カテゴリ:
松前と江戸・深川を舞台に市井の人々を描いた人情味あふれる宇江佐真理さんの時代小説、いいですね。
江戸・深川の宇右衛門店という裏店で小間物の行商で身を立てて独り暮らしをするお絹。松前藩の家老だった夫は藩内の不穏分子の手にかかり、息子の勇馬は行方不明に。お絹が頼りにするのは定廻り同心で娘二人をもつ男やもめの持田。やっとお絹の願いが通じて息子と出会え、持田との恋も成就するように思われるのですが・・・
思い通りにならない人生を一生懸命に生きる市井の人々。切なくもあり、ホッと心が暖められるお話です。

宇江佐さんの小説を読んでいると切絵図を見ている時のように江戸の下町の情景が目の前に映るような気がします。個人的には今の根津、谷中界隈が好きですが、深川の路地裏もじっくり歩いてみたくなりました。

DSCN6598.jpg