カテゴリ:
道尾秀介の「貘の檻」、結構時間がかかりましたが、やっと読み終えました。
32年前の父親が絡んだ殺人事件の真相を求めて信州の寒村を訪ねた主人公を次々に襲う異様な出来事。治療用薬物、写真、昆虫、灌漑用穴堰(地下水路)など多彩な道具立てを駆使したトリックで、夢と現実の世界を行き来しつつ、薄皮を重ねる様に物語が仕立てられていきます。
『ゆうべの夢は獏にあげます』で始まる美しい文章。巧みに配置された伏線、そして衝撃の結末。心理描写も巧みで面白かったです。

DSCN6839_01.jpg