キーワード

キーワード:BALMUDA The Toaster を含む記事

ナポリタン・トーストを作ってみました

カテゴリ:
明日は12月10日、『たまにやる男の料理』は、おせちに向けてそろそろ動かなくてはと思っているところです。遊んでばかりで料理という料理はしていませんので、腕のほうは限りなくゼロに近くなっています。
そんな重い腰を持ち上げて厨房に立った久しぶりの料理はナポリタン・トーストです。15分ほどで簡単に出来ちゃいますので、料理なんてものではありませんが、長いブランクのあとのウォーミングアップとしてはいいかなと思い選んでみました。レシピは、BALMUDA The Toasterで紹介されていたものをそのまま使いました。
朝に寝ぼけ半分で作りましたが、超簡単な割にはすごく美味しかったです。
PC090010-2PC090023-2
作り方は以下の通りです。
フライパンに、玉ねぎ(小1/2ヶ)、ソーセージ(5本)、スライスマッシュルーム(25g)を入れて、サラダ油(小さじ1)で玉ねぎがしんなりとするまで炒め、これにピーマン(1ヶ)を加えて更に炒めます。適当なところでケチャップ(大さじ3)、ウスターソース(小さじ1/2)、しょう油(小さじ1/2)、バター(10g)を入れて中火でさっと炒めます。この具とピザ用チーズをパンにのせトーストします。パセリ、黒コショウはお好みで。
BALMUDA The Toasterにはピザ・トーストモードがありますので、これで5分間スチームトーストしますが、皆さまがお持ちのトースターやオーブンの場合は、それぞれの仕様に従っていただければと思います。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ  

GreenFan Japan / BALMUDA

カテゴリ:
扇風機が古くなりましたので、新しいのに買い換えました。数ヶ月も前に購入していたのですが、やっと暑くなって出番がやってきたという感じです。選んだのは、あのトースターで一躍有名になったBALMUDAのGreenFan Japanです。トースター購入者へのキャンペーンで、バッテリーとドックが無償で付くというものに飛びついてしまいました。

このBALMUDAという会社の社長さんをはじめ技術者の方々の着目点というか発想の豊かさには驚いてしまいますね。「日本のものづくりの強み、まさにここにあり」といった感じがします。個人的にこういう技術集団が大好きです。
この扇風機は二重構造の羽根に特徴があり、外側からは速い風が、内側からは遅い風が送り出されます。2種類の風は、その速度差によってぶつかり合い、従来の扇風機のような渦成分がなくなり、面で移動する空気の流れに生まれ変わります。う~ん、こういう発想はどこから生まれてくるのでしょうね。

夏の午後にそっと吹き込む懐かしい風のようで、本当に心地よい涼しさを感じます。回転時の音は、2羽の蝶が羽ばたく音と同程度の13dbといいますから、ほとんど聞こえないと言ってよいほどに静かです。しかも消費電力は1.5W~20W、バッテリーは最大20時間も使えますので、ドックから外しての移動もラクチンです。
もう前の扇風機には戻れないほどに素晴らしい扇風機です。買い替え検討の方には絶対にお勧めの一台です。
P7150002-2

これは感動もの『BALMUDA The Toaster』

カテゴリ:
『BALMUDA The Toaster』。早速使ってみました。
セットはとても簡単で、まずパンをトースターの網に置き、専用カップで5ccの水を上部の注水口に入れます。左ダイヤルでパンの種類を選び、右のダイヤルで時間をセットします。
カチカチと時計の音がして(・・・いい感じ)、3分経ったら、ご覧のような出来上がりです。写真だけで、味わってもらうことが出来ないのが残念ですが、ふっくらモチモチして、本当に焼き上がりのようなパンに仕上がります。これは感動もので、パン好きには絶対にお勧めのトースターだと思います。フランスパンやクロワッサンなども試してみたいと思っていますので、順次紹介しますね。

このトースターを使ってみて感じたことは、デザインもそうですが、遊び心がいっぱい詰まっていて、製作に携わったBALMUDAの技術者の心意気が感じられる製品のように思っています。先日読んだ『下町ロケット』の佃製作所にダブるようで、何となく嬉しいです。
IMG_0712 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ

こんなトースターが仲間入り

カテゴリ:
『最高の香りと食感を実現する感動のトースター』という触れ込みにつられて衝動買いしたトースターが、我が家にやってきました。その名も『BALMUDA The Toaster』。何やらBALMUDAという小さな会社を立ち上げた寺尾玄さんが、1991年にスペインのロンダで食べたパンが忘れられなく、それがこのトースターの開発の出発点といいますから、ストーリーからして面白いです。
トースターごときにしては、値段が「う~ん」という気がするのですが、終戦後のアメリカの粉食政策に毒されたせいでパン好きのcoto、sumiさんは「まあ、いいかぁ」って感じで買ってしまいました。
先ほど届けられたばかりですので、まだ使っていませんが、『スチームテクノロジーと完璧な温度制御が最高の味を提供』と書いてあるパンフレットをうやうやしく見つつ、半信半疑ながら興味津々です。今使っているトースターとどの程度違うものなのでしょうね。明日の朝に焼いてみますので、感動するか落ち込むか楽しみにしていてください。
IMG_3413
IMG_3419 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ

このページのトップヘ

見出し画像
×