カテゴリ:
reikoさんからお借りした宮部みゆきの「お文の影」、面白かったです。単行本で出版されていた『ばんば憑き』を改編し文庫化したもので、「あやし(怪し・奇し)」の世界のお話全6編で構成されています。この方の細かい心理描写にはいつも惹きつけられますが、江戸怪奇物もただ怖いだけではなく、温かくて切ない心情が伝わってきます。江戸下町の市井の人々の慎ましくも逞しく生きる姿が、切なく悲しい怪談話に絡めて描かれており、心に沁みる6編のよいお話が詰まっています。

DSCN6963.jpg