カテゴリ:
劇団四季の「ジーザス・クライスト=スーパースター」『エルサレム・バージョン』を観てきました。
ここ七飯町での公演は4年前の「コーラスライン」以来になりますが、こんな地方の小さな町で超一流の舞台を観れる幸せを感じて帰ってきました。この『エルサレム・バージョン』はロック・ミュージックで構成されていますが、歌とダンス、そして照明、美術とも素晴らしく酔いしれてしまいました。
特にイスカリオテのユダ役の芝清道さんの歌唱力には圧倒されました。この舞台ではユダの裏切りがストーリー全編を主導しているようですので、素晴らしいキャスティングだと思いました。そしてジーザス・クライスト役の神永東吾さんのセクシーな声と演技力も良かったです。
個人的にはエンディングが感動的でしたね。ゴルゴタの丘でジーザスが十字架に架けられるシーン。赤茶けた土と黒い空に青い光が差し込み、濃くなった紺色の夜空に満点の星が輝きます。マグダラのマリアが嘆き悲しみ、そしてジーザスに注いでいた光がフェードアウトして暗黒の世界になります。余韻の残る舞台でした。
もう一度『エルサレム・バージョン』を観たいなという気になっています。

sc0003_20141006210103da3.jpg