要文化財)

1350667663.jpg

AUTHOR: Mitsuko
EMAIL:
URL: http://pub.ne.jp/nabetak/
IP: 125.205.72.20
DATE: 10/19/2012 20:59:57
こんばんは。
北海道もかなり冷え込んできましたね。
静岡と寒さが違うので、天気予報が気になります。
函館は見所満載ですね。
初めは、函館まで足を伸ばし函館から帰ろうかと思いましたが、北海道は広く私の足では厳しいと感じました。
今回は、macotoさんが教えてくれた札幌を楽しみます。
寒さの状況を教えてください。
11月2日から5日まで滞在します。