カテゴリ:
雫井脩介の「仮面同窓会」はすでに読まれた方がおられると思います。
高校の同窓会で再会した4人が、かつて体育担当で生活指導と称して体罰を加えていた元教師に過去の恨みを晴らそうと仕返しを計画することから物語が始まります。若者のノリで面白半分に計画し実行したものが、思わぬ事件に発展し、そしてその事件を契機にしてお互いに疑心暗鬼が生じるようになります。
真相を知りたくグイグイ読み進めるのですが、結末の締めがちょっと甘いというか物足りない感じがしました。それとミステリーにしても読後の後味が良くないように思いました。

DSCN6867.jpg