カテゴリ:

第145回直木賞受賞作、池井戸潤の「下町ロケット」も面白かったです。
下町の町工場が国産ロケット開発に関わる物語ですが、大企業のエゴに立ち向かう町工場の社長、社員達の勇気、そしてモノ造りに対する情熱、奮闘に胸が熱くなりました。本から溢れんばかりの沢山の夢、最後にはスカッと爽快・・・そんな素晴らしい内容です。
もう一度若者に戻ることが出来たら、間違いなく佃製作所に入社しているでしょうね。(笑)


1394959254.jpg