カテゴリ:

習い始めて3年目に入ったフルート、今年最初のレッスンに行ってきました。子供なら3年も習えば相当の腕前になるのでしょうが、なんたって60の手習い、思うようになりません。家内からの「継続はちからよ!」という掛け声に励まされて頑張っていますが、ピアノをうん十年も習っているものの進化の痕跡が感じられないお方からの励ましですので、もともと頼り甲斐がありません。家内のピアノの伴奏に合わせてフルートをなどと戯けたことを夢見ていたことが恥ずかしくなります。手が震えたり、ゼェゼェと呼吸が苦しくなったりする前に少しでも上手くなりたいと思っている今年の手習い幕開けです。

1390054277.jpg

フルートの先端部を頭部管といいますが、ここに上の写真のような装飾が施してあります。私のはサンキョウ・フルートですが、それぞれのメーカーによって模様が異なるようです。さりげなくお洒落な感じがしますが、本当の用途はヘッドコルクの調整用のねじ山なのです。