カテゴリ:
18の短編小説で構成される百田尚樹の「幸福な生活」は表題とは裏腹にちょっと怖いお話集でした。幸せな生活の中に隠されている裏が面白いのですが、各々の短編の最後の一行がページをめくった最初に書かれており、この一行のオチが凄いです。百田さん、こんなのも書くんですね。

IMG_9095.jpg