カテゴリ:

旅の最終日は旭川市内にある三浦綾子記念文学館を訪れてみました。

1370037549.jpg

パンフレットから・・・
「氷点」の舞台、見本林・・・
百年の時を刻んだこの植樹林が、三浦綾子という作家の手で
全国に伝えられたとき、ひとつの伝説がはじまりました。
そして今また この地にあたらしい一頁が刻まれます。
知の森 文学館の林となって・・・


1370037558.jpg

1370037562.jpg

1370037575.jpg

《ひかりと愛といのち》をテーマに生涯執筆した三浦綾子さん。愛用されていた椅子が来館者を迎える様におかれています。座ってみると不思議と安らかな気持ちになります。