カテゴリ:
柴崎友香の『春の庭』、一気に読んでしまいました。
終始穏やかで、ふわふわした感じの作品でした。主人公の太郎、そして同じアパートに暮らす女流漫画家の西ともどもアパートの住民同士のやりとりがどこか浮世離れしていてなんとも不思議な感じです。作品の何かを理解するには至りませんでしたが、写真集「春の庭」の舞台となった家を取り巻くアパート住人の何気ない日々の流れに心地よさを感じました。

第151回芥川賞受賞作。選考委員から「街、路地、そして人々の暮らしが匂いをもって立体的に浮かび上がってくる」と絶賛を浴びた作品のようです。

DSCN7232_038.jpg