カテゴリ:
以前に持っていたヘッドライトが壊れたまま箱の底に仕舞いこまれていましたので、それを捨てて新しい製品を購入しました。ヘッドライトは国内外のいろいろな会社から発売になっていますが、選んだのはドイツのツヴァイブリューダー オプトエレクトロニクスという会社のレッドレンザーH7.2というものです。単4形アルカリ電池4本を使用し、最大250ルーメンで7時間、最小の20ルーメンで60時間持つという優れものです。250ルーメンといっても分かりにくいと思いますが、光の届く距離が160mで、真正面から光源を見ると目がつぶれるのではないかと思うほどの強い光です。光源にはリフレクターレンズというものが付いていて、それを廻すことによってフォーカス(照射角度)を無段階に設定することも出来ます。
地震や台風などの自然災害による停電時は勿論のこと、避難をする際などにも両手をフリーに使えますので、重宝しそうな製品と思っています。縁の下や屋根裏の点検などにも使い道があるかも知れません。

DSCN7014_006.jpg