カテゴリ:
2曲目のフルート演奏を収録してみました。曲目はイギリス民謡の「グリーンスリーヴス」です。デジタル録音は少しずつ要領を掴んできましたが、フルートのほうは相変わらず一進二退の状態です。客観的に収録したものを聴いてみますと、一つ一つの音が綺麗でない、音の立ち上がりが悪い、テンポがばらばら、曲にメリハリがない、ビブラートが上手くかかっていないなどなど、レッスン時に指摘された課題が手に取るように分かります。
ピーターラビットの遊ぶ湖水地方やコッツウォルズ丘陵地帯などの田園風景を想像して吹きたかったのですが、楽譜を追うだけで一杯でそんな余裕は全くありませんでした。



楽譜に「グリーンスリーヴス」の曲紹介がありました。
16世紀から17世紀にかけて歌われた作者不明のイングランドでもっとも古い民謡です。そのためリュートの楽譜として当時出版されました。「グリーンスリーヴス」というのは女性の名前ですが、この女性への愛を歌ったものではなく、このメロディに自由にいろいろな詩をつけて歌われていたようです。20世紀半ばにヴォーン・ウィリアムスが「グリーンスリーヴスによる幻想曲」としてオーケストラ用に編曲したことで、世界中に広く知られるようになりました。