カテゴリ:
旅も終盤、早朝にクスコを発って、1時間のフライトでペルーの首都リマに到着です。人口3000万人のペルーの1/3、1000万人が暮らす大都会です。海の近くですので、海抜がゼロに近く、空気が濃い感じがします。
南米の他都市と同様に貧富の格差が大きいようで、海沿いの高級住宅街には花々が溢れ、高層のマンションが林立しています。海辺にはカラフルなパラソルが並び、サーファや海水浴客がゆったりと日光浴を楽しんでいます。同じ国の中でこれほどまでに違っていては、今までのインカ・トレイルで出会った人たちは何だったんだろうかと不思議な感じにとらわれてしまいます。

IMG_1496.jpg

そんなことを考えながら窓の外を眺めていたら、バスは素敵なレストランに到着です。"ラ・ローサ・ナウティカ(海上の薔薇)"というリマを代表するレストランのようです。

IMG_1497.jpg

ピスコサワーとペルーの代表的な食べ物セビチェです。付け合せは、チョクロ(choclo)という茹でトウモロコシ(日本でいうジャイアント・コーン)です。さすがにここのレストランは美味しいです。

IMG_1483.jpg

IMG_1485.jpg

街の中はどこも復活祭の休日で凄い人出です。教会の中もぶつかるほどの人でごった返しています。ほとんどがカトリックですが、土着の宗教との結びつきが強いようで、私たちが知っている一般的なカトリックとは少し違うような雰囲気です。

IMG_1521.jpg

IMG_1507.jpg

貧困層が多く住むという旧市街は治安が悪く、通常はガイドさんも観光客を案内することはないということです。ただ、今日はお巡りさんがあちこちに出ていることもあって、比較的安全なのだそうです。それでもスリ、置き引きには注意が怠れないようです。

IMG_1531.jpg

道端にはこのような花飾りが沢山売られています。イエスがエルサレムに入城した日「枝の主日」に、棕櫚(ヤシ)の葉を道に敷き歓迎したことに由来するようです。果物も大きくて美味しそうですね。

IMG_1502.jpg

IMG_1533.jpg

IMG_1499.jpg